« 後援会理事の皆さん、ご苦労様でした | トップページ | 台風14号とHurricaneカトリーナ »

2005年9月 5日 (月)

一学期実施 授業アンケート結果、そして「めだかの学校」

        本日配布プリント→「後援会長さんからの学園祭ご案内」

             雲がすっぽり日本列島を覆うほどの大型050905_taihu_14_go 台風14号の影響で昨夜来の雨が終日続きました。

 当然湿度が高く、蒸し々々した日でしたが、おおむね生徒たちはしっかり授業を受けていました。中には舟をこぐ姿も見られましたが、そういうことのないようにしてほしいと思います。

 授業に集中すれば、一日が終わったときには少なくとも6校時×50分=300分÷60分=5時間の勉強をしたことになるわけですね。自学自習だけで5時間の勉強をこなすというのは大人でも至難のことです。でも学校に来れば否が応でも授業で勉強させられます。一ヶ月間では100時間以上の勉強時間になります。一年間ではなんと1000時間です。授業に集中する人とそうでない人とでは、それだけの差が生じるということです。そういう考え方にたって授業を重視してください。

  さて一学期の終わりに、生徒の皆さんに「先生方の授業の進め方」と「生徒自身の授業に取り組む姿勢」の両方に対する<授業評価アンケート>をとりましたが、その集計ができました。

 集計チェック数はなんと2万回に及ぶという大変な作業でしたが、夏休み返上で教務の先生に集計していただきました。私も手伝いましたが、とても興味深い作業だったと思います。先生方にはじっくり分析して授業向上に役立ててほしいとお願いしてあります。どの項目においても教師評価の全体平均点が3以上でしたので、本校教員のトータルとしての水準は「普通以上である」と生徒が評価してくれたことになります。しかしながら、個別評価は厳しい結果となっている方もいらっしゃいますので、その底上げをしつつ、全体平均点が少なくとも4以上にならなければいけないと思うと先生方に話してあります。

 生徒・保護者の皆さんにも近日中に集計をお渡しできると思います。自己評価をふくめてより良い授業にするために、生徒の皆さんの努力と協力をお願いします。

 さて本日の最後に、おもしろい写真をご覧に入れましょう。

050905_medaka_suiso 理科生物担当のM先生の提供です。

4月に撮った映像です。理科室の水槽でめだかを飼育されました。

 30年ほど前まで日本のどこにでもいて最も親しまれた魚の一つである<め050905_medakaだか>

それがいまや、絶滅危惧種に指定されていると言いますから驚きです。

050903medaka2 その<めだか>をこんなに間近に見ることができて感動しました。

これは水草の間に産み付けられためだかの卵です。050905medaka_tamago

※「校長日記」は日曜日は休ませていただきますので、ご了承ください。

|

« 後援会理事の皆さん、ご苦労様でした | トップページ | 台風14号とHurricaneカトリーナ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134810/5799807

この記事へのトラックバック一覧です: 一学期実施 授業アンケート結果、そして「めだかの学校」:

« 後援会理事の皆さん、ご苦労様でした | トップページ | 台風14号とHurricaneカトリーナ »