« 校内お気に入りの場所 | トップページ | 生徒総会 »

2006年5月17日 (水)

森先生より ①バドミントン部試合報告 ②

本日は英語科のM先生の「バドミントン部報告」と「自宅の微笑ましいエピソード」をご紹介します。

学校対抗戦は県立厚木高校に3-0のストレート負け!

 第一シングルス戦櫻井(2-C)の一挙手一投足に目が釘付け

5月14日(日)高校総体バドミントン大会学校対抗戦が、県立藤沢西高校体育館で行われ、第一ダブルスには、藤原(3-C)・加賀山(2-C)組、第二ダブルスには、高夛・斎藤(3-C)組、第一シングルスには、櫻井(2-C)がそれぞれ出場した。杉田彩夏(2-C)は、当日は、試合経過の記録係としてサポート役に徹した。

第一ダブルスでは、藤原・加賀山ともに足を痛めての出場となったせいか、いつもの精彩にかけていた。コンディションが最悪の状態ながらも最後まで試合を捨てずシャトルにくらいついていった頑張りは評価したい。

第二ダブルスでは、高夛・斎藤組が、試合には負けたものの、5月5日のダブルス戦の何倍もの走りと粘りを見せた一戦だった。高たの大きな「いっぽォ~ん」のかけ声もそのことを物語っていた。

第一シングルスは、櫻井が出場。試合は2-0のストレート負けではあったが、1セット、2セットともに、最後まで諦めずに頑張った櫻井。顔を紅潮させながら精一杯、渾身の力を出し切っての頑張りは、見応えのある試合となった。

反省会には練習の方法などの新しい提案なども出て、また、一昨年卒業生の関野さんからの差し入れもいただきながらのみんなの顔には笑顔も戻っていた。

関野さんの他にも、伊藤(裕)さん、多田さんも応援にかけつけてくれた。

 めじろの巣>

  060517mejirono_su 森氏邸庭木に巣を作っためじろが卵を5つ産んで現在あたためています。森家家族とその周辺の住民は、皆あたたかくその様子を見守っています。なんとも微笑ましいメルヘンチックな出来事ではありませんか。

※森先生のお宅のメジロの巣につきましては、今後も続報でお知らせしていきたいと存じます。お楽しみに。

|

« 校内お気に入りの場所 | トップページ | 生徒総会 »