« 卒業生ブログ≪まなと私の日記≫のリンク | トップページ | 続き:国宝阿修羅展 »

2009年5月19日 (火)

国宝阿修羅展その2

  • 国宝阿修羅展が2009年6月7日(日)まで、東京国立博物館 平成館にて開催中です。(クリック→)東京国立博物館

090508_0503asyura_in_nhk

先日もちょっと書きましたが、興福寺蔵木乾漆像の阿修羅(国宝)のことについて、今日も書いておきたいと思います。但し、NHKテレビ番組の受け売りです。写真もすべてNHKテレビから。(テレビ画面を私が撮影したものです。)

この阿修羅、現在、興福寺から東京国立博物館に移設されて展示中です。六本の手が各方向に分かれているのを運ぶのは大変だったでしょうね。

090508_0503asyura5_in_nhk

090508_0503asyura2_in_nhk

090508_0503asyura3_in_nhk

090508_0503asyura4_in_nhk阿修羅像は、一般には今までは正面の容貌しか知られていませんでした。

正面の顔は端整な顔立ちながら、憂いを秘めたようにも見え、思春期を生きる少年の懊悩を表したように思われます。仏像でありながら、一般の仏像に見られない強烈な個性を放つ像です。

そのため、仏像ファンのみならず、広く一般的な人気を保ち続けています。

このたびの国宝阿修羅展においては、部屋の真ん中に展示されているため、三面どちらの顔も正面から見ることができるそうです。

私もこのたびのテレビ番組ではじめて、三面を拝むことができました。

090508_0503asyura6_in_nhk

090508_0503asyura7_in_nhk

残る二つの相貌は、一つが唇をかみしめたもの、もう一つがどこかを見つめる面持ちのもの。大変興味深いものです。

(続き)←クリック

 ※今から出張です。中途半端ですが、明日以降に続けます。

|

« 卒業生ブログ≪まなと私の日記≫のリンク | トップページ | 続き:国宝阿修羅展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国宝阿修羅展その2:

« 卒業生ブログ≪まなと私の日記≫のリンク | トップページ | 続き:国宝阿修羅展 »