« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月27日 (火)

会長日記(齋藤美紀第49期生徒会長)
若冲と蕪村&茶道部クリスマス会

齋藤美紀49期会長より「会長日記」が届きました。

きょうの話題は、{若冲と蕪村&茶道部クリスマス会」です。写真は、下の方に一括掲載しました。  全部で22枚です。

     ※齋藤美紀さんの会長日記は左欄カテゴリーの

      最下段「気まぐれ会長日記」をクリックすると

      すべてご覧になれます。

     ↓

寒さが厳しくなってきましたね。みなさんいかがおすごしですか?

さて、先日魚谷先生と一緒に箱根にある岡田美術館で開催されている「若冲と蕪村」をみてきました。

若冲は上野で開催された時はものすごい長蛇の列だったそうですね。岡田美術館では幸運にもじっくり鑑賞することができました。

私の目当てである若冲の「孔雀鳳凰図」は私が想像していた大きさよりはるかに大きな絵でした(多分、畳より大きいと思います)。

羽毛の一本一本まで丁寧に描かれており羽の柔らかさが伝わってきます。いつまでもみていられる絵でした。

岡田美術館には今回初めて行ったのですが若冲や蕪村だけでなく所蔵している美術品も展示してあり、その多さには圧倒されます。

焼き物や日本画だけでなく金屏風もあったりとバリエーションが豊富でみる者をあきさせません。

美術館という場所に行く度に教養の無さを突きつけられるのですが、みているうちにそんなことも忘れて

「わぁ~きれい」とか「すごいな、この技術」

と感心するばかりなのでした・・・。

そしてもうひとつ。

茶道部恒例クリスマス会を開催しました。今年は誘った人全員出席!

上原先生が今年も大倉山の青柳さんのお菓子を用意してくださいました。魚谷先生からはクリスマスケーキをいただきました(写真を撮り忘れました・・・)。

みんなでお菓子をもちより、あーでもないこーでもないと、ひたすらおしゃべり。そしてスペシャルゲストにかわいいキッズが♪

ママ大好き!元気いっぱい!!でも、とってもおりこうさんでした。

茶道部のクリスマス会が終わると、もう年末なんだなとしみじみ思います。

私の今年一年を振り返ると波乱なことが多かったのですが、なんとか年は越せそうです。みなさんの一年はどうでしたか?

よいお年をお迎えください。

 ↓ 写真22枚。クリックして拡大してご覧ください。

Jakucyu_buson_xmas0001


Jakucyu_buson_xmas0002


Jakucyu_buson_xmas0003


Jakucyu_buson_xmas0004


Jakucyu_buson_xmas0005


Jakucyu_buson_xmas0006


Jakucyu_buson_xmas0007

Jakucyu_buson_xmas0021

Jakucyu_buson_xmas0022


Jakucyu_buson_xmas0008


Jakucyu_buson_xmas0009


Jakucyu_buson_xmas0010


Jakucyu_buson_xmas0011


Jakucyu_buson_xmas0012


Jakucyu_buson_xmas0013


Jakucyu_buson_xmas0014


Jakucyu_buson_xmas0015


Jakucyu_buson_xmas0016


Jakucyu_buson_xmas0017


Jakucyu_buson_xmas0018


Jakucyu_buson_xmas0019


Jakucyu_buson_xmas0020


以上です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

1962年の卒業アルバムより≪ありし日の母校 再掲シリーズ≫

一ヶ月以上更新しないできました。年の瀬も押し詰まってまいりましたが、皆様とも良いお年をお迎えになってください。

きょうは天皇陛下のお誕生日。会見のお話で昨夜の糸魚川大火に触れていらっしゃいました。「国民のために祈りを」ささげてくださる陛下の御心です。糸魚川市の皆様、お見舞い申し上げます。

↓ 平成21年(2009)5月12日に掲載した記事の再掲です ↓

090512_1962album_kounai_kyousitu_co教室の風景。先生が机間巡視をなさっていますが、教科書やノートが見えますので試験ではないようです。授業中に出された課題を一生懸命にやっている姿でしょう。とても真剣な皆さんの表情、さすがは我が大倉山の大先輩方です。   

  • ところで、皆さんとも、おさげ髪が多いですね。時代を写しています。
  • 1962年卒業アルバムですから、1959年入学の方々です。昭和34年から37年にかけて在学されたみなさんです。映画「三丁目の夕日」が昭和30年代を映して評判ですが、その30年代です。東京では東京タワーが観光名所として全国の憧れになっていた時代。
  •  でも新幹線はまだ走っていません。大倉山高校の眼下を走るのは、この皆さんが卒業した2年後のことになります。

090512_1962album_kounai_speeker_ong音楽部かピアノ部の皆さんでしょうか

  • 写真内左上に赤い○で囲んだのは、放送スピーカーです。
  • 今となってはレトロな印象ですが、この時代は、ここから流れてくる音は、音楽だけに限らず人の声もとても格調高く聞こえたものです。だから、どこの学校でも≪放送部≫は花形クラブでした。

090512_1962album_kounai_syuukaisitu←これは全校集会の模様。

体育館ではありません。この当時は全校舎とも木造です。幼稚園を併設していたため、体育館を作る余地がありませんでした。

でも、ものごとは工夫。教室の壁を可動式にして、集会や雨天時体操では、壁をはずして講堂をこしらえて利用していたそうです。生徒の皆さんの整然とした参加状況に安心したのか、後に立っておられる先生お二人がなにやらしゃべっておられます。

きょうはこのへんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »