« 【齋藤美紀49期生徒会長日記】
茶道部「クリスマス会の写真」
| トップページ | 【会長日記】 齋藤美紀49期生徒会長・・・祖母と「パピヨン」 »

2015年1月26日 (月)

【会長日記】 齋藤美紀49期生徒会長
初釜茶会(1月12日)

    • 齋藤美紀さんから会長日記が届きました。茶道部の初釜茶会(1月12日)の様子についてご報告していただきました。
    • また、昨年のクリスマス会の写真を私のパソコンの都合で受信できずにいましたのを、あらためて送ってくださいました。この記事の前の記事でアップしましたので、あわせてご覧ください。

この初釜茶会の記事では、徳先生の写真も送ってくださいました。写真は一番下に掲載いたしました。

 ↓ では、お読みください。

今月の成人の日に高田馬場にある茶道会館で初釜茶会(茶道のお正月行事)に参加しました。

茶道会館に行ったのは2年ぶり。茶道会館のもつ独特の空気は身が引き締まります。

今回も徳先生の御席のお手伝いをさせていただきました。

今年は高校時代の部活を含めると茶道を始めて10年目です。

その節目に茶道会館で、しかも初釜茶会で、お点前をするという大変貴重な経験をさせていただきました。

徳先生や、徳先生の内弟子であるお姉さんたちからもご指導をいただき良い勉強になりました。

幼いころ、母に連れられて母が習っていたお茶の先生が出るお茶会によく行きました。

その頃はお茶なんてよくわかりませんでした(それは今もですが)。

お茶席で繰り広げられる話はよく分からないし、お抹茶は苦いし、甘いものが苦手な私にはお菓子なんてどうでもいいし、

正座してじっとしてないといけないし、周りにいる人は目上の方たちばかりだから受け答えもしっかりしないといけないし、

私の嫌いなヒラヒラしたワンピースを着ていかないといけないし、とにかく何もかもが嫌でした。

高校に入学して母に部活に入る気は無いと言うと「なんでもいいから部活に入りなさい」と言われ、

仕方なく、週一でいい部活は何か無いかな?と思って探したら茶道部がありました。

母が習っていた同じ裏千家だし、週一だし、なんとかなるかな~という不純な動機で始めた茶道ですが、

高校生になって出されたお道具の意味、床の間に飾ってある掛け軸やお花、お菓子、お茶席を持った人たちが作り出す空間、

様々なことが見えてきて、そしてその中に面白さを見つけました。

あれだけ嫌いだった茶道を好きになったのは、お稽古をつけてくださっている上原先生のおかげだなと改めて思うのでした。

お茶人(おちゃじん/茶道をする人)と呼ばれるには程遠く、また、至らない部分がたくさんあるのですが、

お稽古を通して、お茶会を通して、様々なことを学び得ていきたいと思う初釜茶会でした。

2015_0112img_1


2015_0112img_2

 

|

« 【齋藤美紀49期生徒会長日記】
茶道部「クリスマス会の写真」
| トップページ | 【会長日記】 齋藤美紀49期生徒会長・・・祖母と「パピヨン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【会長日記】 齋藤美紀49期生徒会長
初釜茶会(1月12日)
:

« 【齋藤美紀49期生徒会長日記】
茶道部「クリスマス会の写真」
| トップページ | 【会長日記】 齋藤美紀49期生徒会長・・・祖母と「パピヨン」 »