« 可愛い交流 & 東横交流 | トップページ | 大倉山梅林の紅葉 »

2005年11月30日 (水)

宇宙からみたいろいろな「地球面」①

  • 明日より冬時間となります。始業が20分遅くなり、8時50分登校HR開始です。
    • 8時50分に教室に入っていなければ遅刻になりますので、注意してください。
  • 二学期末行事及び三学期行事予定のお知らせを生徒配布しました。
  • 12月19日視聴覚教室のお知らせを生徒配布しました。
    • 劇団「シェイクスピアシアター」による『夏の夜の夢』をみます。港北公会堂貸切のため、席が多数あいております。保護者の方々に無料開放することにしました。申し込み用紙でお申し込みください。
  • 今朝職員朝礼で生徒会の新旧役員が挨拶しました。051130seitokai_sinkyu_yakuin_aisatu
      • 新役員の皆さん、高校生活充実に向けて全校生徒をリードしてください。よろしくお願いします。旧役員の皆さん、長い間ご苦労様でした。
  • ※皆さん横向きのときにシャッターを押して申し訳ない。
  • 本日特残;ダンス 

■探検家髙橋大輔さんのブログ http://blog.excite.co.jp/dt からオーストラリア土産「逆さ」世界地図を紹介してから、多面的なものの見方についてお話しすることが多くなってきましたが、きょうもその話題です。先日は人工衛星からみた「逆さ」日本の画像をご覧に入れましたが、考えてみましたら、Google Earth を使えば、自分でいろいろな角度から地球を見ることができますね。今日は、いろいろな画像をご覧に入れたいと思います。

※Google Earth は9月の一番最初にご紹介したソフトです。次のサイトからダウンロードできます。

まずなじみの深い世界画像10枚から。

051129africa 051129north_america 051129south_america 051129nippon_center 051129australia_center 051129europe 051129eurasia 051129center_asia 051129asia_oceania 051129tityu-kai

.

.

.

このあたりまでは一目瞭然、小学生のころから地理でよく眺めている画像が地球の表(?)にきているわけで、よくおわかりだと思います。

それでは次の写真は?

051129firippin_indnesia_smatra 051129green_land 051129hok-kyoku 051129nan-kyoku

一番左の写真は、フィリッピン、インドネシアなどを真中に持ってきたものです。一瞬、あれっと思いませんか?これらの地域を中心に置いて世界を考えたことは私にはありませんでした。(これらの地域の方々、ごめんなさい)。

その右へ向かって3枚は、グリーンランド、北極点、南極大陸をそれぞれ中心に据えたものです。これら3点はよく見かけるほうかも知れません。

それでは、次の写真はどうでしょうか。

051129atlantic_ocean

これは左右の地形から大西洋だとわかります。

こうしてみても、左の南アメリカ大陸と右のアフリカ大陸の海岸線がぴったり重なることが分かります。ドイツ人学者、アルフレッド=ウェゲナー(1880~1930)が大陸移動説を唱えるきっかけになった海岸線です。

051129north_atlantic_ocean 051129south_atlantic_ocean

ではこれは?

海ばっかりですね。

そうです。左が北大西洋、右が南大西洋です。周辺の陸地をよく観察すれば、これもわかります。

では、次の写真はどうでしょうか。特に右側の写真は?

051129indian_ocean 051129pacifi_ocean

左はインド洋。

右は我が太平洋。

私は、インド洋がこんなに大きいとは思ってもいませんでした。平面世界地図ではインド半島の下、南半球に広がっているだけなので、太平洋の半分ぐらいしかないと思っていましたが、どうしてどうして、さすがに世界の大洋ですね。

それから、びっくり仰天は我々になじみの深い太平洋です。地球の片面をすべて覆い尽くしてしまっています。ため息が出ます。左下隅にちょこっとニュージーランドが見えます。右上墨っこに北米大陸西海岸がちょびっとだけ見えます。本校ホームステイのオレゴン州も縁(へり)がちょっぴり見えるだけです。

※いかがでしたか?でも今日はまだ序の口です。地球の見え方はこれだけではありません。次回は(数日後になると思いますが)、「いろいろな『地球面』②」として、ひっくりかえしたり横倒しにしたり斜めはざまに置いたり、さまざまな角度から眺めた地球像をご覧に入れたいと思います。Google Earthに興味のある方はご自分で挑戦なさってみてください。

  • この記事にコメントがありました。12月2日日記に掲載致しました。
  • コメントは右側のプロフィールのなかに12月2日よりメールアドレスを作りましたので、そちらから投稿してください。但し全てのコメントを掲載できるわけではありませんので、あらかじめご了承願います。

|

« 可愛い交流 & 東横交流 | トップページ | 大倉山梅林の紅葉 »