« vol.1<夢を実現する力>不破央氏講演記録on6月14日 | トップページ | vol.3<水の道化師>不破央氏講演記録&3B<児童文化>研究授業 »

2007年6月26日 (火)

vol.2不破央氏講演<夢を実現する力>&しゃぼん玉&最若手の研究授業

アクセス77777番の方より連絡がありました。学校とおなじ港北区にお住まいのKさん。日頃からご愛読いただいているということです。ありがとうございます。

070626kado_3a_sasakirumi

070626kado_3b_iumemayuko

070626kado 華道作品 

 3A 佐々木瑠美さん

 3B 井梅麻友子さん

■しゃぼん玉■

070626syabon4 070626syabon5 070626syabon6 070626syabon61 070626syabon7 070626syabon71 070626syabon8 070626syabon81 070626syabon9 「児童文化」の授業において制作体験。誰でもしゃぼん玉で遊んだ経験はあるでしょうが、石鹸の粘性を試してみたりはしなかったでしょう。石鹸をどのように調合したら良いかという観点からしゃぼん玉を作るのが「児童文化」の授業。

  • 古川明美先生の授業ですが、学園祭で「しゃぼん玉」を題材に何かパフォーマンスを考えておられるようです。お楽しみに。

■3年C組 研究授業 応用数学Ⅰ 角田先生■

070626kenju_tunoda5 070626kenju_tunoda6_print 070626kenju_tunoda7_print 070626kenju_tunoda8 070626kenju_tunoda9 本校で最も若い角田先生の授業です。高校野球で汗を流した好青年教師です。

昨年も新人とは思えない堂々とした研究授業をみせてくれましたが、二年目の今年はさらにわかりやすくなっていました。

 授業単元は<二次関数>。応用数学での大学入試を十分視野に入れた授業をめざしています。二次関数をもとに放物線のグラフ(↑写真参照)を描いて、そこから最大値や最小値を求める授業です。

 私どもみんな教師をやっておりますが、私ごときは一生懸命努力してなおかつ分かりやすい授業にたどりつけず生徒に苦労をかけています

 つまり、語弊があるのを覚悟でいえば、「教師が天職」ないし「天性の教師」というのはそうざらにいるものではありません。でも、この角田先生には<天性>を感じます。校長の私がほめちぎって良いものでもないのですが、大きく伸びる教員だという期待と激励をこめて書いていることをご了解願います。

■vol.2 「夢を実現する力」

  水の道化師:不破央氏(ふわ・ひさし)文化講演on6月14日■

昨日の日記の続きです。←クリックして昨日のからお読みください

      ◆      ◆      ◆

Fuwa1_bord_koukisin きょうは「夢を実現する力」と題して講演を進めます。夢を見失わないで、夢を実現する・・・このためには6つの力が必要。それは、

① 好奇心・・・アイディア・発想・発見・わくわくする感じ
② 調査力・・・情報収集、「自分を知る」ことも含む
③ 努力・・・鍛錬、トレーニング
④ 行動力・・・体験する、失敗も含む
⑤ 協力・・・応援してもらう、人の力を知る
⑥ ( ? )・・・

 最後の( ? )は一番終わりに話します。

 13歳の年でした。静岡県の中学生だった。反抗期、親の顔を見るのもいやだった。何でも「うぜー」「ほっといてくれ」。学校に行けば喧嘩、目は吊り上がり、マイナス思考しかしない中学生だった。

 その俺に「オリンピック選手になれ、東京に来い」と勧誘がきた・・・「東京?親元を離れられる・・・アメ横、金八先生の荒川、原宿がある所だ」・・・それだけで東京に出た。

Fuwa2_kao  東京へ来たら、こんな顔のY先生が指導者だった。

(顔の絵を描く)

 こんな顔で、いきなり「バーベルを運べ」だよ。

Fuwa3_baberu  5kg 10kg 15kg 20kg と重量が増えていくうちヨタヨタとしか運べない。Y先生に呼ばれた先輩が20kgを軽々と運んでいく。Y先生「基礎体力がないな、腕立て伏せは何回ぐらいならできるか?」 「100回ぐらい?」と答えると、

Fuwa4_baberu  Y先生「じゃあ、その10倍だ。1000回!」 「できねー」と思っていると、Y先生「何のために出てきたんだ?オリンピックをめざすためだろ?いいか、オリンピックで世界一になろうと思えば誰でもなれるんだよ。しかし問題はトレーニングに耐えられるかどうかだ。だから1000回やれ」

 「?」

070614fuwa_09  「できなきゃ10回を100セットやれ」

 「10回ずつか、それならできそうだ」 と思って始めた・・・

5-6セット目まではどうにか、10セット目はもう腕が曲がらない、首だけが動く「首立て伏せ」状態・・・

070614fuwa0_1  それでも何とか1000回終えた。

 翌日は筋肉痛の雨あられ・・・なのに毎日やらなければいけなかった。一ヶ月ほどたつと終わる時間が30分ほど早くなった。

 そうしたら、今度は先生いわく、「腹筋1000回、背筋1000回、スクワット1000回。この中から好きなのを2つ選んで3月までやれ!」 「あれ、俺ら水泳をやりに東京に出てきたんだよな?」 ・・・以後、水をみたのはプールではなくて風呂の水と先輩たちのシャツを洗濯する水だけ・・・毎日筋トレだけ。

Fuwa5  3月が過ぎて、Y先生いきなり、「来週試合だ、日本選手権」

 「えーっ!水泳していないのに?」と思ったけど、やっと水泳できると嬉しかった。

Fuwa6  水泳競技場にはスーパースターがいっぱい・・・でも俺は「ちょっと待て」と考えた・・・「俺は延べ十万回の腕立て伏せをやったんだ」・・・ さあプールに飛び込んだ。ぐいぐい進む、腕に水が当たる感じがわかる、ゴールタッチ、トップと8/100秒差、自己ベストを6秒も縮めていた。

 ちょっと復習。オリンピックに出たいという<好奇心>から東京に出てきた → ところが体力がないということが、Y先生の<調査>でわかった → Y先生の「やれ!」で筋トレの<努力>をした → 水泳していなかったのに「試合に出ろ」と言われて実際に出た<行動> ・・・・・・ 思わぬ成長をしていたので、さらにオリンピックに出られるかもという<好奇心>がふくらんだ。

※(重永)きょうはここまでです。いよいよ話が佳境に入っていきます。明日をお楽しみに。

|

« vol.1<夢を実現する力>不破央氏講演記録on6月14日 | トップページ | vol.3<水の道化師>不破央氏講演記録&3B<児童文化>研究授業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: vol.2不破央氏講演<夢を実現する力>&しゃぼん玉&最若手の研究授業:

« vol.1<夢を実現する力>不破央氏講演記録on6月14日 | トップページ | vol.3<水の道化師>不破央氏講演記録&3B<児童文化>研究授業 »