« ボランティア委員会のふれあい表彰 | トップページ | 終業式 &過日の東横短大・武蔵工業大学の卒業式 »

2006年3月18日 (土)

世界野球代表戦と勝利の女神のことなど

  • 本日2年生保護者会でした。お疲れ様でした。
    • 私は東横学園短大卒業式参列およびその後の出張のため、ご挨拶できず、大変申し訳ありませんでした。
  • 本記事は昨日のうちに準備していたもののアップです。

WBC(World Baseball Classic世界野球代表戦)で日本代表チームが韓国によもやの連敗を喫して昨日の時点で準決勝進出に赤信号が灯りました。昨日、米国がメキシコに負けましたので日本が生き返り、ほっとしましたね。これにまつわる彼我の名将の話について。

日韓戦勝利の後、韓国の金監督が、

「日本に2戦2勝したが、韓国野球のほうが日本より優れているとは思わない」

 と言ったそうです。勝利の女神は謙虚さを好むとどこかで聞いたことがあります。

 もちろん、私は、決して日本代表は韓国代表に謙虚さにおいて劣っていたということはない、イチロー選手の真摯さをはじめ、日本代表も十分謙虚であると思っています。ただ、金監督の戦後談をきいた感想として私は

「勝利の女神は日韓両チームの内なる謙虚さを感じて、どちらに微笑むべきかずいぶん悩んだのかも知れないなあ」と思ったのでした。それが2対1という緊迫の好ゲームとなったと今は思いたいということです。

 060318oh-sadaharu-kantoku それで思い起こすのが、日米戦で起きた米国人審判の判定くつがえしに猛抗議をした我が王監督のことです。王監督の姿勢は将たるものかくあるべしというもので正しい。でも、ここで触れたいのはそのことではなく、その試合後、日本野球機構がWBC大会実行委員会に抗議文を送ることにしたと聞いたときの王監督の態度です。いわく今度は、「過ぎたことは事務方に任せます。我々現場は気持ちを切り替えて明日のことだけを考えていきます。」と。後にひきずらないこの王監督のさっぱりとした前向きの姿勢は、とても印象的かつ爽やかでした。勝利の女神は敗軍の将の姿もじっくり観察しているのでしょう。

※もっとも日本が韓国に敗れたときの我々の落胆を振りかえると、いまあの誇り高き米国民、野球王国米国民の落胆が容易に想像できますので、準決勝進出に浮かれないほうが大人の態度といえますが・・・。060318amerika-oregon

そういえば、本校ホームステイの地、オレゴンの方々も野球好きで、留学生をシアトルマリナーズのホームグランドに招待してくれました。あの人達がいまとても落胆している・・・

 ただ、そう言いながらですが、何はともあれ日本代表の準決勝進出をすなおに喜びたいと思います。明日19日、韓国代表と対戦します。<三度目の正直>という諺を信じたい。

※王監督の写真は次のサイトからお借りしました。ありがとうございました。

http://www.h2.dion.ne.jp/~ohweb/

|

« ボランティア委員会のふれあい表彰 | トップページ | 終業式 &過日の東横短大・武蔵工業大学の卒業式 »