« (連載小説)  火文字(11) | トップページ | 合唱コンクール »

2013年2月 7日 (木)

ライポンF物語その後

平成20年(2008)5月17日記事で「魚谷先生の『ライポンF物語』」という記事を書きました。覚えておられる方もいらっしゃると思います。

その前に(同年5月13日)、小学生のころ私がライポンFで野菜を洗って味噌汁をつくって、親に叱られたという話を書いたのに対して、魚谷先生が寄せてくださった話を記事にしたものです。上にリンクをはりましたので、未読の方はご覧ください。

その「ライポンF物語」について、このたび、魚谷先生からまた、次のようなメールを頂戴し、さらにはライオン株式会社のお客様センターにお問い合わせいただき、同センターの回答を私にも教えてくださいました。

以下ご紹介いたします。小学生の私がライポンFで洗ったのは間違いではなく、すすぎが不十分だったのが間違いだったということが分かりました。ほっとしております・・・いやいやすすぎ不十分につき十分「有罪」です(笑)。

魚谷先生のメール

2日ほど前、どのTV局か記憶にないのですが、

世代間の違いのような番組を放映しておりました。

その中で、ライポンーF の話がでてまいりましたので、

ご覧になっていらしたかもしれませんが、

ちょっとお知らせしようと思いました。

ー 日本に欧米型の食事が入ってきて、(何年ごろかはききもらしました)

それまで野菜といえば、煮物中心だった食事が、

サラダを取り入れるようになったそうです。

その頃はまだ、野菜に回虫がいる時代でしたので、

厚生省がライオン株式会社に、野菜を洗え、

回虫を取り除く洗剤の製造を依頼して、できたのが

ライポンーF だそうです。ー

(出演者ータレントさんたちですが)

一同びっくりしていました。

今の洗剤と比べて、本当に安全かどうかまでは

放映していませんでしたが。
 
ライオンに聞いてみたい気もいたしますね。

ではまた。

どうぞ、かぜをめされませんように。

 「聞いてみたい気も・・・」と書かれたとおり、聞いてくださいました。

 ライポンFのライオン株式会社お客様センターの回答は次のようだったそうです。

平素はライオン製品をご愛用いただきまして、ありがとうございます。

 お問い合わせいただきました「台所用洗剤」の件ですが、表示にある使用方法は従来品とほとんど変わっておらず、従来からすすぎは必要でした。

しかし、食文化の洋風化や台所洗剤の濃縮化、コンパクト化などによって、洗剤へのニーズが変化し、つけおき洗いから、直接スポンジにつけて洗う方法へと変わり、以前よりも泡もちのよさが重要視されるようになりました。

また、従来はすすぎがそれほど必要ない汚れだったものが、油ものが増え洗剤量が多くなる傾向がある点も要因の1つかもしれません。

 以上、お返事申し上げます。今後とも弊社製品を宜しくお願い致します。

 以上です。魚谷先生、ありがとうございました。

|

« (連載小説)  火文字(11) | トップページ | 合唱コンクール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライポンF物語その後:

« (連載小説)  火文字(11) | トップページ | 合唱コンクール »