« 布目すすむ先生?@1962年アルバム≪ありし日の母校vol.44-2≫ | トップページ | ≪自分にできる震災支援≫生徒会長日記@齋藤美紀49期会長vol.57 »

2011年4月26日 (火)

哀悼田中好子さん

  • (おことわり)きょうは付属小学校ブログに書いたのと同じ記事ですが、お許し願います。

3月11日の地震に始まる東日本大震災は、日本全国を苦難の淵に追い込んだ大災害ですが、いたるところに感動的な物語も生み出し、世界に感動の衝撃を与えました。

その余韻さめやらぬどころか、国難がまだまだ続く中、再び、新たな感動が日本全国をおおっています。

日本国中を感動の渦に巻き込んでいるのは、4月21日におとずれたひとつの<死>です。

きょうは、どうしてもその話題に触れたいのです。

感動の渦を起こしているのは、元キャンディーズのアイドル歌手で女優であった田中好子さんの死です。

その葬儀で流された生前の録音テープが話題を呼んでいるわけです。

話題を呼んでいると表現したのでは、実に物足りないですね。

このテープを聞いた方はだれしも、田中好子さんの姿に、「凛」という言葉を思い浮かべたのではないかと思います。

テープは、

「こんにちは、田中好子です」

   と始まり、次のように続いたことばが痛切に胸に迫ってきました。

「きょうは3月29日、東日本大震災から2週間が経ちました。
 被災された皆様のことを思うと、心が破裂するような・・・
 破裂するように痛み、ただただ亡くなった方々のご冥福をお祈りするばかりです」

   人の死についてご冥福を祈るという言葉を死期せまる方が
   発するとは、これまで誰も思っていなかったはずですが、
   死期せまる田中好子さんは、次のように続けました。

「わたしも一生懸命病気と闘ってきましたが、
 もしかすると負けてしまうかもしれません。
 その時は必ず天国で、被災された方のお役にたちたいと思います。
 それが私の務めと思っています。」

   死を自覚した方が、
   被災犠牲者の死を哀悼し、天国から「お役に立ちたい」
   とまで、「私の務め」とまでおっしゃるのですから、
   聞く者の胸は打ちふるえないわけにはいきません。

   そして、幸せだったと感謝のことばがつづくのですから
   私どもは、胸がうちふるえつつ、
   しぜんと頭(こうべ)が垂れていきます。

「幸せな幸せな人生でした。心から感謝しています。」

   このあと、キャンディーズのお二人の仲間をはじめ
   皆さんに感謝の言葉でつないだあと、

「お礼の言葉をいつまでも皆様に伝えたいのですが、 息苦しくなってきました」

   と苦しさを告白されながらも、

「いつの日か、妹夏目雅子のように、
 支えてくださった皆様に、社会に少しでも恩返しができるように、
 復活したいと思ってます。」

   と「恩返し」という言葉で結び、
   夫の小達一夫さんへ振り絞るような哀惜の辞を残して
   テープは終わりました。

己を捨てて、人に尽くそうとする田中好子さんのこの姿は、
「凛」、「りりしさ」、「気高さ」の最高の姿があらわれています。

キャンディーズの皆さんは、もちろん私よりもお若い方々ですが、そのおひとり田中好子さん(スーちゃん)がこのように尊い気高さを持っておられたことに、僭越ながら私は打ちのめされました。

田中好子さんに深く哀悼の意をささげるとともに、田中さんに学ぼうと思います。

そして、田中さんの遺志を無駄にすることのないよう、3・11被災者の方々の復興のために、日本の再生のために人生をささげようと思います。 

                      合掌

|

« 布目すすむ先生?@1962年アルバム≪ありし日の母校vol.44-2≫ | トップページ | ≪自分にできる震災支援≫生徒会長日記@齋藤美紀49期会長vol.57 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 哀悼田中好子さん:

» 婚活:婚活情報ライフ [婚活情報ライフ]
結婚相手を求める人達のために無料で婚活情報を紹介します。 [続きを読む]

受信: 2011年4月27日 (水) 09:46

« 布目すすむ先生?@1962年アルバム≪ありし日の母校vol.44-2≫ | トップページ | ≪自分にできる震災支援≫生徒会長日記@齋藤美紀49期会長vol.57 »