« 創立者五島慶太翁について(その1) | トップページ | 吾唯知足 吉呼員和 in 信州安曇野その2≪有明山神社≫ »

2009年6月22日 (月)

口に≪五⇒隹⇒足⇒矢≫、口に≪土⇒乎⇒貝⇒禾≫ その1

pencil有明山神社にてdoor

先週末、都市大塩尻高校へ出張へ行ってまいりましたが、仕事が終わったあと、事務長さんが、せっかくだからと、車を飛ばして信州路をご案内くださいました。

勉強になったことが多くありましたので、僭越な言い方ですが、皆様の後学に供したいと存じます。あまり余裕がありませんので、きょうは短い記事にせざるをえません。そういうことで詳細は次回以降に回し、見学場所等も後回しにすることをご了解ください。

09061920sinsyuji_azumino25_ariakeza 09061920sinsyuji_azumino25_ariake_2←ある神社にすえられていた「福を招く石」です。

真ん中に□の穴がうがたれていて、それを囲むように字が彫られています。神社の参道から本殿に向かっていくときに望む面(これを表面といっておきますね)、表面に、口を囲んで順に≪五⇒隹⇒足⇒矢≫と彫られています。その裏面には、同じく口を囲んで、≪土⇒乎⇒貝⇒禾≫と書いてあります。

さて、これは、それぞれ、口を漢字の偏(へん)や旁(つくり)を表しているのですが、さて、皆さんはどう読み解かれますか。

私はまったく知らなかったことです。もっとも、口に≪五⇒隹⇒足⇒矢≫の方は、ほんの一ヶ月前、五島育英会の専務に教わったばかりではあるのですが、この歳になるまでまったく知らなかったことです。

さて、解き明かしは明日以後、少しずつしていきたいと思います。(クリック⇒6月23日

今日は所用につき、ここまでにさせていただきます。

|

« 創立者五島慶太翁について(その1) | トップページ | 吾唯知足 吉呼員和 in 信州安曇野その2≪有明山神社≫ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134810/45420897

この記事へのトラックバック一覧です: 口に≪五⇒隹⇒足⇒矢≫、口に≪土⇒乎⇒貝⇒禾≫ その1:

« 創立者五島慶太翁について(その1) | トップページ | 吾唯知足 吉呼員和 in 信州安曇野その2≪有明山神社≫ »