« ≪人間臭さと許されざること≫再録記事:平成18年2月6日 | トップページ | 日曜日特別掲載:15万アクセス、同窓会役員会、本年卒業生来訪 »

2008年3月29日 (土)

今日の山桜&卒業生&佐野先生トークショー&≪二年前卒業生の創作作品集by平野由紀子先生指導≫平成18年2月9日記事の再録

  • 今日中に15万アクセス達成すると思います。ヒットされた方、ご連絡願います(右欄メルアド)。粗品を送ります。

motorsports佐野先生が新聞報道された書道展flair

080329syodo_kanagawaten佐野先生が作品紹介のトークショーに出演され、今日(3月29日付け)の毎日新聞で報道されました。新聞記事は31日に掲載致します。

横浜駅東口≪そごう美術館≫

3月28日~4月6日の間、佐野先生の「遊」という文字が展示されています。

  • 皆様こぞってお出かけください。

cherryblossom名木山桜が咲き始めましたbud

080329yamazakura_hoka_hana2008032_2

体育館横の山桜は日当たりの加減でしょう。

毎年、樹齢270年の名木山桜よりも早く咲きます。もうすでに満開の風情です。

080329yamazakura_hoka_hana20080329_

080329yamazakura_hoka_hana2008032_3

080329yamazakura_hoka_hana2008032_4

名木山桜もちらほらと咲き始めました。

あと数日もすれば五分咲きにはなって見頃となるでしょうが、3月31日午後5時をもって校門閉鎖となりますので、中に入れないのが残念です。

    080329yamazakura_hoka_hana20080329   080329yamazakura_hoka_hana2008032_5 080329yamazakura_hoka_hana2008032_6←事務室横のしだれ桜もピンク色の蕾(つぼみ)がいっぱいふくらみ始めました。

通学階段には黄色い連翹(レンギョウ)と白い雪柳が花をつけて、黄色と白の競演を見せてくれています。

.

.

virgo卒業生訪問bud

060511_koutyousitu_syodo_heisei2nen_tuti

平成元年の全国書道展に神奈川県代表として出品された作品

これを書いた土屋喜美さん(現姓姫野さん)がご子息の優樹(ゆうき)君と訪問してくださいました。千葉県の市川市から。優樹君の写真は後日掲載。

  • また太鼓部の原さん、林さん、軽音部の福田さんが古川明美先生と梅林公園に花見にいった帰りに学校に立ち寄ってくれました。楽しい写真を見せてくれましたので、後日掲載します。

080328sotu_07kojima_miyahara_takeut

←昨日訪問の昨年卒業生。夕刻来てくれました。左から、兒島さん(ボランティア委員長、風紀委員長)、宮原さん、竹内民さん。他の二人に比べて竹内さんは久しぶりの訪問。

  • 実は私は竹内民さんは小さい頃から知っています。本校に入学してきたときはびっくりでした。
  • 宮原さんはJHP(海外に学校を作る会)の活動に参加してカンボジアに行きたいと抱負を語ってくれました。

080326sotu_08ono_ueki_95hayasikunii小野さん、國井さん、植木さん。大先輩の國井さん(鶴見名物よこはま焼の國井さんです)を真ん中に今年卒の後輩という関係でカメラにおさまってもらいました。

080325sotugyosei_07sotu_katuno_naga昨年卒業の勝野さん、永野さん、岩村さん(ダンス部長)。

永野さんは本校案内パンフレットの表紙を飾ってくれた人です。当時の案内パンフを持って写ってもらおうと考えたのですが、すべて引越し作業で等々力の東横学園に保管すべく送ってしまった後でした。

以下は、2年前の2月9日の記事再録です。

pencil47期生の創作作品集book

平成18年2006)、三学期、「国語表現Ⅱ」(選択科目;担当平野由紀子先生)の授業で全員、創作に挑戦しました。

  • 平野先生は平成20年4月より、聖学院および女子聖学院で教鞭をとられます。

 では、47期生の創作作品集をご覧ください。

060209kokugohyogen_sousakusyu_hyosi

060209kokugohyogen_sousakusyu_hiranojobun060209kokugohyogen_sousakusyu_mokuji

左から、

①表紙、

②平野先生序文、

③生徒作品の目次です。既存の物語のパロディが多いですが、パロディも立派な作品です。創作をするには、パロディに挑戦するほうが始めやすいかもしれませんね。

060209kokugohyogen_sousakusyu_mokuji←目次をみるだけで、読みたいとわくわくした気持ちになりませんか?

 力作ぞろいでした。

 それでは、要約をお読みください。読めば、皆さんも創作に挑戦したくなりますよ。.

