« 視聴覚教室&球技大会 | トップページ | 国内留学プログラム&球技大会名場面集その2 »

2007年7月14日 (土)

球技大会名場面集その1&卒業生からのメール

  • 明日とあさって、校長日記連休をいただきます。
  • 皆様とも台風にお気をつけください。身内話のようになって恐縮ですが、私の故郷、宮崎県西都市は空前の降水量で被害が出ているようです。故郷の皆様、お大事に。
  • 卒業生吉田真紀さんのラジオ出演が16日にあります。ぜひお聴き願います。
    • ラジオ日本(AM1422)7:44頃 NHKラジオ(AM954)7:50頃 東京FM(FM80・0)8:11頃 ベイFM(FM78・0)

■卒業生 旧姓和田まことさんと古川明美先生のメール交換■

太鼓部初代部長の卒業生からメールが届きました。太鼓部顧問の古川明美先生の返信とあわせ紹介します。

和田さんは剣道部長でもあり、顧問は私で大会にも出場したりしました。生徒会副会長もつとめ活動意欲旺盛な高校生でした。

<旧姓和田まことさんからのメール>

  • たまに校長日記を見させていただいていますが、いつも時間がなくTOPページをさら~っとしか見れないのですが、今日はたまたま余裕があり色々とじっくり拝見させて頂きました。
  • 驚いたのは・・・太鼓部が今でも活動していることでした。今年は何名の子達が部員としているのでしょうか?初代の部長として、今年最後の神無祭で私がしてあげれることは何かありませんか??
  • 思いおこせば、19年も前の話です!?生まれた子供が成人を迎える歳なんですね・・・。もうそんなになるんですね!たまたま職員室にいた私が、太鼓をやることになって、有志から同好会→太鼓部までに大きくなりました。
  • 私はこの『太鼓』を通していろんなことを学んだように思います。いろんな意味でチャレンジする難しさ、大変さ、それをやり遂げたときの達成感・・・明美先生には本当に感謝しています。
  • 実は、娘がもう少し大きくなったらまた太鼓をやりたいな・・・と思っているんですよ。体がついていくかが問題ですが・・・(苦笑)
  • なんだか、メールをせずにはいられなかったので、メールさせて頂きました。

<古川明美先生の返信>

  • 校長から、まことさんの太鼓部の在校生への思いをお聞きしました。とても嬉しいです。ありがとう。
  • 今の太鼓部は、1年生のときから部員は2名。2年になって加入した部員が1名。合計3名で活動しています。
  • 馬車道保育園と熊野神社星祭で演奏しました。下をクリックしてみてください。さらに在校生の依頼で去年の卒業生にお手伝いしていただいています。

    http://okurayama.way-nifty.com/kocho/2007/02/211_b223.html

    http://okurayama.way-nifty.com/kocho/2006/07/71_b562.html

  • 私が太鼓を始めたのは○○歳の時で、まことさんは高校生のときにはじめ、しかもあれだけ上手にたたいていたのですから、子育てがひと段落ついてから再開しても充分できると思います。
  • 私はもう○○歳になり日常的に運動をしていないので、筋力体力の衰えを日々実感している状況です。でも何でもやるのが好きなので、思い立ったらすぐにやってしまい、後で体中に痛みを感じては反省するということの繰り返しです。
  • 3月の三年生送別会で、初めて私の「南京玉すだれ」を披露しました。このあいだ通販で、そのための衣装を購入しました。今年の学園祭では昼に沖縄のエイサーを踊ります。重永先生も揃いのTシャツを着て踊る予定ですので、ぜひ見に来てください。

以上の古川明美先生のメールを送ったら、まことさんから、私重永が踊るエイサーを見るのは「我が子の踊りをみる思いだ」と返信がきました。

年齢が私のほうがもちろん上ですので、教え子から言われる言葉としては面映い(おもはゆい)のですが、でも、とても嬉しい心持ちがします。

■球技大会名場面集その1■

シリーズで掲載してゆきます。写真掲載の順番が時間軸と逆になってしまいました。

卓球(優勝ダブルスチームと教員チーム)、テニス決勝戦、閉会式の模様の写真です。

79 80 81 82 83 84

85 86 87 88 89 91 92 93 94 95 96 97 98 99

|

« 視聴覚教室&球技大会 | トップページ | 国内留学プログラム&球技大会名場面集その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 球技大会名場面集その1&卒業生からのメール:

« 視聴覚教室&球技大会 | トップページ | 国内留学プログラム&球技大会名場面集その2 »