« 講習補習終了 & たくさんの卒業生の来校 & 正門山桜の満開 | トップページ | プノンペンで見た景色(3) ~格差社会編~ (執筆:樋口) »

2007年3月27日 (火)

20日終業式あいさつ & バレーボール部

  • 070327kado_arrengement ← 華道先生の作品(アレンジメント)。
  •  
  • 試験休みから春休みと、生徒作品の展示がない間、華道の先生が飾ってくださっています。

■新年度公式戦初戦突破を狙うバレーボール部■

  • 070327volley2 070327volley3_ootani 070327volley4
  • 春休みも一週間が過ぎましたが、バレーボール部が連日、練習に余念がありません。
        •  
  • チーム編成ぎりぎりの人数ですが、初戦突破が悲願。監督顧問の樋口先生に加えて、大谷先生もコーチを買ってでてくれています。上は樋口先生がトスあげて大谷先生がアタックしたのを受ける練習。

■チューリップが咲きました■

  • 070327turip 070327turuyasan ← 事務室脇のチューリップが咲いています。
  •  
  • 用務員の鶴谷さんが丹精込めておられるものですが、きょうも花々の土の入れ替え作業をしておられました。

20日終業式;校長訓辞、2教諭講話■

070327_0320siki2_kunji 校長訓辞では、≪珠玉の73人≫と題して話しました。

  • 「三年生が巣立っていき、はじめての一学年だけによる終業式を迎えました。
  •  これからいよいよ皆さんは三年生に進級しますが、同時に自分の有終の美と本校の有終の美を同時に飾って巣立ち行く一年間を過ごすことになります。
  •  そういう皆さんが、さきほどの校歌斉唱、ただいまのおはようございますとの挨拶。ともに三学年がそろっているかと思うような元気の良い大きな声で感激しております。
        •  
  •  皆さんはさきごろの三年生送別会、卒業式において、本当に真心こめて三年生を送り出しました。後輩がいないというハンディをまったく感じさせず、ただただ上級生に心を尽くす一心で行事と式典を成功させた。とても感動しました。
        •  
  • 070327_0320syugyoku_no_73ninそんな皆さんに≪珠玉(しゅぎょく)の73人≫という言葉を捧げたいと思います。
        •  
  • 「珠」は真珠の珠、玉は欠けた所も曇りもないまん丸の玉。両方ともに宝石を表します。≪珠玉のような≫とは、宝石のように小さくてもとても大事なもので尊い存在を表すときに使うことばです。「小さくともきらりと光る」という言葉と同じです。
        •  
  • 私たち教職員は皆さんをこれから一年間、珠玉のように尊い存在として、手塩に掛けて育ててまいります。皆さんもそれにこたえて、しっかりした高校生活を送り、3月2日の卒業式には進路の栄冠をつかんで巣立っていくように頑張ってほしいと思います。」

070327_0320siki3_hattori 服部先生はボランティア活動について話されました。

  • 「きょうもボランティア委員の皆さんが毎月恒例の大倉山商店街の早朝美化活動をしてきました。平成19年度は一学年だけの少人数で、この早朝美化活動に取り組むことになりますが、ぜひ積極的な参加をお願いしたいと思います。
        •  
  • 「そんなお金にならないことをするなんて・・・・」というようにボランティア活動をいやがる人がいます。でも本来、ボランティアというものは、自分自身を豊かにするために行うものです。
  • ただ私は思っているのですが、ボランティア活動をする人としない人では、きっとその人が手にする生涯賃金に大きな差が生まれると思いますよ。
  • そういうことも考えて、商店街早朝美化活動の意味をもういちど考えて取り組むように致しましょう。」

070327_0320siki4_uotani 魚谷先生は、「アフリカで靴を売る」というたとえ話をされました。

  • 「『アフリカで靴を売る』という話があります。
  •  
  • ある商社マンの二人が、アフリカの発展途上の地域で、どれぐらいの数の靴が売れるか調査を命じられました。調査に出かけてみて、その地域では、誰も靴をはいていないのを見て、二人とも驚きをもって帰国しました。
        •  
  • Aさんは「大変です。アフリカでは誰も靴をはいておりません。これじゃあ、いくら靴を売りに行っても無駄です。」と報告書を書きました。
        •  
  • Bさんは「大変です。アフリカでは誰も靴をはいておりません。ですから飛ぶように売ることができます。どんどん靴を生産してください。」と報告書を書きました。
        •  
  • この話は、ひところマーケティング戦略セミナーで話題になった話ですが、ものごとをとらえるときに、どういう視点に立つかで決定的な違いが起きることを示しています。
        •  
  • 皆さんも、ことに取り組むときに、否定的にみるのではなく前向きにとらえることを心がけてほしいと思います。

|

« 講習補習終了 & たくさんの卒業生の来校 & 正門山桜の満開 | トップページ | プノンペンで見た景色(3) ~格差社会編~ (執筆:樋口) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20日終業式あいさつ & バレーボール部:

« 講習補習終了 & たくさんの卒業生の来校 & 正門山桜の満開 | トップページ | プノンペンで見た景色(3) ~格差社会編~ (執筆:樋口) »