« 1960年代の卒業記念写真1、≪在りし日の母校vol.17≫ | トップページ | 佐野先生揮毫:テレビ番組題字「音無しの剣」&22万アクセス御礼 »

2009年2月 3日 (火)

オバマ大統領の就任演説その2、(抜粋:英和文対応編集)

今週中にアクセスカウンターtwotwozerozerozerozero(22万)をヒットしそうです。ヒットした方、ご連絡ください。大倉山高校名封筒で粗品をお送りします。

cameraオバマ大統領の就任演説その2karaoke

 読売新聞と朝日新聞の訳を対比しますので、英語の勉強、翻訳の勉強のつもりで、オバマ大統領の演説の格調を味わってください。

 以下のくだりは、合衆国の歴史を「旅」(この前の節でjourneyと表現されています)になぞらえて、歴史を振り返り、移民の国、合衆国を築いてきた人々に思いを馳せる内容になっています。

 歴史に生きたあらゆる階層の人々のことを思い返しているところが特徴です。

 米国の歴史は西部開拓を抜きには語れません。西部開拓は西部劇だけでなくオレゴントレイルも有名です。

 本校の最後のホームステイ先だったオレゴン州は、19世紀のオレゴントレイル(オレゴン街道Oregon Trail)によって切り開かれたところですが、私は、オバマ演説のこの箇所で、そのオレゴントレイルを思い出しました。

 多くの幌馬車を連ねて西部へ西部へと波打ったオレゴントレイルも、1869年の大陸横断鉄道の開通にとって替わられ便利になったわけですが、オレゴン州の人々にとって、今も語り草となっている開拓路です。

 1869年の大陸横断鉄道といえば、明治維新から間もないとき米欧回覧視察におもむいた岩倉使節団が1872年に乗っています。開通からわずか3年後の金ぴかの鉄道だったわけですね。

 岩倉使節団一行は、大陸横断鉄道列車の中で、「ヒネルトジャー」式にお湯が出る手洗い場やシャワーを見て、アメリカ文明に圧倒されたという話があります。

 さて、それでは、オバマ演説です。

Rather, it has been the risk-takers, the doers, the makers of things - some celebrated but more often men and women obscure in their labor, who have carried us up the long, rugged path towards prosperity and freedom.

 (読売)むしろ、我々の旅は、危機に立ち向かう者、仕事をする者、創造をしようとする者のためのものだ。それらの人々は、著名な人たちというより、しばしば、無名の働く男女で、長い、でこぼこした道を繁栄と自由を目指し、我々を導いてきた人々だ。

 (朝日)むしろ、(米国の旅を担ってきたのは)リスクを恐れぬ者、実行する者、生産する者たちだ。有名になった者もいたが、多くは、日々の労働の中で目立たない存在だった。彼らが、長く険しい道を、繁栄と自由に向かって私たちを運んでくれたのだ。

 For us, they packed up their few worldly possessions and traveled across oceans in search of a new life.

 (読売)我々のために、彼らは、わずかな財産をまとめ、新たな生活を求めて大洋を旅した。

 (朝日) 私たちのために、彼らはわずかな財産を荷物にまとめ、新しい生活を求めて海を越えた。
 

 For us, they toiled in sweatshops and settled the West; endured the lash of the whip and plowed the hard earth.

 (読売)我々のために、彼らは、劣悪な条件でせっせと働き、西部に移住し、むち打ちに耐えながら、硬い大地を耕した。

 (朝日)私たちのために、彼らは汗を流して懸命に働き、西部を開拓した。むち打ちに耐え、硬い土を耕した。

※上の英文和訳は、次のサイト(読売新聞ONLINE YOMIURI、朝日新聞asahi.com)の英文と和訳をお借りして、私が「文章逐条和訳」に編集したものです。引用等するときは、著作権に配慮して、必ず次のようにサイト名(読売新聞ONLINE YOMIURI)と日付、URLを書いてください。

|

« 1960年代の卒業記念写真1、≪在りし日の母校vol.17≫ | トップページ | 佐野先生揮毫:テレビ番組題字「音無しの剣」&22万アクセス御礼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134810/43942183

この記事へのトラックバック一覧です: オバマ大統領の就任演説その2、(抜粋:英和文対応編集):

« 1960年代の卒業記念写真1、≪在りし日の母校vol.17≫ | トップページ | 佐野先生揮毫:テレビ番組題字「音無しの剣」&22万アクセス御礼 »