« vol.5(完結)不破央氏講演「夢を実現する力」報告&体育祭すみれシリーズその10 | トップページ | 美術部 生徒会長日記 食文化と華道の研究授業 »

2007年6月30日 (土)

とてもいい話2題<高校野球神奈川私学&ラッキーセブンのお裾分け>  体育祭写真すみれシリーズ(その11=完結)

  • 本日、後援会理事会が開かれました。多くのお母さん方がご来校いただき学園祭の成功などに向けて話し合っていただきました。ありがとうございました。

■ラッキーセブンのお裾分け■ 

 嬉しくほのぼのするニュースです。

 先日、アクセスカウンター77777番に当たった方は本校と同じ港北区にお住まいの方とお知らせしましたが、その方が記念品のお礼にと水菓子をたくさん届けてくださいました。

 ちょうど理事会が開かれるときで、ラッキーセブンのお裾分けになりますので、皆さんにお分けし、大変喜んでいただきました。Kさん、ご愛読にくわえ、心温まるお気遣い、本当にありがとうございました。私の心は宙に舞いました。 

■神奈川 横浜創学館高等学校 佐藤将太郎投手■

 39歳でメジャーデビューした元巨人軍桑田投手のドラマ、44歳で勝利を挙げている横浜球団工藤投手のドラマなど、野球にかぎりませんがスポーツ選手の生き方をつぶさに知ると、心打たれます。

 今、甲子園大会出場をかけて、我が神奈川私学の球児たちも汗水流して奮闘しています。きょうの神奈川新聞朝刊に横浜創学館高校のエース佐藤将太郎君のことが載っております。

 「 届け 大好きな妹に 」と見出しがつけられています。佐藤君の妹さんは障害をもっていて、兄の野球をみるのに炎天下では無理なのだそうです。

 佐藤君は小学校高学年から「長男の自分が面倒を見なくちゃ」と進んで妹の介護に当たるようになったと記事にあります。中学に入ると、「妹に自分の野球姿をテレビで見せて喜ばせたい」という夢から「甲子園」、「プロ野球」を目標にすえるようになったといいます。練習を終えて帰宅すると夜中の11時。でも「つらい時も”はーちゃん”(妹さん)の笑顔を見れば疲れが消えるんです」と言います。「好きなことをやれているだけ、自分は幸せなんだ」といいます。

 ほんとうに偉いですね。心を洗ってくれるとてもいい話です。

 ちなみに創学館高校の校長先生は熊谷先生とおっしゃいます。よく存じ上げておりますが、名文家で作曲家。神奈川私学の校長のなかでも有数の文化人でいらっしゃいます。

 実はいま、横浜商業高校(Y校)野球部に濱野広大君という名選手がいて(同じく神奈川新聞の今日の朝刊で登録選手として顔写真とともに紹介されています)、私の自宅ちかくの中学校出身なものですから、今夏はY校を応援したい気持ちが山々なのですが、やっぱり私は私学人。「私学よ頑張れ、佐藤君頑張れ」です。※もちろん幼い頃から知っている濱野君も応援します。

 佐藤君のような話をいっぱい知るごとに、私は本校が東京に移る平成20年度以降も、本校卒業生は東横学園の一員であるとともに、<永遠に神奈川私学の仲間である>ことを誇りをもって語り続けていきたいと思うのです。

■体育祭写真<すみれシリーズその11:完結>■

11回にもおよぶ連載となった体育祭写真すみれシリーズもいよいよ完結です。

「表彰式・閉会式」の模様をご覧いただきます。

Hyousyosiki1 Hyousyosiki2 Hyousyosiki4 Hyousyosiki5 Hyousyosiki6 Hyousyosiki7 Hyousyosiki8 Hyousyosiki81 Hyousyosiki82 50M走、100M走の優秀記録選手たちの表彰です。磯田さん、加賀山さん、野上さん、本田さん、伊藤さん、内田さん。

Hyousyoseitokai1 Hyousyoseitokai2 Hyousyoseitokai21 Hyousyoseitokai3  Hyousyoseitokai4 Hyousyoseitokai51 Hyousyoseitokai6 生徒会長から「ムードメーカー賞」が授与されました。体育祭を盛り上げるために最も頑張った人を表彰するものです。

小野さん、藤田さん(B組)、菊地実行委員長、加賀山さん。そして船戸先生・・・齋藤生徒会長に深々とお辞儀をする先生の姿が閉会式をさらに盛り上げてくれました。

Hyousyo1_1 Hyousyo2 Hyousyo3 表彰は競技の途中でも本部席で行いました。

各種目のトップ選手の表彰。隣りで山口理事長が見守っていただくなかでの表彰となり思い出深いものとなりました。

Heikai_kikuti  Heikai_sigenagaHeikai_itonaga閉会のあいさつは菊地実行委員長と私。実行委員の糸長さんが閉会宣言。

いままで経験した体育祭で最も印象深いものになったという声があちらこちらから聞こえてきました。

菊地実行委員長を中心として生徒の皆さん、ほんとうによく頑張った!! 讃えます。

すみれ写真工房さんが、スナップ写真を分けて下さっています(有料)。次のホームページで「閲覧・注文」ボタンをクリックしてください。ただしパスワードが必要です。担任の先生に聞いてください。

すみれ写真工房ホームページ

|

« vol.5(完結)不破央氏講演「夢を実現する力」報告&体育祭すみれシリーズその10 | トップページ | 美術部 生徒会長日記 食文化と華道の研究授業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134810/15601913

この記事へのトラックバック一覧です: とてもいい話2題<高校野球神奈川私学&ラッキーセブンのお裾分け>  体育祭写真すみれシリーズ(その11=完結):

» 本当にもらって嬉しい、おくって嬉しい、心温まる、あいさつ文を書いてみませんか? [あいさつ文 心温まる挨拶文例]
あいさつ文をいちいち考えるのは面倒とばかり、挨拶の文例の例文の書き方をそのまま利用するだけで、あなたは満足しているのでしょうか。 本当にもらって嬉しい、おくって嬉しい、心温まる、あいさつ文を書いてみませんか? [続きを読む]

受信: 2007年6月30日 (土) 17:16

« vol.5(完結)不破央氏講演「夢を実現する力」報告&体育祭すみれシリーズその10 | トップページ | 美術部 生徒会長日記 食文化と華道の研究授業 »