« 報告≪大谷先生の訪欧科学研修≫その3:フランス:工芸・技術博物館 | トップページ | 太鼓演奏inひかりが丘保育園 »

2008年12月20日 (土)

≪頑張る長野の専門学科の生徒たち≫その2&≪12月31日柏の葉公園競技場へ≫

12月17日記事(←クリック)の続きです。

長野県高校研究発表会

本校の姉妹校の武蔵工大第二高校がある長野県の高校生研究発表会における展示です。

081216_1212seitohappyoukai7

←木の皮からつくる本格的な和紙の作成です。(木曾山林高校、木曾青峰高校共同発表)

和紙をつくる木といったら、楮(こうぞ)、三椏(みつまた)といった木が通り相場ですが、上記の両校はヒノキの皮を利用して作ったと説明文にあります。

  •  ところで、大倉山で私も、環境問題が話題にのぼり始めたころ、現代社会の授業で和紙製作にとりくんだことがあります。生徒の皆さんには夏休みの宿題にしたことを覚えている人もいるでしょうが、そのときは、ダンボールなどの紙による再生でしたね。そんなことを思い出させてくれた展示でした。

081216_1212seitohappyoukai92

←西村誠君(学校の名前をひかえませんでした。ごめんなさい)の製作した電子回路です。与えられた4時間半の中でアイデアからデザイン、製作まで全部終えなければならないコンクール(全国大会)で優秀賞に輝いた作品だそうです。

 赤外線センサーによって対象物までの距離を測って動作する回路だそうです。4時間半という時間のなかでここまで作るのですから優秀な高校生です。

081216_1212seitohappyoukai8_2 081216_1212seitohappyoukai9_2 081216_1212seitohappyoukai91

←マイクロロボットコンテストで全国二連覇した箕輪進修高校のマイクロロボット。

写真にあるように、指の上に乗るほど小さなロボットです。 081216_1212seitohappyoukai93

←これは二足歩行ロボット。倒れた状態から起き上がることができます。仰向けだろうがうつ伏せだろうが、どんな態勢で倒れていても立ち上がりました。

081216_1212seitohappyoukai94

←糸で操って動かすからくり人形。

人間の手や指で動かすのではなく、糸を引っ張るのは、コンピューターで制御された装置です。

人間国宝の方のことまで勉強してプログラミングしたそうです。

081216_1212seitohappyoukai96

←これは格闘技ロボット。

土俵の外には決して出ないように設計されている優れものでした。

.081216_1212seitohappyoukai95

←長野工業高校土木科が製作した橋の模型。写真をみると実物はプールに架けるほどの大きな橋です。

以上で、高校生研究発表の紹介を終わりますが、長野の高校生の皆さん、これからも頑張ってください。

応援をお願いします・・・・・12月31日午後2時10分キックオフ@柏の葉公園競技場in千葉県

 いよいよ開幕が近づいた全国高校サッカー選手権大会に以上の長野県代表として、本校姉妹校の武蔵工大二高(来春より都市大塩尻)が出場します。

 12月31日午後2時10分からです。

 皆さんのご声援をよろしくお願い致します。

 お近くの方はぜひ、競技場まで足をお運び願います。柏の葉総合公園競技場(←クリック)はJリーグの柏レイソルのホームグラウンドです。

|

« 報告≪大谷先生の訪欧科学研修≫その3:フランス:工芸・技術博物館 | トップページ | 太鼓演奏inひかりが丘保育園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ≪頑張る長野の専門学科の生徒たち≫その2&≪12月31日柏の葉公園競技場へ≫:

« 報告≪大谷先生の訪欧科学研修≫その3:フランス:工芸・技術博物館 | トップページ | 太鼓演奏inひかりが丘保育園 »