« 産経新聞<五行歌> 6月8日付 | トップページ | 七夕のことば & サッカー上川徹審判の快挙 »

2006年7月 6日 (木)

明日より期末試験、みんな頑張ってください

060706koyomi 今日の暦の言葉

【 先祖を尊ぶ心は自分を大切にする心に通じている 

人類は、亡くなった身内を悲しむだけでなく、死後も長く弔い、ご先祖様として崇める心を持ったときが、猿人から人類への進化です。ですから、先祖を尊ぶ心を持たない民族は地球上に存在しません。今の自分をあらしめてくれているのは先祖の存在抜きに考えられませんので、墓参りや霊壇の手入れ、お祈りを欠かさないように心がけましょう。

060706obon_wikipedia もうすぐお盆ですが、これは仏教が伝わる以前から先祖供養の行事として我が国で行われていた民俗です。先祖に思いをはせる機会とすることをお勧めします。 ← 画像は Web辞書 Wikipedia(ウィキペディア)「お盆」の項より借用しました。

060706kado_3b_anzai_sari 060706kado_3b_naganokaori 060706kado_in_kochositu ← 今週の華道作品です。一学期は今日で授業が終わり、明日から期末試験ですので、華道作品も九月までお預けとなりますが、一学期を締めくくるにふさわしい作品に仕上げてくれています。花材が<アガパンサス>ですが、用務員の鶴屋さんが学校に植えてくれているものを使ったわけではありません。花屋さんからの花材です。

学校に植えてあるのは6月27日の校長日記で紹介致しました。060706_0627agapansasu 授業の花材と種類がちがうのか、花の大きさ長さに違いがあるように見えます。

060706nemunoki_from_tosyositu_kaidan図書室前の階段から写した合歓の木(ねむのき)です。コンクリートの壁、柱によって切り取られた一幅の絵画になっています。

いよいよ明日から期末試験。生徒の皆さんは試験勉強に余念がありませんが、先生たちも、質問にくる生徒の応対をしながら、試験問題作成に追われ、忙しい思いをしています。でも質問応答も生徒との大事なコミュニケーションの場です。また質問を通して、授業で教え切れなかったことに気がついて、次の授業の工夫に加えたり、追加解説できたりするきっかけになるので、とても貴重です。生徒の皆さん、先生方は質問を歓迎しますので、どしどし活用してください。

|

« 産経新聞<五行歌> 6月8日付 | トップページ | 七夕のことば & サッカー上川徹審判の快挙 »