« 1+1=3 | トップページ | 「十三人めの女」 »

2005年12月 6日 (火)

直径1mクリスマスリース完成しました

  • 文部科学省より連絡;短期大学士(学位)制度移行について
    • 従来、短期大学を卒業すると「準学士」という称号が許されましたが、これは学術的意味をもたないものでした。国際化の今日、海外でも通用するように短大卒業を正式に学位として認定するという制度です。短期大学士という学位になります。短大の地位が今までよりもアップすることになります。
  • 明日12月7日(水)体育館天井を修理致します。(へこんでいる箇所の崩落防止)
  •  今週の華道作品です。本年最後の作品となります。最後の写真(花器二段重ねは二週連続で飾られています。
  • 051206akdo_akimotomiki 051206kado_kanemuraaya 051206kado_nogamimaki 051206kado_odajimaharuna 051206kado_senseisakuhin 051206kado_yamazakimarie

.

.

.

■新生徒会役員がこの12月1日より全校をリードしていますが、本日、昇降口でX'mas リースを作成してくれました。

051206xmas_rease_sakuseichu1 051206xmas_rease_sakuseichu2 051206xmas_rease_sakuseichu3 051206xmas_rease_sakuseichu4 051206xmas_rease_sakuseichu5 051206xmas_rease_kinen_bubunbokasi 本日記や学校だよりでオーナメントを募集しておりましたが、おかげ様で写真のようにたくさん集まりました。皆様ありがとうございました。生徒昇降口の外の柱に飾られる予定です。皆さん大事にしてください。

※平成の始めのころの卒業生のAHさんよりメールをいただきました。概容をご紹介します。

私は大倉山であたたかい先生の指導を受け、たくさんの友達と出会い、学んだ事で今の幸せな生活があるといつも感謝しております。

高校での3年間に夢や目標を持つ事、それを実現させるための努力をする力を身に付ける事ができました。

今は育児休暇中でゆっくりと過ごしております。これからも校長日記楽しみにしています。

    • メールありがとうございます。ご長女誕生で母校に入学させたかったと書いてくださったこと、とてもありがたく思いますとともに申し訳ない気持ちです。ご長男との御二人の子育て大変だと存じますが、

      • 「三つ心、六つ躾(しつけ)、九つ言葉(挨拶)に、文(手紙)十二、道理(ことわり)十五で末決まる」という言葉があります。

      • 江戸時代の言葉ですが、数え年の三歳までの育て方で心のあり方は決まる。6歳までに躾を身につけさせなければならない、9歳では人に対してしっかりした挨拶言葉が言えるようでなければならない。手紙を形式整えて書けるように12歳までにするべきで、15歳では社会のルールや世の中のことを理解できていなければその子の将来は心配だという意味です。子育ての一つの指針になると思います。苦労多い子育てですが喜びはその倍もありますので、お母さんとして頑張ってください。

|

« 1+1=3 | トップページ | 「十三人めの女」 »