« 「コブラを食べる」の続き & 学校風景 & 三年生 | トップページ | バッタンバンより~第2の視察校~(執筆:樋口) »

2007年2月27日 (火)

卒業生来訪・雛人形 & 五行歌;産経新聞平成18年12月14日掲載

070227sotugyosei_tugawa_banba ← 一年前の卒業生が訪問してくれました。

津川さんと番場さんです

.

070227hinaningyo_by_hyoutan ← 数年前に退職の元管理員日向野さんが作成された「雛人形」です。

  • 体育館裏や美術室下に瓢箪(ひょうたん)を栽培し、その瓢箪細工で女子校らしく雛飾りを作って下さいました。それがどこに行ったやら校内に見当たらない・・・と残念に思っていたのですが、倉庫に大事にしまってありました。
  • 三月三日、雛祭りに行う卒業式を寿ぐために出てきてくれたかのようです。

070227kado_2b_iume_mayuko 070227kado_2a_sugitahanae 070227kado 070227kado2 ← 前にも紹介した華道作品。とてもいきながく校内を彩ってくれています。

  • 2B井梅麻友子さん、2A杉田はなえさんの作品。ほかの二つは先生の作品です。

■全国的に卒業シーズンを迎えているなか、本日、大阪豊中で高校一年生、宮城仙台で中学校二年生が若い命を落としたとても悲しいニュースが流れました。お二人に深く哀悼を表し、遠くからではありますが、ご遺族の無念の思いに添いたいと存じます。合わせて本校生の無事を祈らずにはいられません。■

産経新聞平成18年12月14日付)掲載の五行歌

    評は拙評です。

池川ひとみ(2年)

学校の事

考えないと

すっごい楽で。

楽しい時は

時間がはやい。

※学校のことを考えないとすごく楽・・・という表現に私ども教員は胸を突かれる思いがします。池川さんが学校にいる時間が瞬く間に(またたくまに)過ぎたと感じられるようにしてあげたい・・・つまり「充実した」学校生活をともに築こうと、担任、学年の先生が尽力してくれています。そのことを分かってもらえればなぁと思います。そこに絆が生まれ、それがかけがえのない一生の宝となりますから。

村 穂奈美(2年)

合宿での

いなかの星空を

楽しみにしてたのに

はしゃぎすぎて

見るの忘れた

※合宿の夜は友達との語らいに夢中になる夜。あとから思い返してみて、友と語らった夜は一生の宝。だから星空を見ることよりも一等上の大事なことではあります。でも・・・・、都会にかぎらずちょっとした郊外でも満点の星空を見ることができなくなった現代においては、友との語らいを10分、20分削ってでも満点の星空を見るべきだった・・・そんな葛藤(かっとう)が素直な表現で詠まれています。

安西彩里(3年)

諦めようと思った

だけど

やっぱり子どもが好き

絶対叶える

保育士という夢

※力強い決意の歌ですね。諦めようと思った理由は何か表現する行数がなかったのでしょうが、それは何であれ、「子どもが好き」だという原点が安西さんを夢に向けて突き動かしていることがよくわかります。安西さんは瞳がとてもしっかりしている人だと思います。その瞳を保育士の夢にまっすぐつなげ、子ども達に優しく注ぐ決意を忘れないならば、きっと夢は実現するでしょう。頑張れ!!

太田淳子(3年)

今年最後の大会

高校最後の大会

辛い練習の成果出しきって

良いタイムだせた

そして引退

※引退・・・ちょっと寂しさもありますが、誇りに満ちた言葉にもなります。最高の成績ならずとも、最後まで気を抜かず、手を抜かずに全力を尽くして燃焼したときに、引退は最高の誇りを伴うものです。それが太田さんは「良いタイム」を出しての引退。二重の誇りです。

相田菜々子

一年生の合宿

おこられ泣いて

二年生の合宿

またおこられ泣いて

三年生の合宿・・・・・。

※いつの世でも、下級生にとって、練習で「涙」し、先輩からの「薫陶」に「涙」するのはつきものなのです。しかし、上級生はその限度を越すと許されないことがあることをしっかり自覚して下級生に対しなければならないということも昔からの常識。相田さんにとって<自らの三年生の合宿>は尊敬に値する三年生だったことでしょう。いつもの相田さんの表情が読み取れる五行歌です。

|

« 「コブラを食べる」の続き & 学校風景 & 三年生 | トップページ | バッタンバンより~第2の視察校~(執筆:樋口) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134810/13701577

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業生来訪・雛人形 & 五行歌;産経新聞平成18年12月14日掲載:

» 保育士合格ためのA&A [保育士合格のためのQ&A]
保育士合格ための総合サイトです。 [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 20:54

« 「コブラを食べる」の続き & 学校風景 & 三年生 | トップページ | バッタンバンより~第2の視察校~(執筆:樋口) »