« 一学期実施 授業アンケート結果、そして「めだかの学校」 | トップページ | 「授業のようす」&「一斉下校のお知らせ」 »

2005年9月 6日 (火)

台風14号とHurricaneカトリーナ

  • 本日HR連絡事項①ゴミ箱の中に、中身が入ったまま飲料水パックを捨てる生徒がいる。衛生的にも用務員の方に迷惑をかけるという点からも大変問題なので二度としないように。②学園祭バザーに協力呼びかけを。※配布物は特になし。

■大型で強力な台風14号が爪痕を残しています。上陸してから時速が早まったとはいえ、時速30㎞ほどで九州を抜けるのに一日かかりそうな足取りです。この足取りからすれば、関東へはまだまだという感じですし、また日本海へそれるような気もして、本日の特別残留(19時まで)や明朝登校(7日)の規制を考える必要はないようです。

そうはいっても台風14号はのろのろした分だけ、同じ地域を長時間暴風雨集中<攻撃>で被害を大きくしています。私の故郷は九州宮崎県で、台風には慣れっこの土地ですが、14号については、いつもと違う様相で、みんなとらえているようです。

taihu14go_oonami この写真は、高知県で撮影された高波ですが、まるで津波のようです。今朝のインターネット配信から。(配信元記録を怠っていたら、ネット上から消えていました。配信元を記さずに掲載させてもらいますが、ご存知の方は下のコメントフォームからご連絡いただければ幸甚です)

 14号による被害がこれ以上広がらないよう祈ります。

■ところで、海の向こうでは一週間前、ハリケーンカトリーナが大災害をもたらしました。ここに紹介する写真は、米国ルイジアナ州、ニューオリンズ周辺の衛生写真ですが、通常の地図とnew_orinz_hariken new_orinz_hariken_map 比較すると、水没している地点がよくわかります。大変な面積です。これだけの大災害だということですね。google Mapからの引用です(google earthの前バージョン。3D化できない二次元版)。日本政府をはじめ企業、各団体が支援表明していますが、あの超大国において、これほどの大災害が生じるとは思ってもいませんでした。復興に8年かかるとの観測が出ていますが、早い復興を祈りたいと思います。※衛星写真は8月31日更新との記録がありました。

■ハリケーンの綴りがhurricaneだと、今回辞書で調べて初めて知りました。不明というか勉強不足というか、もっともっと英語に日常的に触れなければいかんなと思いました。

■最後に、とっても悲しいニュースですが、この台風14号接近の中で、千葉県の高校2年生が落雷にあって亡くなりました。お父さんを手伝って農作業の最中だったといいますから、雷のなんと冷たい仕打ちでしょう。亡くなったご本人の無念は無論、お父さんの胸中、お母さんの気持ちを考えると、とても辛いものが込み上げ、胸が張り裂けそうです。本校生と同じ高校生だけに人事とは思えず、しばし記事に目が釘付けとなりました。合掌。

|

« 一学期実施 授業アンケート結果、そして「めだかの学校」 | トップページ | 「授業のようす」&「一斉下校のお知らせ」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134810/5813086

この記事へのトラックバック一覧です: 台風14号とHurricaneカトリーナ:

« 一学期実施 授業アンケート結果、そして「めだかの学校」 | トップページ | 「授業のようす」&「一斉下校のお知らせ」 »