« フリーダンス部 in 謝恩会(その5) &大倉山梅林公園 & 卒業生訪問 | トップページ | 卒業式:両上位校 東横女子短大&武蔵工業大学 »

2008年3月19日 (水)

特別講座≪禅を学ぶ≫by細野先生レポ(その3)生徒とご住職の問答

日本史担当の細野先生引率で、生徒5名(3A小野さん・刑部さん、3B石渡さん・村さん、3C藤井さん)が参禅しました。

  • 080227_0223tokubetukouza_zazen1 綱島山 東照寺(曹洞宗:程木昭徳ご住職様
  • 横浜市港北区綱島西1-13-15

本日のレポートも細野先生に書いていただきました。

≪4.ご住職に生徒からの質問に答えていただきました≫

080227_0223tokubetu_kouza_zazen4  Q「お坊さんは肉食をしないというイメージですが」

  • A:「実際には食べています。しかし、自分から動物をとって殺して食べる、ということはしません。頂いたものには、贈ってくださった方の「心」が込められていますので、拒否して食べないことは、その心を無碍にすることになってしまうので、ありがたく頂戴するようにしています」

080227_0223tokubetu_kouza_zazen_in_Q「頭はどれくらいの頻度で剃るのですか?/なぜ剃るのですか?」

  • A:「頭を剃っていない(剃髪していない)僧侶もいます。頻度の規定もありません。私が修行していた鶴見の総持寺では、4と9の日に剃っていました。
  • この日は坐禅修行がお休みだったのです。毎日ひたすら修行することも必要なのですが、休みを入れることも 必要なのかもしれません。」
  • 「頭をなぜ剃るようになったのかはわかりません。しかし、人間というものは弱い生き物なので、一目で俗人と異なる服装・状態にすることで、自分自身が僧侶であるという自覚が生まれるのに役立つのかもしれません」

080227_0223tokubetukouza_zazen7 Q「修行はどのようなものでしたか?」

  • 080227_0223tokubetukouza_zazen8A:「修行は総持寺で行いました。
  • 『百日禁足』というものがあり、100日間は外出ができません。
  • それは人間が環境の変化に対応するのにおよそ100日くらい必要である、という理由のようです(法事にも百ヶ日というのがありますね)。
  • はじめは先輩の僧からいろいろな決まりごとを学びますが、「はい」と「いいえ」しか答えてはいけません。それ以外のことを話すと、棒でばしばしぶたれます(警策のことでしょうか?)。体育会系だと思います。
  • それで3ヶ月間何も話さなかったのちに受付業務にまわされたところ、電話に出ても声がでない。人間使わないとごく簡単なこともできなくなるのだな、と思いました」

080227_0223tokubetukouza_zazen5  Q「今日はお粥をいただきましたが、なぜお粥なのですか?」

  • 080227_0223tokubetukouza_zazen3 A:「昔は食料事情もよくないので、お粥だと分量が増えるというのがあると思います。修行中は、朝・昼はお粥でした。食べるものが生活に影響するということがあります。お粥は消化もよく体によい食べ物なので、僧にはあっているものだと思います」

Q「ダルマは達磨禅師がモチーフであるとのことですが」

  • A:「その通りです。達磨禅師が寒いので衣を頭からすっぽりかぶって坐禅をしている姿が元です。だからダルマには手足がなく、頭から全部赤いのです。ただ、目的成就を祈願して、また達成の際にはダルマに目をいれる、というのはなぜでしょうね?」

≪5.生徒の感想(一部)≫

  •  全員「またやってみたい」との感想を、帰りの際に口にしていました。後日聞いてみたところ、
    「気持ちがリフレッシュした。今度は鎌倉でやってみたい」(石渡)
  • 「足がすごく痛かった。(達磨禅師の伝説のように)足が腐るかと思うくらい、感覚が
     なくなった。だけどよい体験ができた」(村)

|

« フリーダンス部 in 謝恩会(その5) &大倉山梅林公園 & 卒業生訪問 | トップページ | 卒業式:両上位校 東横女子短大&武蔵工業大学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134810/40289639

この記事へのトラックバック一覧です: 特別講座≪禅を学ぶ≫by細野先生レポ(その3)生徒とご住職の問答:

« フリーダンス部 in 謝恩会(その5) &大倉山梅林公園 & 卒業生訪問 | トップページ | 卒業式:両上位校 東横女子短大&武蔵工業大学 »