« 体育祭の思い出より「女性らしい人間ピラミッド」 | トップページ | 山桜・・・花桜、青桜、雪桜のそれぞれの姿(ありし日の母校再掲) »

2016年10月17日 (月)

平成18年、19年、20年の大雨にけぶる大倉山

平成20年(2008)7月31日の記事です。

typhoon大雨rain

080730_070616 ニュースによると、一昨日(7月29日)昼すぎ、横浜はものすごい雷と雨に襲われたということですね。

 その日、私が帰宅したのは夜の9時近くでしたが、そのときも、ものすごい雷でした。雨こそ降っていませんでしたが、横浜方面から届く雷鳴の激しさに肝をつぶしました。

 その雷雨が昼過ぎからだったとは今朝の新聞をみるまで知りませんでした。

 横浜では一時間に最大三〇ミリの雨量を記録したそうです。

 JR横浜線は昼過ぎに1時間ほど、鴨居~長津田間で徐行運転を行ったほどだといいますから、すぐ近くの大倉山もかなりの豪雨だったと想像できますね。

↑↓昨年と一昨年の大雨のときに学校から撮影した写真を掲載しておきます。

 080730_060616

左の写真と上の写真と両方とも暗雲たれこめたときの写真です。

このときも大粒の雨が落ちてきましたが、昨日の豪雨はこの比ではなかったようです。080730_060520

←暗雲たれこめ、真っ暗になったとき、自動点灯した通学階段のところの照明です。一昨日も学校でこのような状態でしっかり点灯したと思います。

|

« 体育祭の思い出より「女性らしい人間ピラミッド」 | トップページ | 山桜・・・花桜、青桜、雪桜のそれぞれの姿(ありし日の母校再掲) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134810/64362278

この記事へのトラックバック一覧です: 平成18年、19年、20年の大雨にけぶる大倉山:

« 体育祭の思い出より「女性らしい人間ピラミッド」 | トップページ | 山桜・・・花桜、青桜、雪桜のそれぞれの姿(ありし日の母校再掲) »