« 平成19年5月21日記事(留学生の卒業式に思いをはせて) | トップページ | 再録記事:平成19年5月19日の記事 »

2009年1月 3日 (土)

本校草創期のころ②:元大倉山幼稚園宮川せい園長先生の原稿≪大倉山五十年史よりvol.16≫

正月三日となりました。明日が仕事始めという方が多いと思いますが、本年も頑張ってまいりましょう。

きょうは≪大倉山五十年史≫の原稿からです。

大倉山幼稚園の話題で新春を寿ぎたいとと思います。

  • 大倉山高校には幼稚園が併設されていました。宮川園長先生によるその頃の思い出の記事です。

丘の上の「高」と「幼」

- 東横学園大倉山高校25周年誌より再録 -

(元)大倉山幼稚園園長 宮川 せい

  • (編集注:掲載した写真は、上から順に、①1962年の卒業生、②1967年体育祭、③幼稚園運動会記念タオル、④1967年全国大会出場のバスケット部です。

 大倉山には昭和31年から11年間幼稚園が併設され、私はずっとそこに通っておりました。

 東横学園大倉山幼稚園の誕生から消え去る日まで、毎朝あの階段を上り、帰りには夕映えの田んぼや街を見下ろしながら、すばらしい眺めに見とれたこともしばしばでした。

50nensi_1962sotuseito  幼稚園より一段と高いところに木造の大倉山高校があり、園児たちは遥か上のお姉さんの学校としてみんな敬意を払っていました。

0810_50nensi_miyagawasei_genkou_fro 秋の運動会は高校と幼稚園の共催で、せまい運動会ながら和気あいあい、園児の先頭には高校のお姉さんたちが立ち、競技の面倒もよく見ていただき、ほんとにたのしい一日でした。

0810_50nensi_miyagawasei_genkou_f_2 園舎は現在の屋内プールのあたりでしたが、同じ棟に高校の体育室が隣接し、幼稚園も使わせていただきました。

 園児が帰り、あと始末やあすの教材研究も終わりやれやれと腰を下ろすころ、きまったように窓の外に「とうよこファイト!」「とうよこファイト!」という声が聞こえてきました

50nensi_1968sotubasketbu_hatamieko  運動部の生徒たちが、校庭や柵外の坂道をかけ声勇ましく走っているのです。バスケット部隆盛のころだったでしょうか。日の傾くころいつも聞いた根性あふれるかけ声が、今も耳に残っています。

  私は現在(編集注:昭和60年ごろ)、野川幼稚園におりますが、園児のお母さんが、たまたま大倉山高校と聞きますと、ついなつかしくなって興奮してしまいます。

 白いブラウスに赤いボウのしゃれた制服、そして礼儀正しかった生徒たち。私のイメージは、階段ぎわの大きな山桜のように美しくゆるぎない大倉山高校です。

|

« 平成19年5月21日記事(留学生の卒業式に思いをはせて) | トップページ | 再録記事:平成19年5月19日の記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本校草創期のころ②:元大倉山幼稚園宮川せい園長先生の原稿≪大倉山五十年史よりvol.16≫:

« 平成19年5月21日記事(留学生の卒業式に思いをはせて) | トップページ | 再録記事:平成19年5月19日の記事 »