« チリの奇跡的な生還 | トップページ | 共通語訳 »

2010年10月19日 (火)

宮崎弁による折り句

ブログネタ: 方言で日常を綴ってください!参加数拍手

この校長日記ブログは@niftyの「ココログ」というブログ機能のプロ仕様を利用しています。そのココログに<ブログネタ>というのがあります。これは、@niftyから、いろいろと「お題」が与えられて、お題にそった記事を書いて、ブロガー同士が楽しむという趣向です。

校長日記という性格上、いままで利用したことがなかったのですが、冒頭のお題「方言で日常を綴ってください」というのに心魅かれて、今回、書いてみることにしました。

私の愛用方言「宮崎弁(児湯西都地方弁)」で、「東横学園大倉山高等学校」を折り句にしてみます。折り句というか、折り文章になってしまいましたが、お読みいただければと思います。明日の記事で、共通語訳をのせますので、それまでご自分で意味を考えていただければと思います。

では、どうぞ。

きびは、宮崎んよ 「スィートコーン」ちゅとが

んまいがね

うけ実が つまっちょっとに、やわらししてよ

んげ うんめして いっちゃろかいて おもうぐらいじゃが

めばかむほづ あもうなって なんぼでん

いてえしてたまらんなるわ

んりょせんでかい おまいどんも くいない

めえど だまくらかしちゃおらんて まこっちゃが

っけなつを とりないよ

まいんごつ ごてがいい人が ちんこまいとをとって

いよっとをみっと なんか おかしなど

っかしょも うんめけんどん こんスィートコーンが出てかいはよ 

っぱし ときびが いちばんうんめ とおもうごつなってしもたわ

さんどんな いちんち こどんの相手ばっかし しよりゃるかい

どんと いっしょんなって なんぼでん

んめえ うんめえ まこち うめもんじゃわい て言いながら

きびを くいよりゃるがよ おっどんな まっこち

らやましして たまらんが

ろちょる しょけを おろしてかい

まんで くうてくだいよ

んげ ぎょっさんのこつ ときびがとれたとは ひさしぶっじゃかい

りきれんうちんよ くうてしまいないよ

宮崎弁の知らない人には、とても読みづらかったと思いますが、辛抱(しんぼう)して最後までお読みいただきありがとうございました。共通語訳は明日に回します。

ちなみに、宮崎弁は西部、中央部、北部で少々異なります。上に書いた私の宮崎弁は「児湯西都弁」といって中央部の方言です。

東国原知事の宮崎弁は都城弁で西部の方言です。

東国原知事の「どげんかせんといかん」というキャッチコピーが有名になりましたが、この「どげんかせんといかん」が我が児湯西都弁では「どんげかせんといかん」と二文字が入れ替わります。

では、明日をお楽しみに。

|

« チリの奇跡的な生還 | トップページ | 共通語訳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎弁による折り句:

« チリの奇跡的な生還 | トップページ | 共通語訳 »