« 研究授業、重陽の節句 | トップページ | サモトラケのニケ(Nike) »

2005年9月12日 (月)

紫苑(しおん)

  • HR連絡→①バザー品、ご提供願います。第一次集約10日ですが、今後も受け付けます。②生徒会総務委員会12:00書道室③特残許可;演劇・テニス・漫研・チアー・ダンス④先日紛失した生徒リボン見つかりました。ありがとうございました。
  • 配布物→2年部学年だよりが先週末配布されております。

■先日リボンがなくなったので探している旨、HR連絡欄に書きましたが、出てきたということです。なくなった物が出てくるというのは、本人にとってはもちろんのことですが、周りの者にとっても、とても嬉しいことです。その報に触れるだけで心がぱっと晴れやかになります。朝から気持ちの良い日でした。

■今週の華道授業の花材は「紫苑」(しおん)だそうです。

050912sion-no-hana 050912sion-no-hana2 050912sion-no-hana3

この3葉の写真は、華道のS先生が生けられたものです。

私は風流を解さないもので、花などにはとてもうとく、自生している姿はどうだろうと、インターネットで調べたら次のようでした。

050912sion_no_hana http://www.hana300.com/sion00.html

■紫苑は地味な花ですが、S先生の話では、日本人が平安の昔から愛でていた花だそうです。いま、<地味>と書きましたが、華道の先生の手で生けられると、その紫苑さまが「私のことを地味とは何ですか」と注文をつけてくるような気がします。もっとも千利休によって「発見」された”侘びさび”という概念が日本にはありますので、<地味>というのは決して悪い評価ではありませんが・・・

■侘びさびと地味とは違うと利休に怒られそうですので、これ以上、下手な薀蓄はやめにします。シオンと音だけ聞いて、欧米の花だろうと思った体たらくの私ですから・・・ ※紫苑の原産地は中国だそうです。

■昨日総選挙がありました。選挙に関係する話題を一つ。身分や財産(納税額)にかかわらず一定年齢になれば等しく選挙権を持つ制度を「普通選挙」といいますが、普通選挙は1848年のフランス第二共和政に始まります。しかし、そのフランスでも始めは男子普通選挙で女子は除外されていました。では、そのフランスで女子普通選挙権が確立したのはいつのことでしょうか?次の中から選んでください。

①1918年、先進国イギリスで男子普通選挙がやっと実施された翌年、ドイツでは世界初の女子普通選挙も実施され、さらに2年後、米国においても女子普通選挙が実施された。フランス女子普通選挙は、もちろんこれらよりもずっと前のことで、19世紀のうちである。

②1925年、日本で男子普通選挙権が確立し、28年にはイギリスで女子普通選挙権が確立した前後である。

③1945年、日本で男女普通選挙権が確立した前後である。

■フランスは世界で最初に男子普通選挙を実施した国なのに、女子普通選挙権確立はそれから100年も遅れて、第二次大戦のあと、日本と同じ年です。不思議な気がします。何にせよ、選挙権は大事に行使したいものです。

|

« 研究授業、重陽の節句 | トップページ | サモトラケのニケ(Nike) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134810/5908167

この記事へのトラックバック一覧です: 紫苑(しおん):

« 研究授業、重陽の節句 | トップページ | サモトラケのニケ(Nike) »