« 本校の歴史年表その10=2008年第49回卒業式:≪大倉山五十年史より vol.28≫ | トップページ | 生徒会長日記@齋藤美紀49期会長vol.42≪頭の切り替え方について≫ »

2009年10月30日 (金)

十三夜

 きょうは、10月5日の記事で十六夜の月に触れた際、十三夜のときにあらためて書きますと申しましたが、今日が十三夜の月ですので、齋藤さんの校長日記を明日に回させていただきました。

 どうぞ、古典の授業のつもりで聞いてください。

十三夜と十五夜

091030_1009full_moon_zoomup091030moon_juusanya 今日10月30日は十三夜の月です。(※写真は左は十五夜の月、右が本日十三夜の月。十三夜の月は撮影モード設定の不首尾でうまくいきませんでした。)

 ≪十三夜の月≫ってあまり聞いたことはないなという人が多いでしょう。

 昔は、中秋の名月(旧暦8月15日)が十五夜の月(満月)といい、その翌月(旧暦では9月になります)の13日の月を十三夜の月といって、お月見といったら、その両方を眺めることをさしたといいます。

 十三夜の月は、十五夜の満月になる二日前ですから、少し欠けた月です。それを十五夜と同じように賞(め)でたというのです。

 十五夜の中秋の名月の翌月に、完全ではない欠けた十三夜をめでる日本人・・・・・完璧でないものにも風情を感じる日本人の美意識ですね。

 このようなことから、昔の人々は、十五夜の月だけで十三夜の月を見ないで済ませた人のことを、それは月をめでたことにはならないとして風流を解さないものと切り捨てたそうです。

 十五夜だけで済ますことに対して「片見月(かたみつき)」と名前までつけて良くないといったそうですから、日本人の風流心は深いですね。

 この片見月というのは江戸時代の遊郭で十五夜を遊んだ客を、つづけて翌月の十三夜にも遊びにこさせる目的で、「同じ場所で十五夜と十三夜の月をみないのは片見月で不吉」と説明したという人もいますが、客を引く遊郭の知恵以前に、十三夜をめでるのが日本人だったというほうが風流です。

 十五夜は中国から伝わった風習ですが(中華料理のデザートに月餅がありますね。日本のお月見団子のもとです)、十三夜は日本だけに見られるものです。

 このほかにも日本人は十五夜のあとの月に風流な別名をつけて呼んできました。それは11月4日にアップ致します。

|

« 本校の歴史年表その10=2008年第49回卒業式:≪大倉山五十年史より vol.28≫ | トップページ | 生徒会長日記@齋藤美紀49期会長vol.42≪頭の切り替え方について≫ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十三夜:

« 本校の歴史年表その10=2008年第49回卒業式:≪大倉山五十年史より vol.28≫ | トップページ | 生徒会長日記@齋藤美紀49期会長vol.42≪頭の切り替え方について≫ »