« 30日と1日の二つの事件事故に寄せて | トップページ | 年の瀬も押し詰まってきました
3ヶ月のご無沙汰お詫びします »

2014年9月26日 (金)

五島慶太翁のこと

ながらくご無沙汰しました。8月5日以来、ずっと更新しておりませんでした。

付属小学校の「先生ブログ」更新にばかり力を入れていること、申し訳なく存じます。

きょうは、付属小のこどもたちに創立者五島慶太翁のことについて書きましたので、それを紹介します。

といいましても、この4月に私の執筆で上梓した「五島慶太伝」の一部を抜粋掲載したものです。

どうぞご一読いただければと存じます。

 

「五島慶太伝」終章より

 

慶太が亡くなったのは、昭和三十四年(1959)八月十四日のことだが、まさにその年その月に発行された「ロンドンタイムス」の記事「世界の代表的人物」に五島慶太が選ばれている。日本人ではただ一人の選出だった。(中略)また、慶太の死を当時の新聞は「巨星墜つ」と表現した。「巨星墜つ」という大きな見出しをつけた読売新聞夕刊をみた当時の小学生が筆者の身近にいる。彼は「五島慶太って、どんな素晴らしい人なのだろう」という感想を持ったそうだ。この『五島慶太伝』を読み終えた君なら、その小学生に「こんなに素晴らしい人物だったんだよ。」と教えてあげられるはずだ。

 

慶太が亡くなった時は、たくさんの方が弔問に訪れ、弔電も山ほど届いたが、そのお悔やみの言葉のなかに、「地球が寂しくなりました」というものがあった。山口県の人からだったという。慶太の影響力がどこまで広がっていたか偲ばれるエピソードだ。「地球が寂しくなった」という表現はまさに、生前の慶太の豊かさ、深さ、大きさを表していると言えよう。

 

五島慶太は、いま、東京都世田谷区九品仏の「浄真寺」に眠る。戒名を「明徳院殿慶愛天道剛徹毅翁大居士」という。とても長く格の高い戒名だが、真ん中に「愛」の一文字が入っていることに注意してほしい。戒名とは「これから仏さまの弟子になります」という意味でつけられる名前だから、寺の住職に名づけを依頼する。最初は「愛」は入っていなかった。「愛」が入っていなくても素晴らしい戒名ではあるが、慶太を慕う人々には物足りなかった。それで、「愛」を入れてほしいと、住職に諄々と話して頼み込み、住職もなるほどと思って入れてくれたのだ。そう依頼した一人は、「五島慶太という方は、強いばかりでなく優しく温かい人だった」と書き残している。

 

終章もそろそろ終えなければならない。これを読んだ君には五島慶太の強さ、賢さ、志の高さ、文化理解と教養の深さ、そして五島慶太が根底にもっていた優しさと温かさ・愛を受け継いでほしい。君の通う学校には建学の精神というものがあるが、これは慶太自身の考えである。(中略)建学の精神を日々、心にとなえて精進してほしい。

 

平成二十四年(2012)、ベトナム政府が東急電鉄とある契約を結んだ。首都ホーチミン市の近郊(ビンズン省)に田園都市をつくるため、ベトナム政府はその計画や建設、運営のパートナーとして田園都市開発では日本で群を抜く実績のある東京急行電鉄を選んだのだ。都市まるごとの輸出ということで大変な話題になった。思えば、この田園都市構想もまた、五島慶太自身のアイデアによるものだ。慶太の思想は没後も世界をかけめぐっているのである。そのことも覚えておいてほしい。

 

いずれにしても「巨星墜つ」だったり「地球が寂しくなった」だったり、そんな表現で送られた人、五島慶太を、夜空に輝く本物の星のように一つの人生の目標として生きていきたいものである。(以上)

 

|

« 30日と1日の二つの事件事故に寄せて | トップページ | 年の瀬も押し詰まってきました
3ヶ月のご無沙汰お詫びします »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134810/60378762

この記事へのトラックバック一覧です: 五島慶太翁のこと:

« 30日と1日の二つの事件事故に寄せて | トップページ | 年の瀬も押し詰まってきました
3ヶ月のご無沙汰お詫びします »