« 長崎県佐世保市の高校生の事件に寄せて | トップページ | 五島慶太翁のこと »

2014年8月 5日 (火)

30日と1日の二つの事件事故に寄せて

いたたまれない思いにさせられる事件事故のニュースに立て続けに触れる夏休みです。付属小の先生ブログにも書いた内容ですが、皆様のご無事を祈る思いで、校長日記に寄せたいと思います。

1日、神奈川県山北町で痛ましい事故が発生しました。 大雨による河川増水のなか、中州キャンプ場から脱出しようとした家族が車ごと川にのみこまれ、小学3年生2年生の姉弟とお母さんが亡くなるという悲劇です。 中州キャンプ場は違法造成だったということで人災とも言われています。まことにひどいキャンプ運営会社があったものです。 怪我しながら救出に当たり、叶わずに一人生き残ったお父さんの心もいかばかりかと沈痛の思いを禁じ得ません。

  また、過ぐる30日には、日常的に父親から暴力(言葉の暴力も)による虐待を受けていた中2男子が、そのろくでなし父親から「24時間以内に死んでくれ」と言われ、自殺してしまったという事件も起きました。 この父親のことを、どのような言葉で表現したものか言葉が思い浮かびません。 このような父親を持ったとしたら私でも自ら死を選ぶかもしれないと思わされるほど、亡くなった中2男子があわれであわれで涙がとまりません。

 凄惨な事故がつづくこの夏休み、皆様が事故や事件に遭われないよう書いておりますが、残る三週間の夏休み期間、本当にご自愛ください。

|

« 長崎県佐世保市の高校生の事件に寄せて | トップページ | 五島慶太翁のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134810/60103360

この記事へのトラックバック一覧です: 30日と1日の二つの事件事故に寄せて:

« 長崎県佐世保市の高校生の事件に寄せて | トップページ | 五島慶太翁のこと »