« おめでとうございます 6月18日ご出産の岡村さん | トップページ | 信州安曇野その3-1:有明山神社 »

2009年6月30日 (火)

望月浩次様(49期望月奏美さんのご父君)≪小野さん激励メールほか≫

望月浩次様よりメールをいただきました。先日、旧姓和田まことさんより小野さんへ激励メールが届きましたが、それに続く激励メールです。御紹介します。

異国留学は希望あふれる高揚感と同時に生活等への不安があるものですから、このように激励のアドバイスが続くのは、とても嬉しいことだと思います。

望月様からは先日の記事で紹介した「吾唯知足」についても、とても勉強になる薀蓄(うんちく)を御披露いただいています。ぜひ最後までお読みください。文中、宿題をいただきましたが、私もまだ調べていません。後日、調べ次第、記事にできればと思っております。

また、記事末尾にこれまでの望月様からのメールリンク一覧を張っておきますので、ご利用願います。

ご無沙汰しております。
49期望月奏美の父、望月浩次です。

楽しく校長日記を読ませていただいております。

まずは先日、6月22日の校長日記 をみたとき、
京都の龍安寺の庭園に同じようなものがあったことを
思い出しました。(テレビでみただけですが)

龍安寺の庭園は石を15個並べているが、1ヵ所からは
15個同時にはみることはできず、1個はどこからみても
石の陰にかくててしまって見えない構造になっております。
(1ヵ所からだけ15個全てが見えるということですが
 その場所は秘密にしますので調べてみてください)

15という数字を完全(十五夜が満月)とすると14個の石しか見えない
のは不完全さがあります。(五節句などの数字にまつわる話について
先生の得意分野だと思います)そこで、14個しかみることができなくても
不満に思わない心を持ちなさいという意味で吾唯知足の石が
あるそうです。

龍安寺では、手水鉢という形であります。
知足の蹲踞(つくばい)と言うそうです。

説明がうまくないのでインターネットで調べてください。

2つめは、小野さんの留学にあたって是非お願いがあります。
留学にあたって、是非日本のことを学んでいっていただきたいです。

留学先で出会う人が小野さんに聞きたいことは日本のことです。
日本の歴史や文化です。歌舞伎や能などの古典芸能も一度鑑賞して
みたらいかがでしょうか?大相撲などもよいかもしれません。
(出発前には7月の名古屋場所しかありませんが)

ソムリエの田崎真也さんがフランスで修行したときに
もっと日本の文化を勉強しておけばよかったとおっしゃって
おりました。彼らが田崎さんがフランスワインのうんちくを
知っていることを望んでおらず、日本のワインやその風土などの
日本について彼らは聞いてきたそうです。

また、月曜日~木曜日の23時10分からNHK教育テレビで
英語講座があります。その中の火曜日はトラッドジャパンという
日本独自の文化や習慣などを英語で紹介する番組があります。
改めて日本の良さを知ることができますよ。
是非参考にしてください。

では、また。

望月様メールリンク。それぞれクリックしてご覧願います。

|

« おめでとうございます 6月18日ご出産の岡村さん | トップページ | 信州安曇野その3-1:有明山神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134810/45487384

この記事へのトラックバック一覧です: 望月浩次様(49期望月奏美さんのご父君)≪小野さん激励メールほか≫:

« おめでとうございます 6月18日ご出産の岡村さん | トップページ | 信州安曇野その3-1:有明山神社 »