« 嬉しい符合 | トップページ | 産経新聞<五行歌>9月14日付け »

2006年10月24日 (火)

沖縄修学旅行まであと10日余り & 卒業アルバムのデジタル化

061024sinyokohama ← 今日も、黒い雲が垂れ込め、冷え込んだ一日でした。

 今日はいつもと違うアングルから(体育館の脇から)新横浜方面を撮りましたが、遠くの方に雲間が切れて明るいところがありますので、せめてそれを写して気分を晴らそうと思ったのですが、やはり垂れ込める暗雲の勢いが強く、寒々とします。

 秋の遠足に出かけた学校もあると聞いていますが、この冷え込みに行楽気分が削がれたのではないかと同情します。

061024maruyamasan_scaner_table ← この寒さのなか、管理員の丸山さんが日曜大工で台作りに励んでくださいました。忙しい仕事の合間をぬってのことですから、もちろん今日は出来上がりませんでしたが、私のお願いにこたえてくださってのことです。

061024scaner ← 私がお願いしたのは、このスキャナーを置く台です。このスキャナー、何に使うとお思いですか?もちろん、何でもスキャンできますが、一番の目的は、歴代の卒業アルバムの主要部分を全部、デジタル化するためです。

 手近に置いて折りをみてはアルバムのデジタル化に取り組みたいと思います。

 デジタル化することによって、この校長日記のアルバムほかで有効活用できると思います。Web上にずっと<東横学園大倉山高等学校>を残す試みの一つです。教頭先生も手伝うと言ってくれました。個人情報保護には十分な配慮をしますので、ご安心なさりながら乞うご期待。

■2年生の沖縄修学旅行(総合学習体験旅行)まで、あと12日になりました。

061024syuugaku_ryo_siori_hyousi 061024syugakuryo_siori_hyousi_ura ← 旅行のしおりも出来上がりました。表紙と裏表紙(←写真)ともにB組の 村 穂奈美さんの作品です。

竜宮の島、琉球(沖縄)をよく表して旅情を誘う表紙に仕上がっていますね。

裏表紙は「石敢當(石敢当);いしがんどう」をあしらっています。石敢當は沖縄諸島独特のもので、道路の突き当たりや交差点に置かれる<魔よけ>のこと。村さんが裏表紙にあしらって、旅の無事を祈ってくれました。ありがとう。

村さんのお蔭で石敢當の豆知識を得てからスタートできるのは何よりですね。もっとも皆さんは総合学習の一環としてエイサーに取り組んできてもいるので、沖縄にはかなり詳しくなっているでしょうが、前知識は多ければ多いに越したことはありません。

061024_0411okinawa_mensore_gaku ← それでは、もう一つ豆知識を仕入れましょう。沖縄方言(琉球語)を事前学習している人には教えるまでもないのですが、左の写真をご覧ください。

那覇空港の通路で皆さんを一番最初にお迎えする額です。

<めんそーれ>と書いてあります。どういう意味でしょうか?

 人によっては「めんそーれ?ああ、口の中がスースーするあのハッカの宣伝だろう?」と早とちりする人もいるのですが、沖縄弁(琉球語)で、「いらっしゃいませ」「よくお越し下さいました」と来客を迎える言葉です。

↑ 上の写真は、2年前の修学旅行で撮影したものですので、今は違うものに替わっているかもしれません。2年生の皆さん、那覇空港では気をつけて発見してみてください。

|

« 嬉しい符合 | トップページ | 産経新聞<五行歌>9月14日付け »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄修学旅行まであと10日余り & 卒業アルバムのデジタル化:

« 嬉しい符合 | トップページ | 産経新聞<五行歌>9月14日付け »