« 七夕のことば & サッカー上川徹審判の快挙 | トップページ | 中田英寿<人との出会いが好きなのです> »

2006年7月 8日 (土)

いろいろな試験(神奈川県民度試験や米国市民権取得試験)

060708koyomi 今日の暦の言葉

【 過ちは誰にもあるが素直に反省するところに向上がある 】

「周防猿回しの会」の太郎ジローコンビ(今は同会より独立)の芸、「反省猿」が一世を風靡して以来、「猿だって反省ぐらいはできる」という言葉ができました。「口先での反省ではなく行動に表せ」というわけです。反省は本来その後の生き方に連なるものでとても大事なことです。昔からの<君子は豹変す(ひょうへんす)>という言葉に通じます。→「偉い人物は過ち(あやまち)を悟ったらぐずぐずせずに直ちに態度を改めるものである」という意味ですが、我ら凡人は長年の業にひきずられて豹変の機会をのがしがちです。お互いに気をつけましょう。

■生徒たちは期末試験の真っ最中ですが、社会に出るための(その関門としての入学試験や就職試験のための)大事な一里塚です。がんばってください。

世の中にはいろいろな試験があります。ちょっと古い新聞記事になりますが、6月27日の神奈川新聞に「神奈川度検定試験」の準備が進められていることが掲載されていました060708_0627kanasin_kanagawado_kenteisike 英語検定試験や漢字検定、書道検定などと同じように、神奈川県に関することをどれだけ知っているかを試す試験制度だそうです。商工会議所、テレビ神奈川、神奈川新聞社などが集まって検定協会をつくり準備を進めているそうです。神奈川の歴史と風土に愛着を持ってもらおうとか、観光や企業誘致に活用しようという狙いがあるのでしょう。

神奈川新聞に載っていた例題は、

①丹沢山系で酸性雨のために立ち枯れしている木の種類は、

シラカバ、スギ、ヒノキ、ブナ のどれか?

②かつての横浜の子供の遊びは、

カブトムシ、アリ、クモ、カマキリのどれを戦わせたか?

となっています。①は6年前に定年退職された山口勤先生が写真に撮って授業で生徒に教えておられましたので、私もよく知っております。②は宮崎県でも私どもは子供時代に行っておりましたので(その隣の鹿児島県では今でも大人が真剣に競技させておりますが)、容易に推測がつきました。答は①がブナ、②がクモです。

江戸生活検定試験というのも準備されているそうですが、私はいまは神奈川も江戸(東京)も大変愛着を感じており、第二のふるさとと思っております。できれば挑戦してみたい。

060708hana_agapansasu ■三年生のKさんの留学帰国(6月26日校長日記参照)と入れ替わりに、この7月20日、二年生のMさんが一年間の米国留学に旅立ちます。きょう出国・休学の挨拶にお母さんと一緒に来てくれましたが、昨年ホームステイに行って以来、留学の志やまずの思いで過ごしてきたそうです。頑張ってほしいと思います。※写真は今日のアガパンサスです。

Kさんは移民までは考えていないと思いますが、実は今日、週刊新潮の帝京大学高山教授のコラムで知ったのですが、アメリカ合衆国は移民法で米国市民権取得のために試験があるそうです。全部で100問出て90点以上で合格だそうですが、例えば、

①正副大統領が死んだら誰が大統領を継ぐのか?

②「自由を与えよ!然らずんば死を」は誰の言葉か?

③権利の章典が市民に保障する三つの権利を述べよ。

というようなものです。う~ん、どれも推測は立つけど確信がありません。・・・・・私の推測は全部間違っていました。私は米国市民になれない。答は①が下院議長、②パトリック・ヘンリー、③言論の自由、出版の自由、宗教の自由。

※パトリック・ヘンリーは米国独立戦争の英雄の一人でバージニア州初代知事。今、バージニア州には「パトリックヘンリー高校」があるそうです。

※校長日記への感想は右上欄にあるプロフィール内のメールアドレスを使ってお送り願います。

|

« 七夕のことば & サッカー上川徹審判の快挙 | トップページ | 中田英寿<人との出会いが好きなのです> »