« このブログに関連するリンク
更新記事は下の方をご覧願います
| トップページ | ALDの未来を考える会のご紹介(卒業生が理事長) »

2018年9月14日 (金)

我流翻訳「般若心経」

ご無沙汰しております。いつも齋藤美紀49期生徒会会長が寄せてくださる記事に「おんぶに抱っこ」状態で、私は少しも記事をアップしないまま過ごしておりますことをお詫び申し上げます。

本日は、東京都市大学付属小学校の「父母の会広報誌」に掲載する文章を、皆様にもご紹介したく、記事をアップします。ご一読いただけましたら幸甚に存じます。

        ↓ 

般若心経は、漢字でわずか二百八十字足らず、色即是空という言葉で有名な仏教の経典です。釈迦が弟子のシャーリプトラに聴かせた話ですが、有名な割に意味はあまり知られていません。意味をつかむとなかなか味わい深いので、私なりに日本語に翻訳したことがあって、いつか紹介したいと思っておりました。

但し仏教を奨励する意図ではありませんので誤解なきようお願いします。古代東洋世界の一思想ということで読んでください。では以下、翻訳です。「空(くう)」はどう翻訳したら良いか未だに分からないので、そのままにしてあります。また途中、意訳を入れてあります。

     般若心経(我流翻訳)  ※原文は末尾に掲載

 観音(かんのん)様という尊い菩薩(ぼさつ)の話だ。この方が昔、「真理」を求めて修行なさった。そして、人は見たり感じたり想ったりしているがそれら五感というものはすべて「空」であるということを悟られた。その悟りによって、あらゆる苦しみから逃れられた。

 シャーリプトラ君、よく聴いてくれたまえ。見えているもの形ある物の本質は「空」である。「空」なるものが見えたり形となっているわけだ。君は毎日感じたり想ったり行動したり何かを心に浮かべたりして生活しているが、それらの本質は「空」だということを知って生活しなさい。

 シャーリプトラ君、すべてのことは「空」なのだから、君が、物が生まれたり滅びたり、また何かが汚れたり清らかであったり、増えたり減ったりしていると思っていても、本質からすれば、生も滅もない。汚れも清浄もない。増減もない。また、形は有って無く感覚も想念も行動も意識も本来は無いものだ。

 ということは、形を見ている目も、音を聞く耳も、匂いをかぐ鼻も、味わう舌も、体も心もそれらすべては無い・・・目や鼻が無いというと君はこんがらかるだろうな。まあ聴き給え。

 何かが明らかになるとか暗闇のままだとかいうこともありえない。でも実際には君の回りでは、常に何かが明らかになったり不明のままであったりしている。そのように見えても本質は「空」だ。

 ここから大事なことを言うよ。以上のようなことを考えると、本質的には人が老いるということはない。だから亡くなるということもないんだ。でも実際には人は年寄りになって亡くなったり、若くして亡くなったりしている。どういうことだろう?

 「他界」という言葉を知っているかな?亡くなることの別の表現で、「別の世界へ移る」という意味だ。亡くなるのではなく別世界で生きておられるということだ。別世界というのは「君の心の中」も含まれているかもしれない。要は、亡くなっても亡くなっていないということだ。

 さて君は、この世は思い通りにならない、自分は迷ってばかりいる、迷わないで安らぎたい、悟りたいと思っているかもしれない。が、そんなことをいくら思っても、その迷い自体が「空」だ。

 また知識があるとか何かを得たとか自惚(うぬぼ)れ(れ)てはいけない。菩薩になった尊い方々は、迷いや煩悩(ぼんのう)から解放されたが故に、心からわだかまりが消え、あらゆる恐怖から解き放たれ、つまらない夢想が一切(いっさい)消えた。こうして永遠の幸せの世界に到達された。

 さらには、あらゆる世界におられる仏様は「空」ということを悟られたから、欠けるところのない円満な境地に到達なさった。

 君が、そういう境地になることは普通では難しいかもしれない。でも、君が悟りの境地に到達できる方法がある。それは「真実の言葉」を唱えることだ。

 「真実の言葉」とは、神の言葉であり、全てを明らかにする言葉であり、これ以上尊いものはないという真実、これと同じものはありえないという真実を持った言葉だ。これを唱えれば、あらゆる苦から逃れられる。それだけは真実だ。ではさっそく唱えよう。

 「ぎゃーてー ぎゃーてー はーらぎゃーてえ はらそうぎゃーてー ぼーじーそわか」 (意味 悟りの世界に行こうとする者は幸いである)

原文 (意味ごとに半角空欄を入れました)

仏説 摩訶 般若波羅蜜多心経

観自在菩薩 行深 般若波羅蜜多 時

照見 五蘊皆空 度一切苦厄

舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色

受想行識 亦復如是

舎利子 是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減

是故空中 無色無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法

無眼界乃至無意識界 無無明亦無無明尽

乃至無老死亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得

以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故

心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃

三世諸仏 依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提

故知般若波羅蜜多 是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪

能除一切苦 真実不虚故 説般若波羅蜜多呪 即説呪曰

羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶

般若心経

                                                   本記事は以上です。

|

« このブログに関連するリンク
更新記事は下の方をご覧願います
| トップページ | ALDの未来を考える会のご紹介(卒業生が理事長) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134810/67166748

この記事へのトラックバック一覧です: 我流翻訳「般若心経」:

« このブログに関連するリンク
更新記事は下の方をご覧願います
| トップページ | ALDの未来を考える会のご紹介(卒業生が理事長) »