« 創立者 五島慶太翁について | トップページ | 体育祭の思い出より「女性らしい人間ピラミッド」 »

2016年10月11日 (火)

プール併設の「お風呂」の思い出

「ありし日」シリーズを再掲して懐かしんでもらっています。きょうは平成20年(2008)6月28日掲載の記事です。

お風呂@プール

080613_pool_no_huro2

←平成に入ってからの卒業生では、本校プールに風呂が付設されていたのを知る人は水泳部の人ぐらいでしょう。

080613_pool_no_huroでも、プールができてから昭和60年(1980年代前半)ぐらいまでの、およそ15年ほどの期間の卒業生は、多くの人が知っていることでしょう。

 その頃は、部活動の夏合宿を学校で行っていました。

 教室の机をくっつけてベッドにし、蒲団屋さんから蒲団を借りて、食事を調理室で作って部活動の合宿をしました。学校での部活生活です。

 そういうことで、お風呂はプールの風呂を利用しました。

080613_pool_no_huro3 この風呂はもともとは水泳部が冷えた体を温めてから帰宅するためのもの。

 それを部活動合宿のときにも提供していたものです。

 私も合宿の指導で当然、学校に泊まり、この風呂を利用しました。

 生徒は数名で利用するわけですが、顧問は最後に一人で使います。そのときは当然、夜中で真っ暗な中をだだっぴろいプールサイドを通って、この風呂まで来るわけです。

 日本全国、いや世界中がそうでしょうね・・・夜の学校が静まり返って<怖い>のは有名な話、一人でこの風呂まで来るのは本当に嫌でしたね。

 風呂を使っている間はもちろん電灯があるから明るいので、どうってことはないですが、つかったあと、教室まで帰るのがまた、こわごわ。

 しかし、当時はそんなことはオクビにも出さず、「大人が怖いことあるものか」とうそぶいて生徒の前では平然としておりました。

                 以上です。

|

« 創立者 五島慶太翁について | トップページ | 体育祭の思い出より「女性らしい人間ピラミッド」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プール併設の「お風呂」の思い出:

« 創立者 五島慶太翁について | トップページ | 体育祭の思い出より「女性らしい人間ピラミッド」 »