« 極楽鳥 & 卒業生メール & 文芸部① | トップページ | 教師の一言 »

2006年10月14日 (土)

留学生カトリンさんのスピーチほか(10月5日全校朝会)

061014kado_2a_sasakirumi 061014kado_2c_ogiwarasaki 061014kado 華道作品の追加です。2年の荻原沙紀さんと佐々木瑠美さんの作品です。名前のないのは先生の作品。

.

  • 本日、後援会理事会、プロジェクト会議がありました。
    • 先週は2学年保護者会でしたので、学園祭以来三週連続で来校いただいた方もいらっしゃって、本当に感謝に堪えません。ありがとうございます。
    • 061014haha_ogiwara_hibi_san←写真は理事会のために通学階段を上ってこられる2年荻原さん、3年日比さんです。
    • 061014sigenaga_mikosi_syasin← 3年塩崎さんは学園祭お神輿を写されたときに写っていた私の写真を持ってきてくださいました。ありがとうございます。
      • ※こうして自分の写真を眺めると、頭の寒さが身にしみますね。でも、年の功と思うことにしています。

10月5日の全校朝会の模様をお知らせします。学園祭報告シリーズを優先しましたが、カトリンさんのスピーチ、是非、ご一読願います。

おはようございます。

まず、日本に来て七週間になり、素晴らしい日々を送っていることを申し上げたいと思います。

また学園祭の感想を申し上げたいと思いますが、とても素晴らしい行事でした。

出し物やアイデアが強く印象に残りました。ダンス部やチアー部をみて楽しかったです。演劇部も内容はわからなかったけど、楽しめました。

教室で売っている食べ物を全部食べて見ました。

本当に素晴らしい学園祭を楽しめましたし、参加できて嬉しく思いました。

※今回は日本語スピーチだけでしたが、英文原稿を寄せてもらいましたので、以下に掲載しておきます。

Good morning !

At first I want to say that I am now 7 weeks in Japan and it was a wonderful time.

I also want to show my response to the school festival oranization.

Maximum was a great event.

The shows and the ideas really impressed me.

I loved to watch the dance clubs and the cheers and even the drama club, although I couldn't understand the content.

At least I tried every food that the class members were selling.

I really enjoyed this time and I am glad to be a part of it.

 

■ 昨日、神奈川東部私学フェスタ(連盟)の委員会がありました。

  • とてもユニークな先生が多いのが神奈川東部私学の特長ですが、T学園のA先生は目下、手品修行中。Mr.マリックさんばりの?超魔術を披露してくれましたが、種はさっぱり分らず仕舞い。「扱いやすい客だ」と言われました。ここでマリックさんの種明かしがされていますが、ここにも載っていないマジックでした。
  • <教育は私学から、私学は一つ>が全国の私学の合言葉ですが、神奈川の私学はことのほか強い結束力でまとまっています。生徒や卒業生には学校の域を超えて神奈川私学卒業という誇りと愛着を持って欲しいと願っています。
  • そういう神奈川の私学の仲間ですから、本校が神奈川の地に50年間の歴史を刻んだことを忘れないと言ってくださり、本校の生徒たちに深い思いを寄せてくださっています。

061014_0606simoyamada_senesi_1 本校の世界史の講師、下山田先生は神奈川東部私学フェスタの幹事校である「横浜国際翠陵高校」(十日市場)のご出身。そういう関係から、本校の生徒に深い愛情を感じていただき、親身になってご指導いただいております。

|

« 極楽鳥 & 卒業生メール & 文芸部① | トップページ | 教師の一言 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134810/12278958

この記事へのトラックバック一覧です: 留学生カトリンさんのスピーチほか(10月5日全校朝会):

« 極楽鳥 & 卒業生メール & 文芸部① | トップページ | 教師の一言 »