« 生徒会クイズ 重陽の節句 おくんち | トップページ | 後援会長「美術展」 in 上野・東京都美術館 »

2006年9月11日 (月)

研究授業(古典・生物)

060911yomisin_yukan_kaminari_syasin ← きょうの読売新聞夕刊に載っていた本日未明の稲妻(雷光)の写真です。すさまじい轟音でしたね。雨音も激しく、たてつづく雷鳴に、いつやむのか不安になりました。

さいわい明るくなるにつれ雨も雷もおさまってくれたので、学園祭前の大切な時期、みんな無事に登校できて良かったと思います。

それにしても、左の写真のすさまじいこと、読売新聞によれば、午前4時47分東京小平市において、米田育広氏撮影とのことです。

九州で生活していたころ、夏の夕方、決まって南の空に稲妻の走り抜けるさまを美しいと思ってみていたことを思い出しますが、上の写真のようなすさまじいものは見た覚えがありません。これは美しいではなく「恐ろしい」です。

※また今日9・11は米国同時多発テロ事件から丸5年目の日ですね。ホームステイに行った生徒が帰国してから三週間ほどしかたっていないときで、その衝撃たるやすごいものであったことを思い出します。被害者のご冥福をあらためてお祈りし、平和な社会を祈念したいと思います。

■研究授業が二クラスで実施されました。3年A組、3校時「古典講読」梶原先生、2年B組、4校時「生物Ⅰ」森口先生。

060911kokugo_kenju_kajiwarasensei 060911kokugo_kajiwarasensei 3A、梶原先生「古典講読」は、源氏物語「巻の一」、光源氏の誕生の巻。有名な箇所です。

いずれの御時にか、女御、更衣あまた候ひたまひける中に、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて時めきたまふありけり。初めより、我はと思ひ上がりたまへる御方々、めざましきものに貶めそねみたまふ。・・・・・

本文の単語の意味や活用形、敬語の言い回しを解き明かしながら、全体の意味をさぐるというように進んでいきます。先生の質問に生徒たちが的確に答えて順調に進みます。

060911kokugo_kajiwarasenesi_egao 梶原先生が、「『思ひ上がる』ってすごい表現ですよね。でも現代語と違って悪い意味ではないんです。『自分を誇りに思う』とかいうような意味。その後に『めざましきものに貶めそねみたまふ』とあるけど、『めざまし』も現代とは意味が違っている。」とおっしゃりながら、生徒に発問しつつ、現代語訳を生徒とさぐっていきます。

※古語の「めざまし」は現代語の「目障り、カンにさわる」というような意味。

 語釈、語訳の説明の合間に「帝の奥さんが30人ぐらいいて、それが身分に分かれているんです。それで身分の低い奥さん、更衣も低いんですけどね、その方が帝から寵愛されると、女御などの身分の高い奥方たちが嫉妬して、もう何よ!と狂うというか、女の戦いみたいな・・・」と梶原先生、身振り手振りで生徒が実感できるように熱演です。生徒たちも集中していました。受験勉強に向かう季節。これからも頑張ってください。

060911seibutu_morigutisensei 2B、森口先生「生物Ⅰ」は「生殖と発生」の単元で、有性生殖と無性生殖の違いに始まって、有性生殖における「卵」と「精子」の発生の過程を勉強しました。

※「卵」・・・たまごと読むのではなくランと読みます。また生物学では、卵子と呼ばずに卵(ラン)と呼ぶそうです。

「無性生殖っていうのは、たとえば私森口が無性生殖するとすれば、私とそっくり同じクローンがもう一人できてしまうんですね」と、のっけからすごい話。

「でも有性生殖は、私と旦那さんのそれぞれの性質をあわせもった生命が新しくできるので、有性生殖だと、いろいろな性質をもった生命が次々と生まれるということになるのです」・・・・実に分りやすい説明です。

060911seibutu_ran_vs_seisi 「減数分裂」など、私どもも遠い昔に習った専門用語が出てきて懐かしかったですが、森口先生が用意された大きな円形の紙と、とても小さな紙片(←写真)にはびっくりしました。

「この大きな丸はヒトの卵を2000倍にした大きさです。そして、こっちの精子も2000倍にした大きさですが、卵に比べてこんなに小さい。」

よく聞く話ではあるものの、こうして目に見える形で説明されると、へえ!ボタンを20回全部押したくなります。

授業のまとめで、森口先生は次のように話されました。

卵の元になる細胞(卵母細胞)は、ヒトの女性の一生の中で600万個できるけれども、そのうち卵になるのは400個。ヒトの男性の一回の射精に含まれる精子の数は数億個だけど、そのうち、卵と結ばれるのは1個(2個3個・・・が結ばれるのはごく少数のケース)。それが今のあなたたち。このように考えると、皆さん、どうでしょう。・・・

2年生、3年生とも、とても良い授業を教わっていますね。がんばってたくさんの有意義なことを身に付けていってください。

|

« 生徒会クイズ 重陽の節句 おくんち | トップページ | 後援会長「美術展」 in 上野・東京都美術館 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 研究授業(古典・生物):

« 生徒会クイズ 重陽の節句 おくんち | トップページ | 後援会長「美術展」 in 上野・東京都美術館 »