« 本校のマスコットアイドル | トップページ | 初雪&カンボジア »

2008年1月22日 (火)

梅や椿、寒中春ちかし&カンボジア遺跡発掘ニュース

080122koyomi20080122

今日の暦のことば

【天才は忍耐であるビュフォン:1705~1788 フランスの博物学者=動植物学者

 エジソンが「天才は1%のひらめきと99%の汗である」と言ったといわれることから、よく「天才は努力である」と耳にしますが、天才は忍耐であるというのは初耳です。でも、なるほどと思わされます。

 「継続は力なり」という言葉があり、まことに至言ですが、どんなに才能の優れたものでも継続した努力がなければ才能は開花しませんし、持続しません。

 三日坊主は誰でも経験していることですが、同時に誰もが、「継続するということは大変困難である」ことを知っています。継続するには忍耐力を必要としますから、「天才は忍耐である」は名言といえます。ビュフォンという人物については上の名前のところをクリックしてください。

■寒中春ちかし・・・校内の花■

080122siraotome_tubaki_no_ki2008012

昭和47年卒業記念植樹の椿「白乙女」が今年も花をつけました。(体育館渡り階段の脇の急階段に咲いています。)

 つぼみをたくさんつけていますので、もうすぐ爛漫とした華をご覧いただけると思います。 080122ume_no_ki20080122 080122ume_no_ki20080122_1 080122ume_no_ki20080122_2

←校庭の梅もつぼみをつけました。中にはほころんでいる紅梅が一輪二輪あります。

昨日は大寒。ほんとうに寒い日が続いていますが、花々は春が近いことを感じているようです。 080122syokuinsitu_uraniwa20080122

職員室の裏庭です。一番奥まで行って撮影しました。

 裏庭であっても、鶴谷さんを中心に用務員さん管理員さんたちが丹精込めてお世話いただいていますので、風情ある風景になっています。

.

■カンボジア遺跡発掘について■

080122kanasin_cambodiaiseki

←今日の神奈川新聞にカンボジアのことが載っていました。

2千年ほども前の「水の祭壇」と水路が発掘されたそうです。

昨年(平成19年)2月19日の校長日記にゲストライターの樋口先生(教務部長)が、カンボジア人は古来、水の神様(蛇の神様)をあがめてきたということを書いていますが、まさに、その遺跡が発掘されたわけです。世界最古の「水の祭壇」ではないかと新聞に書かれています。

ちなみに発掘された遺跡の場所は、カンボジアの大倉山校「ターナッ小学校」のあるところから100㎞ぐらいの場所です。横浜から御殿場ぐらいまでの距離です。

こんど行ってみたい気持ちがわいてきました。

|

« 本校のマスコットアイドル | トップページ | 初雪&カンボジア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134810/17785383

この記事へのトラックバック一覧です: 梅や椿、寒中春ちかし&カンボジア遺跡発掘ニュース:

« 本校のマスコットアイドル | トップページ | 初雪&カンボジア »