« 体験学習;東京都埋蔵文化財研究所 & 私学の絆 | トップページ | 思いがけなくも、4つの卒業記念品が・・・ »

2006年6月 5日 (月)

海ほたる & メジロ巣立ち

  • 本日より本校卒業生が2名、教育実習生として、三週間、生徒に接します。一番身近な<先生>です。よろしくお願いします。
            •  
  • 土曜日、上智短期大学に進んだHさんが来てくれました。同短大で学園祭実行委員長をつとめているそうです。本校卒業生が活躍するのをみるだけでも、とても嬉しいことですが、いま進めている企画内容をきいて、これまた驚きとともに嬉しく思いました。企画が本決まりになったら、お知らせしようと思います。卒業生の皆さん、頑張れ!!

■今日は動物に関する話題を2題です。

①生物の森口先生に「きょう、授業で<海ほたる>を光らせるんですが、お出でになりませんか」と声をかけていただきました。二つ返事で参観させていただくことにしました。

060605umihotaru_jugyo_morigutisensei 画像がぼけてしまって申し訳ありませんが、<酵素のはたらき>の授業でした。「酵素の働きによって化学反応のエネルギーを省力できる。その良い例が海ほたるです」という先生の説明のあと、いよいよ海ほたるの輝きを見せてもらえることに。でも実物を持ってくるわけにはいかないので、海ほたるのエキスを水に浸したり、すりつぶしたりして輝かせるという実験でした。・・・そんなことで海ほたるの輝きを再現できるのですか・・・へえボタンを何度も押したくなりました。

060605umihotaru_bin これもぼけていますが、海ほたるのエキスが入っている瓶です。060605umihotaru_bika 060605umihotaru_suritubusu それを水を入れたビーカーに入れたり、小皿のなかですりつぶしたりします。060605umihotaru_hikaru そうすると暗幕で暗くした教室のなかで妖しい青白い光を輝かせました。デジカメを夜間撮影モードにして、どうにか撮る事ができました。

060605uminotaru_jugyo_seito 授業を一生懸命受ける生徒たちの姿です。校長日記に載せてほしいと頼まれましたが、期待通りの写真になっているかどうか。私としては授業の良い風景の写真になったと思っていますが・・・

②もう一つは、すっかりおなじみになった、森先生とメジロのこと。産卵から約3週間、とうとう巣立っていったとか。

060605mejiro_sudatimadika 060605mejiro_iza_ 060605mejiro_koedade_hitoyasumi 060605mejiro_tuduke_jinanbo 060605mejiro_ki_ni_tomaru 森先生が調べたところでは、産卵から11日で孵化(ふか)、孵化から11日で巣立ちとなっていたそうですが、まさしくその通りの展開で、「自然の素晴らしさ」に感動されたようです。蛇対策として線香を細かくして木の周りに置いたり、ガムテープの粘着面を表にして地面に置いたりして見守ってきた森先生としては、我が子の巣立ちを待つような思いだったようです。ご苦労様でした。写真は左上から順に、①巣立ちの前のようす、②いざ巣立とうとしているところ、③飛んだ直後、木で一休み、④二羽目が続こうとしているところ、⑤巣立ったあと木立に留まっている様子です。

※巣立ちは5月31日の午前中だったとのこと。すべてが巣立ち終わるまで2時間半、森先生の奥様と近所の方はずっと見守り続けられたとのこと。頑張れコールをあげられたとのこと。それも感動のエピソードですが、それ以上に感動するのは、親鳥がずっと励ましのさえずりを続けていたとのこと。すごいですね。森先生、度々のレポート、ありがとうございました。生命の学習になりました。

|

« 体験学習;東京都埋蔵文化財研究所 & 私学の絆 | トップページ | 思いがけなくも、4つの卒業記念品が・・・ »