« バドミントン部、港北区民大会ブロック優勝!&可愛い来客vol.5 | トップページ | 産経新聞掲載 生徒作品 「五行歌」 & 草木の春待ち顔 »

2006年2月 2日 (木)

日本史Ho先生の教材収集 & 俵の開け方閉じ方の映像

  • 3年期末テスト第二日
  • 「寺内タケシとブルージーンズ・ハイスクールコンサート」お知らせ配布

060202tawara 日本史担当のHo先生が授業で、米俵などに使う「俵」を生徒に見せたいが、学校のどこに置けるか悩んでいます。モノを見せたり、触れさせたり、実体験させたりという実物教育は定評のある教育法ですが、Ho先生は、本物の五の掲示板(明治維新の時)や乾したナマコやフカヒレ・乾しあわびなど俵モノ(江戸時代)、古銭、明治大正昭和初期の古新聞などを自費で購入して、生徒に見せてきました。

※同先生に五の掲示板を見せられたときにはびっくりしました。060202gobounokeijiban_yoko1m__tate50cm

横幅約1m、高さ約50cm、厚さ3cmほどの板で作ってあります。さすがに頑丈な作りで、とても重いです。クリック拡大してご覧ください。変体仮名正漢字も使ってありますが、次のように書いてあります。

一、人たるもの五倫の道を正しくすべき事

(人間は義・慈・友・恭・孝の道を正しく歩むべきである)

一、寡孤独廃疾のものを憫れむべき事

(身寄りのない人や体の不自由な人を助けてあげるべきだ)

一、人を殺し家を焼き財を盗む等の悪業あるまじき事

(人をあやめたり放火したり盗んだりの悪業はしてはならない)

※最後に浦和県とありますが、Ho先生によれば浦和県は明治当初に足掛け二年しか存在しなかった県だそうで、この県に掲げられた五の掲示板は大変貴重なものだそうです。

そして、このたび、H先生に米俵の開け方、閉じ方をメディアプレーヤー映像で紹介するサイトを教えていただきました。これを見るだけでも十分価値があります。ご覧になってください。

http://www.nisira.com/tawara/index.htm

「米俵の開け方はこちらです」というところをクリックするとメディアプレーヤーが開きます。

ご存知のとおり、私は田舎の生まれ育ちですが、私の子供時分には、米は「ズタ袋」頭陀袋ズダ袋と読むのが正しいようです)に入れるようになっており、俵で持ち運びすることはありませんでしたので、俵の開け方閉じ方は知らず(見ず)じまいでした。ですから上記サイトを教えてもらって、この年になって初めて勉強でき嬉しい限りです。

※(お知らせ)

いま違法改築で報道の渦中にあるホテルチェーン「東横イン」は本校を含め東横学園、五島育英会、東急グループとは、いかなる意味においても全く関係がありません。問い合わせがございましたのでお知らせ致します。

※校長日記へコメントは、右上のプロフィール内メールアドレスへお願い致します。

※学校へのご質問ご要望ご意見はホームページメールボックスをご利用ください。

|

« バドミントン部、港北区民大会ブロック優勝!&可愛い来客vol.5 | トップページ | 産経新聞掲載 生徒作品 「五行歌」 & 草木の春待ち顔 »