« 二つの逸話;①森先生の友人、②ゴリエ杯とチアー部卒業生 | トップページ | 華道の授業がまた始まりました »

2006年4月19日 (水)

通学路;<山道> そして、正門下の祠(ほこら)

060419yamamiti_iriguti_hukin 15年前より以前に卒業した皆さんには懐かしいと思いますが、本校通学路には、通称<山道>と称するものがあります。大倉山駅を乗降する生徒は、今はほとんど全員が商店街の歩道を通学路として利用していると思いますが、本校草創から10年ほどたったころ、つまり昭和40年代は自動車の交通量が急増した時期で、商店街には歩道が整備されていなかったため、安全確保の観点から<山道>を通学路指定していた時代があります。

昭和から平成に変わるころ、商店街整備が進み<レモンロード>と洒落た名称に改まるとともに安全な道路に変身しました。それで、そのころから<山道>通学路は利用しなくなり、今は先生方の何名か、また生徒の何名かが利用する程度ではないかと推測します。

060419yamamiti_noboru 何せ、<山道>は登下校どちらも急勾配なので、骨が折れるのです。でも風情があるので、私は好きですね。

本日、東横中高に行った帰り、私も久しぶりに<山道>を通ってみました。

はあーはあー言って上りながら、これはアーカイブとして写真保存すべきだと思い直し、山道入り口までもどってそこかしこを写真に収めました。ご覧ください。

060419yamamiti ←「ひまわりピンナップ写真」にしてみました。左下が<山道>入り口です。そこから時計回りに写真を追っかけてください。ど真ん中の学校正門(体育館正面)に行き当たるまで、<山道>を上って下りる感じがつかめると思います。

060419yamamitikudaru_tyojo_yori_kudaru 060419yamanmiti_kudaru ←これは登校の場合の<山道>頂点あたりから下るところです。下ったところの左側に素敵な日本庭園をもったお屋敷があり、庭園の木々花々が目の保養になる御宅です。もちろんじろじろ覗き込むのは失礼ですが、さっと横目に見るのはなんともいえない気持ちになります。但し、今日、カメラを向けるのは遠慮致しました。

060419hokorra_under_seimon 学校の正門の下に、小さな祠(ほこら)があるのを知っているでしょうか。太尾町の方々が古くからとても大事になさっているところです。本校創立の折り、地域の方々にとてもお世話になった際、本校としても、この祠を大事にするということを約束したいきさつがあると古老の方から伺ったことがあります。皆さん、今度、しっかりと手を合わせてくれると嬉しく思います。

|

« 二つの逸話;①森先生の友人、②ゴリエ杯とチアー部卒業生 | トップページ | 華道の授業がまた始まりました »