« やっぱり大相撲 & 華道作品 | トップページ | 卒業式(3月2日・日曜)&五十年・統合記念式典(2月14日木曜) »

2008年1月29日 (火)

生徒会長日記&丸山さん(管理員さん)の心

■生徒会長日記■

080129kimagurekaichonikki_by_saitom 齋藤美紀生徒会長の「気まぐれ会長日記」新年第1号です。

 歴史に題材をとってのもので、今後に続くと予告されています。

 楽しみですね。

お久しぶりです。今年最初の会長日記です。

今日は「茶々」について書こうと思います。

私は冬休みに映画をみにいきました。

みた映画は

茶々 天涯の貴妃(てんがい の おんな) です。

みなさんは茶々を知っていますか?

私は名前しか知りませんでした。

茶々は織田信長の姪で、豊臣秀吉の側室の中で最も愛され、徳川家康から怖れられていたそうです。

映画を見に行くキッカケとなったのはCM。

ただ「衣装がすごそう」という軽い気持ちでみに行きました。

原作があればだいたい本を読んでから映画館に行くのですが、私は歴史小説が苦手なので今回は読まずに行きました。(原作井上靖「淀どの日記」)

続きは後日・・・。

日本史には多くの英雄があらわれていますが、信長-秀吉-家康はその最高の三傑といえるでしょう。男に負けず日本史を彩った女性群像のなかで、茶々(後の淀君)はやはり指折り数えて知られている人でしょう。その人の映画が封切られていることすら私は知りませんでした。不覚をとりました。

■3月2日卒業式へ向けて丸山さんの心■

 今日も大変冷えた日でした。

 廊下を歩いていましたら、冷え冷えとした空気のなかに丸山さんの姿が。なにやら作業をされています。丸山さんが私に気がついて手招きされますので、心うきうきとそばに寄りました。丸山さんが何かされているときは、ほぼ十中八九、驚きや喜びがあるので、心うきうきになるのです。

080129yamazakura_by_maruyamakanriin ← 丸山さんが手にしておられるのは、何かの枝です。

 足元にもたくさんの枝があります。

 話を聞きますと「卒業式の準備です」とおっしゃいます。「え、いくら何でも早すぎる・・・」と思っていますと、かくかくしかじか・・・・・とのこと。

 種明かしは卒業式まで致しません。それまで、あれこれご想像になってお楽しみください。種明かしが分かると、丸山さんの卒業生に対する思いに感動してどなたも心が震えるとおもいます。

 ※ほんとうは以上のことも書かないでおこうかなと思ったのですが、卒業式に向けた心の盛り上げになると思って書くことにしました。式典というものは、その日いちにちで成り立つものではなく、そこに向けてだんだん気持ちを盛り上げていくさまざまな準備や取り組みがあってはじめて成功するものだと思うからです。

|

« やっぱり大相撲 & 華道作品 | トップページ | 卒業式(3月2日・日曜)&五十年・統合記念式典(2月14日木曜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生徒会長日記&丸山さん(管理員さん)の心:

« やっぱり大相撲 & 華道作品 | トップページ | 卒業式(3月2日・日曜)&五十年・統合記念式典(2月14日木曜) »