« 大倉山梅林公園の写真by古川明美先生撮影 | トップページ | 華道:「古流協会」展(その2):2月15日in銀座松屋:小野田薫さん作品 »

2009年2月20日 (金)

華道:「古流協会」展(その1)2月15日in銀座松屋:直江先生ご作品

土曜日(21日)か日曜日(22日)にアクセスカウンターが222222の2並びを達成しそうです。縁起ものですので、ヒットした方に記念品をお送りします。メール等でご連絡願います。22日の達成になれば、2並びに一層の興を添えてくれますが、私としては一日でもアクセスは多いほうが良いので、21日達成が良いのだけれど、でも22日が縁起が良いかな・・・・と複雑な気持ちです(笑)。

bud古流協会展(その1)tulip

090215kado_koryuten0 先日お知らせしました銀座松屋での華道展≪古流協会展≫(←写真は入り口)で撮影した写真を、本日を皮切りに数回に分けてアップしたいと思います。(直江先生に掲載許可をいただきました。先生は古流協会総務でいらっしゃいます)

 生徒の皆さんが、学校の華道授業で生けた花が学校の要所を彩り、気持ちを和ませてくれたり、凛(りん)とした気持ちにしてくれたりしました。本当にありがたい思いで鑑賞させてもらっていましたが、つい昨日のことのように鮮明に覚えています。

 このたびの古流協会展は名だたる方々が一同に会した展覧会であるだけに、本当に久しぶりに気持ちが落ち着きました。

090215kado_koryuten1_naoesensei 何年も前から古流協会展にご招待いただいていたのですが、出かけることができたのは今回が初めてでした。直江先生(←写真)には最後までご案内いただき感謝申し上げます。

◆直江先生の生け花◆

    090215kado_koryuten2_naoesensei090215kado_koryuten3_naoesensei 090215kado_koryuten4_naoesensei

先日も掲載した直江先生の出瓶ご作品です。竹で作った五本の花器に生けられています。

花は万年青(おもと)。普通の万年青はその字の通り葉っぱ全面が青色(緑色)ですが、先生が生けられた品種は黄色い模様が入っています。

 万年青の花に名前がついていて、左側が「薩摩富士」、右側が「宝船」という名だそうです。

 竹は漆塗り(うるしぬり)のように見えますが、そうではなくて、竹の色をくすませるのにいろいろ苦心があるそうです。

090215kado_koryuten5_naoesensei_2

←万年青を花器に挿(さ)す工夫はこれ。

木の枝をVの字形に割って、花器の内側にぴったりはめて、そこに花材を差し込むのですね。こうして剣山がなくても花を固定できるというわけです。生けこむ花材の多少や太さによってV字だったりYの字形だったりするそうです。上の写真はV字形。.

090215kado_koryuten02090215kado_koryuten01←「古流協会展」が開かれた銀座松屋と日曜日歩行者天国となっている銀座通りです。

久しぶりに銀ブラを致しました。一人だけの銀ブラでしたが、田舎者には気持ちの洗濯になります。これも直江先生と古流協会展のおかげです。お礼を申します。

※さて、次回は、直江先生の作品掲載につづいて、卒業生小野田薫さんの作品を掲載します。

|

« 大倉山梅林公園の写真by古川明美先生撮影 | トップページ | 華道:「古流協会」展(その2):2月15日in銀座松屋:小野田薫さん作品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134810/44110888

この記事へのトラックバック一覧です: 華道:「古流協会」展(その1)2月15日in銀座松屋:直江先生ご作品:

« 大倉山梅林公園の写真by古川明美先生撮影 | トップページ | 華道:「古流協会」展(その2):2月15日in銀座松屋:小野田薫さん作品 »