« 始業式 | トップページ | 華道授業開始 »

2006年1月11日 (水)

寒波のなかで

  • 本日より普通授業が始まりました。
  • 本年初めて会った三年生のTさんが、「新年あけましておめでとうございます」と言ってくれたあと、「今年もよろ・・・・」と言いかけて、「あ、先生、今年はよろしくお願いしますは言えません。言っちゃったら、私、卒業しないで一年残ることになりますから」と言い直していました。Tさんらしいなあと思いながら、「しっかりした卒業式を作ろうね」と返事しました。そしたら後ろから来た同じ三年生のHさんが「私、大丈夫かなあ」とつぶやいて走り抜けました。大丈夫!!、卒業の日まで、みんなでしっかり頑張りましょう。

さて、暖冬になれた身にはこたえる今冬の日本列島大寒波襲来です。そういう厳しいなかでも、授業時間に校内を歩くと、先生方が真剣に教えてくださっている様子が廊下にまで響いてきます。生徒の皆さんも真剣に勉強しているようです。皆さん、しっかり勉強して、将来にそなえてください。一つ一つの瞬間に先生方との絆を深める努力をしてください。必ず将来の心の栄養になると思います。

大寒波のなかで校庭はすっかり冬景色です。

060111yamazakura_huyugare 060111sidarezakura_huyugare 名木山桜と事務室裏のしだれ桜が葉を落としきっています。でもよく見ると、冬芽がついて春の準備をしています。言い古されたことばですが、<冬来たりなば春遠からじ>ですね。

060111keyaki_karehaganokoruところが、裏門のケヤキは葉を落とさず、そのままです。年末の新聞コラムで「今年は葉を落とさないケヤキが多い、何かの兆候だろうか」ということが載っていましたが、木に詳しい事務長さんに聞きましたら、「よくあることだと思いますが・・・」と意に介していない様子でした。左が葉を落とさないケヤキです。事務長さんの言葉とは裏腹に、私はやっぱり葉を落として冬を越えてほしいですね。

060112taiikukan_door_sabiotosi_kamimurasan この寒波で体育館はいつもより、もっとしんしんと冷え込みますが、授業のない時、寒々としたなかで、管理員さんが作業に取り組んでくださっていました。ねぎらいを申しますと「三年生に、少しでも綺麗な環境で卒業式をあげてもらいたいと思えば、寒さは平気です」と答えてくださいました。本当にありがとうございます。※仕上がるまでにはまだまだ日数がかかります。

|

« 始業式 | トップページ | 華道授業開始 »