石川絵津子さん 【憧れの「クマ吾郎」おじさん】

  • クマ吾郎おじさんは強くてかっこういい白クマ。それに比べてお父さんクマはぐうたらクマ。子供たちの幻滅の声を聞いたお父さんクマは発奮しました。・・・・

江田幸菜さん 【白雪姫とその仲間たち】

  • 白雪姫のパロディです。白雪姫の作戦で毒りんごを飲まされたのは魔女。そこへ現れた王子様は・・・

奥村亜希さん 【花さか村日記】

  • 花咲か爺さんのパロディ。村を花と緑でいっぱいにして喜ばれていた花咲か爺さんにとって、隣の<いじわる>爺さんだけが悩みの種でした。とうとう、ある事件が発生。ところが、よくよく話を聞けば、・・・・・

片山恵さん 【白くまの話】

  • 家族を守るために近所の雄クマ、チャンドラーとの決闘に立ち上がった父親クマ、ジョニー。決闘場でチャンドラーの言うことを聞いたジョニーは、ある意味、がっかりします・・・・・・

小薬みなみさん 【桃太郎―戦後バージョン】

  • 鬼退治をした後の桃太郎は犬猿雉に分け前をやらず、威張ってばかりいます。おじいさん、おばあさんも召使としてこき使うだけです。犬猿雉は相談して、猿カニ合戦のような戦法で桃太郎と戦います。結果は・・・・・

斉藤南さん 【シンデレラ】

  • 実はシンデレラは継母に負けず劣らずよろしくない性格の持ち主でした。お姉さんの一人が優しくしてくれても邪険に扱います。お城のパーティ会場に首尾よくガラスの靴を置いてきましたが、さあ、それが・・・・

津川泉紀さん 【嘘つき少年】

  • 少年は嘘をつかない、正直で素直なのに、村人から「嘘つき」と呼ばれるようになり、理由がわからない少年は一生懸命、大声で村人たちに話します。ところがそうすればするほど逆効果。ところが、やがて、事態が好転することに・・・

森本恵美利さん 【うさぎとかめ】

  • なぜ亀が甲羅を背負っているのか解き明かし話になっています。競走することになったうさぎとかめ。なぜか早くゴールに着いたかめに対してうさぎのとった態度は・・・・

小室真由美さん 【鬼太郎】

  • 鬼の立場からみた桃太郎の話。実は鬼は弱虫、桃太郎も鬼退治に鬼が島に来たのではありませんでした。じゃあ、何しに行ったのでしょう?・・・・・

鴫原由佳さん 【七匹の子やぎ】

  • 腹のなかに石を詰められるところまでは、普通の「七匹のこやぎ」のように話が展開していきますが、さあ、石を詰められていることに気がついた狼は、・・・・・そして結末は・・・・

高橋絵美里さん 【カメに対する照れ隠し】

  • 競走を終えたばかりのうさぎとカメが丘の上で話しています。お互いに長所をほめたたえ、うさぎはカメになりたいと言い、カメはうさぎになりたいと語り合っています。それじゃあとカメが「でも、それなら何故うさぎさんは僕を『のろま』とあざけったのですか」と問い詰められます。さあ、うさぎの答は・・・・・

髙山亜希さん 【0時00分】

  • シンデレラは苦労を知らないお嬢様。鏡を見ては「世界で一番かわいいのは誰?」と聞いていました。しかし、社長である父のパーティで誰もシンデレラに近づいてきません。たった一人だけ最も嫌いなタイプの男がやってきて言うには・・・・・

増木恵里香さん 【百万回生きたクマ】

  • 百万回も生き死にを繰り返してきたシマという名のクマがいました。ところがめっぽう弱いんです。だが飢えている母子クマのために命をかけて魚をとり、傷つきながらも雄グマと戦って息絶えます。最後のフレーズが泣けます。<シマはもう二度と生き返りませんでした。何故なら「シマ」という存在は、その飢えていたクマの母子の中に、永遠に存在するからです。>

渡部祥江さん 【桃太郎じいさん】

  • 山に芝刈り、川に洗濯に行くのは若夫婦。そしてどんぶらこと流れてきた桃から生まれたのはお爺さん。さあこのお爺さんがわがまま爺さん、お嫁さんに追い出されます。反省したお爺さんは鬼が島へ行きます、そこで鬼に対してお爺さんは・・・・・

名古屋賀子さん 【ブレッドころりん】

  • おじいさんがパンを作って、そのパンを持って薪取りに山に行くのはおばあさん。おむすびならぬブレッドころりん物語です。穴から聞こえるねずみの歌声が傑作です。「ブレッドころりんすっとんとんYeah、もひとつおまけにすっとんとんYeah」、ねずみからもらったつづらに入っていたものは・・・・・

成島幸さん 【くまの休日】

  • 白くまのみーちゃんは、たーちゃんと遊ぶとき以外は一人ぼっちです。夕暮れになって、今日もたーちゃんとバイバイして一人ぼっちになったみーちゃんですが、いつも、ママとお兄ちゃんが必ず帰ってきてくれます。

|

« ≪人間臭さと許されざること≫再録記事:平成18年2月6日 | トップページ | 日曜日特別掲載:15万アクセス、同窓会役員会、本年卒業生来訪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134810/40636850

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の山桜&卒業生&佐野先生トークショー&≪二年前卒業生の創作作品集by平野由紀子先生指導≫平成18年2月9日記事の再録 :

« ≪人間臭さと許されざること≫再録記事:平成18年2月6日 | トップページ | 日曜日特別掲載:15万アクセス、同窓会役員会、本年卒業生来訪 »