« 卒業生からのメール | トップページ | 再録:平成19年3月12日記事(1) »

2008年8月 9日 (土)

魚谷先生のコメント

  • 8月は土日を連休載の予定ですが、今日は短い記事を配信致します。

 8月7日付け校長日記に「大倉山五十年史」より第2期卒業生市川勝子さんの寄稿を載せましたが、それに魚谷先生がコメントをくださいました。

 心の通い合いを感じることができるコメントですので、本記事としてアップしておきます。

 (市川勝子様へ)

 お疲れ様でした。

 ゼロからの出発はどんなことも苦労の連続ですね。

 行事でおみかけしていた穏やかな姿の中に大きなエネルギーを秘めていらっしゃることを知りました。

 新たに何かを始めようと考えている卒業生に大きな励みになることとおもいます。

 華やかな同窓会の蔭に委員の方々のご尽力があることをこれからも忘れずにいようと思います。

 ありがとうございました。

|

« 卒業生からのメール | トップページ | 再録:平成19年3月12日記事(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134810/42105825

この記事へのトラックバック一覧です: 魚谷先生のコメント:

« 卒業生からのメール | トップページ | 再録:平成19年3月12日記事(1) »