« 視聴覚教室&9月学園祭スナップ写真 | トップページ | 卒業生来校&避難訓練 »

2007年11月28日 (水)

宝塚劇場「アデューマルセイユ」&植木さんのTV取材

■植木愛美さんテレビ取材を受けることに■

 11月26日の校長日記で、書道部の植木愛美さんが「書の甲子園」大賞受賞で毎日新聞に一段見出しで報じられたことをお知らせしましたが、今日、またまたビッグニュースが飛び込んできました。

 ケーブルテレビ局の itscom(イッツコム)より書道部顧問の佐野教頭先生に「取材させてほしい」と連絡が入り、12月5日に取材を受けることが決まりました。

 植木さんに「素晴らしいことですね」と祝意を伝えると、植木さんの返事は「まだまだ実力不足なのに、こんな取り上げられ方をするなんて、恥ずかしいです。」というものでした。

 この謙虚さが実力をますますつけることになると思います。大学に進んでも書道を続けるということですので、初心を忘れずに進んでほしいと思います。

Takaraduka20000126_1■27日視聴覚教室 in 東京宝塚劇場「アデューマルセイユ」:春野寿美礼サヨナラ公演■

Takaraduka20000126 Takaraduka20000126_2      昨日、日比谷の宝塚劇場で視聴覚教室でした。

Takaraduka20000126_4Takaraduka20000126_5 開演になってからは写真撮影禁止でしたので、風景と劇場緞帳だけをご覧に入れます。

Takaraduka20000126_6 公演は、世界大恐慌で、全世界が苦しんでいる時代のフランスを舞台に繰り広げられました。国際刑事警察が、港町マルセイユにおいて米国ドル偽札を作るフランス=マフィアと戦う物語でした。

 ラブストーリーが織り交ぜられたり、幼馴染の友情の危機がエピソードとして組まれたり、分かりやすい内容でした。

Takaraduka20000126_9

Takaraduka20000126_3

 生徒たちは、タカラジェンヌの華やかな衣装、舞台装置、目もくらむ照明やネオンにすっかり魅せられていました。いや私のような者でも惹きつけられました。

 十年以上前に一度、視聴覚教室で宝塚観劇したことがありますので、それ以来、私は二度目の宝塚体験でした。終演後、「こりゃ、三回目をみたら、きっと<はまる>な」と教頭先生たちと軽口をたたきましたが、宝塚ファンの気持ちがいやというほど分かる視聴覚教室でした。

Takaraduka20000126_8

 すぐ近くの日比谷公園の紅葉がきれいでしたが、終演後、撮影に出向こうと考えていたのですが、外に出た時はすでに暗くなっており、大変残念なことに撮影できませんでした。

Takaraduka20000126_7

 その代わりにもならないのですが、日比谷公園方面を望む日比谷の夜景を撮影致しました。

 大倉山梅林公園の紅葉もだんだん見頃になってきていますが、銀杏の黄葉がまだ十分ではありません。来週末、撮影したいと思いますので、お楽しみに。

|

« 視聴覚教室&9月学園祭スナップ写真 | トップページ | 卒業生来校&避難訓練 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚劇場「アデューマルセイユ」&植木さんのTV取材:

« 視聴覚教室&9月学園祭スナップ写真 | トップページ | 卒業生来校&避難訓練 »