« 強風と吹奏楽部 バレー部 埋蔵文化財センター 卒業生 | トップページ | 校庭の花々 & エリツィン元大統領死去 »

2007年4月23日 (月)

授業「平然と車内で化粧する脳」 & カンボジア募金

  • 66666 の切り番に当たった方、メールなどで住所をお知らせください。記念品を差し上げます。

■華道■

070423kado_jimusitu 070423kado_taiikukanguti ← 華道の先生と管理員さんによって飾られているアレンジメントと切り花。

事務室窓口と体育館渡り口に飾ってあります。

■ケヤキ■

070423keyaki_happa_tukanai  ← 裏門のところにあるケヤキです。毎年、立派な枝ぶりに青々とした葉っぱをたたえる姿が目に優しいのですが(例えば昨年5月12日校長日記)、今年は、写真のように、葉っぱが部分的にしか出てきておりませんでした。

070423keyaki_happa_detekitaずっと木が枯れるのか、何かが起きるのか、心配というか不気味に思っていました。ニュース性があるにもかかわらず不気味なので校長日記に掲載してきませんでした。

ところが、 ↑ 今日よく観察すると、今まで芽吹いていなかった枝にも若葉がつき始めています。5月になると、去年のように全体が青葉で覆われるだろうなとホッとしているところです。

■卒業生が募金■

070423_0419bokinbako_kanbojia_up 070423_0420sotu_bokin ← 19日の校長日記で、カンボジア教育支援募金箱の設置をお知らせしましたが、さっそく20日(金曜日)来校してくれた卒業生三名が募金してくれました。(撮影;樋口先生)。ありがとうございました。

  • 今日も卒業生が来校していましたが、写真はお預けでした。

ネオテニー と 「子育て」について■理系クラス日本史の授業から)

070423neoteny_nomiso ← 澤口俊之・南伸坊共著「平然と車内で化粧する脳」(扶桑社文庫)という本です。3年前に出た本ですが、私は最近知りました。

この本に「ネオテニー」ということが出てきます。その紹介をしたいと思います。

  •  今年も日本史の授業を持っていますが、今日の授業の導入で、この本に触れました。

 授業の最初に、「皆さんは、電車やバスの中で平気で化粧をする人をどう思いますか? また自分はそういうところで平気で化粧できると思いますか?」と発問。

  •  返事は「化粧自体をしたことがないです」というもの・・・高校生ですものね・・・私の発問が間違っていました。それでも仮定の話として問いかけると、一様に「恥ずかしい」ということで、私としてはほっとしたところです。 

 日本人の娘さんが電車やバスでおおっぴらに化粧道具を出して、人目をはばからず顔に塗りたくる姿が見られ始めたのは、ここ10年ぐらいのことでしょう。上の本によると、それは、日本人が「ネオテニー」であることに関係するのだそうです。

  •  ネオテニーというのは、ある生物が生き残るために幼生の体(こども)のまんま成体(おとな)の体に成長することで幼形成熟というのだそうです。サンショウウオの仲間のウーパールーパー(アホロートル)が例として分かりやすいといいます。
  •  サンショウウオはこどものときは、敵から身を守るために水中だけで生活します。だからエラ呼吸ですが、おとなになると獲物を探しに陸上に進出するので、エラがとれて肺呼吸になります。ところがウーパールーパーはサンショウウオのくせに、エラがついたまんまおとなになって、ずっと水中生活するのだそうです。
  • しかし、それは「退化」ではなく敵から身を守る「進化」なのだと言います。このように身を守るために「幼い状態を長くつづけること」、そして「そのまんま大人になる場合もあること」、こういう「進化」をネオテニーというのだそうです。

 話題は人類の歴史に飛びますが、人類は400万-500万年前に、アフリカ大陸で類人猿の仲間から分かれて「ヒト」として歩み始めました

  •  ヒトは類人猿に対して一種のネオテニーなんだそうです。類人猿の子供はあっというまに大人になりますが、ヒトは乳幼児の段階がとても長く、子育てに大変長い時間と手間暇(てまひま)をかけなければならないから「ネオテニー」というわけです

 ところで、ヒトはアフリカ大陸から地球全体に進出する過程で、大きく三つの人種に分かれました。

  • ネグロイド(黒人)、コーカソイド(白人)、モンゴロイド(黄色人種)の三種です。
  •  アフリカ大陸からヨーロッパに渡った人類が「コーカソイド」になりました。
  •  そのままアフリカ大陸に居つづけたヒトは、ぎらつく太陽光から皮膚を守るために黒化させ「ネグロイド」となりました。
  •  ヨーロッパのコーカソイドの中からさらにアジア大陸の中央モンゴル平原を求めて移動したヒトが「モンゴロイド」となりました。
  •  日本列島に渡ってきたのはモンゴロイドの一群ですから古くから住む日本人はれっきとしたモンゴロイドの仲間です。

 この三人種の中で、モンゴロイドは中央平原という厳しい環境の中で生き残らざるをえなかったために、他の二つの人種よりも「ネオテニー」化が進んだらしいのです。つまり、ほかの二人種よりも、「大人になるのを遅らせて、子育てにじっくり時間をかける」人種に「進化」したというわけです。日本人もその仲間です。

 では、なぜ、その日本人が、「電車の中の化粧」というような恥ずかしいことをしてしまうのか? それを「恥と思わない神経を持つようになってしまったのか?」

 その説明は明日にまわしたいと思います。(※24日追記:出張が入っておりましたので、続きは、25日になります。ご了解願います。24日は校庭の花々とエリツィン元大統領死去についてです。)

|

« 強風と吹奏楽部 バレー部 埋蔵文化財センター 卒業生 | トップページ | 校庭の花々 & エリツィン元大統領死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134810/14821967

この記事へのトラックバック一覧です: 授業「平然と車内で化粧する脳」 & カンボジア募金:

» 平然と車内で化粧する脳 [子育てアパブロ]
昨夜の電車で目の前に立った女性がまつげに黒い色を塗りはじめました。 けっこう揺れ [続きを読む]

受信: 2007年4月30日 (月) 06:30

« 強風と吹奏楽部 バレー部 埋蔵文化財センター 卒業生 | トップページ | 校庭の花々 & エリツィン元大統領死去 »