« ひまわりの植え付け&新しい管理員さん&生徒との会話&武蔵工大環境情報大学祭 | トップページ | バレー部動画 水泳部初泳ぎ 五行歌<産経新聞1月11日掲載> »

2007年5月24日 (木)

創作寓話「虎と猫」&頑張る生徒と教職員

  • 本日で試験終了。生徒の皆さん、お疲れ様。今日の実力模擬テストは朝から午後4時まで受験した生徒もいました。

■体育祭・学園祭に向けて長時間の職員会議■

  • 070524_0517kyosyokuin_syugosyasin 先生たちも生徒の精進にこたえて頑張っています。夜遅くまで職員会議で入念な話し合いをしてくださいました。そういうことで、校長日記も遅いアップとなりました。
  • 写真は先日、卒業アルバム用に撮影した職員集合写真。
  • 070524sinkokuritubijutukan  ところで、佐野教頭は本日の職員会議は準備だけで、会議は欠席。では何をしているのでしょうか?
  •  ←まずはこの写真をご覧ください。最近、六本木にできた新国立美術館の写真。立派な建物ですね。
  • 佐野教頭は本日より来週始めまで毎日書展の審査員として缶詰なのです。やっぱり頑張っています。
      •  
  • 070524roppongi_arttryangle ← 新国立美術館ができて、六本木ヒルズ近くの森美術館、サントリー美術館と三つあわせて「アートトライアングル」というそうです。
  •  
  • ↑この二つの写真・図は、それぞれ次のサイトからお借りしました。
  • http://ascii24.com/news/i/topi/article/2007/01/22/667383-000.html
  • http://blog.mapion.co.jp/staff/2007/02/post_79.html

以上の次第で、校長日記アップが遅くなりましたので、本日は、取り急ぎ、創作寓話掲載でご勘弁願います。

■創作寓話<虎と猫> 1999年卒業文集掲載■

      虎と猫

 飼い猫は日がなぶらぶらしています。目が覚めると朝食が用意されています。キャットフードだけのこともありますが、時にはめざしだったり鰹節かけごはんや鯛の骨かすのようなご馳走もあります。

 昼も夜も同じように食事が用意されます。

 おやつがほしい時は、隣の家に獲物狩りに出かけますが、小鳥や金魚に手を出しても飼い主が謝ってくれるから気楽なものです。自分の家にどろぼうが入ると、犬なら「役立たず」と怒られますが、猫は何にも言われません。

 お腹がすいたら飼い主の足下にごろにゃんと体をこすりつけます。それだけで飼い主は喜んでくれます。乞食と飼い猫は三日やったらやめられません。

 ある飼い猫が動物園で虎を見ました。虎は猫の仲間なのに猫よりもずっと立派だということがすぐわかりました。体格だけでなく、顔つき、目の鋭さ、立ち居振る舞いの堂々たることなど、すべてが猫より立派です。

 虎は檻の中のとらわれの身なのに、悠然(ゆうぜん)と鷹揚(おうよう)にかまえています。猫の自分を彼の前にひざまずかせる雰囲気を持っています。猫は虎のことが羨ましくもあり、尊敬したくもなりました。

 それで、猫は毎日、動物園に通っては、オリの中の虎を眺めました。ある日のこと、虎が寝そべったり大きなあくびをしています。やがて眠ってしまいました。虎でもあくびをしたり眠っている時の姿は、さすがにすこし間抜けで威厳がありません。

 虎は歩いている時やにらみをきかせている時は、とても堂々としているのに、眠そうなときはからっきしだらしない。そう言えば動物園の虎が自分で獲物を捕える勇ましい姿も一度も見たことがありません。いつも飼育係に分けてもらっています。これじゃあ図体の大きな猫とかわらないじゃないかと思うようになりました。

 そういう気持ちが積もって、猫は虎をだんだん軽蔑するようになりました。図体だけ大きくて、偉そうにもったいぶっているだけじゃないかと思われてきました。

 ある時、猫は、あくびをしている虎に向かって
 「あんたがあくびをすると、本当に間抜けに見えるよ」
 とののしりました。
 「一度くらい自分で獲物をとってみろよ」
 とも言ってやりました。

  しかし、虎は何も聞かなかったかのように眠りにつきました。猫は、この際とばかりに、虎をからかおうとオリの中に入って行きました。

 そして猫が虎に言った言葉は・・・・・
 「この意気地なしのウドの大木め」

 猫の減らず口ですが、大きな口をたたきながら、猫が虎の間抜け顔につばでもはきかけてやろうとしたその瞬間のことです。虎の前足がぴくりと動きました。

 猫は虎の前足の爪の餌食となってしまいました。

 虎の<小さな間抜けぶり>を笑うことに喜びを見いだした猫は、その喜びに舞い上がって、実は自分が虎よりもっともっと卑しく小さい存在だったことを忘れてしまったのでした。どっぺん。

|

« ひまわりの植え付け&新しい管理員さん&生徒との会話&武蔵工大環境情報大学祭 | トップページ | バレー部動画 水泳部初泳ぎ 五行歌<産経新聞1月11日掲載> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 創作寓話「虎と猫」&頑張る生徒と教職員:

« ひまわりの植え付け&新しい管理員さん&生徒との会話&武蔵工大環境情報大学祭 | トップページ | バレー部動画 水泳部初泳ぎ 五行歌<産経新聞1月11日掲載> »