« オバマ大統領の就任演説(抜粋:英和文対応編集) | トップページ | 大相撲 »

2009年1月23日 (金)

続き(最終回) 「五島育英会との合併&大倉山幼稚園写真」:≪東横学園二十年史よりvol.4≫

恐れ入りますが、明日と明後日(土曜と日曜)、校長日記連休をいただきます。ご了解ください。

 さて、本日は、先週の土曜日から連載している大倉山学園創立者高野平先生(たかの・たいら)の原稿です。今日で終わりです。

  • 前3回の原稿を未読の方はそちらからお読み願います。( その1 その2 その3 ←それぞれクリック)
  • 後日その4「徳川家玄関御門があったころ」もアップしました。併せてご覧ください。
  • 本原稿は、読みやすくするため、私の勝手で段落を変えたところがありますことをお断りします。
  • また最後に、二十周年誌に掲載されている創立当時の大倉山幼稚園の写真を載せましたので、ご覧ください。幼稚園の先生方の写真もあります。

090113touyoko20nensi00_ookuratakano合併前の大倉山学園」

 大倉山学園創立者 高野 平(たかの・たいら)

 ※高野先生は東横学園大倉山高校では講師として女学生を指導されました

四、五島育英会の合併

 学校創立以来、十六年の長きに亘って(わたって)、一意教育の真実を践む(ふむ)べく努力して来たのであるが、

 時代の進運は、学校教育の内容改善と共に設備の充実を要請され、児童、生徒の真の幸福を希求するの余り、前参議院議員鈴木憲一氏、朝日新聞社員本多正道氏の勧めもあり、

 教育精神に於いて相一致する、五島育英会と合併することとなり、名も東横学園大倉山高等学校、仝(同)幼稚園と改称され、既に四年を経過したのである。(重永注:第1回入学式からは3年目)

 今回、五島育英会東横学園創立二十周年を迎うるに当たり、愈々(いよいよ)教育精神の実を挙げられ、益々隆盛を見ることは誠に欣快(きんかい=喜ばしいこと)に堪えざる次第で、茲に(ここに)謹んで祝意を表する。

090113touyoko20nensi05_ookurayouchi

090113touyoko20nensi051_ookurayouch 090113touyoko20nensi052_ookurayouch 090113touyoko20nensi053_ookurayouch 090113touyoko20nensi054_ookurayouch 

|

« オバマ大統領の就任演説(抜粋:英和文対応編集) | トップページ | 大相撲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続き(最終回) 「五島育英会との合併&大倉山幼稚園写真」:≪東横学園二十年史よりvol.4≫:

« オバマ大統領の就任演説(抜粋:英和文対応編集) | トップページ | 大相撲 »