2009年7月28日 (火)

都市大付属高校野球部と同等々力中高チア部の夏

baseball都市大等々力の舞チアー部が応援 7月19日神宮球場sports

0907_0719toshidaifuzoku_ouen_todoro都市大付属中高硬式野球部が二松学舎大学付属高校と対戦した試合を姉妹校の都市大等々力高校の舞チアー部が付属中高の吹奏楽部の鳴らす音楽に合わせて応援しました。

0907_0719toshidaifuzoku_ouen_todo_20907_0719toshidaifuzoku_yakyu06期末試験などのために練習の時間がとれず、わずか二日間だけの練習だったそうですが、そうとは思えない見事なチアーぶりでした。

0907_0719toshidaifuzoku_ouen_todo_3チアー部の応援が始まるとすぐに、朝日新聞の記者さんが顧問の菅原先生(最初の写真)のところに来て、次のように質問されたそうです。

0907_0719toshidaifuzoku_ouen_todo_4「都市大付属高校は男子高校のはず。どうして女子チアーの応援があるのですか」と。

0907_0719toshidaifuzoku_ouen_todo_50907_0719toshidaifuzoku_ouen_todo_6もちろん、姉妹校だからに決まっていますが、都市大グループとして冠名がいっしょになったことがまだ浸透していないことを感じた話でもあります。

しかし、都市大付属の野球部ナインは、舞チアー部の応援を受けて、素晴らしい活躍を見せてくれました。相手は今大会優勝候補の一角を担う二松学舎高校。第三シード校です。

0907_0719toshidaifuzoku_yakyu09結局、敗れはしましたが、終盤の猛攻によって、8対6の2点差まで追い上げたときは、さしもの二松学舎ナインも冷やりとしたことと思います。

以下、都市大ナインの打撃、投球シーンをご覧ください。

0907_0719toshidaifuzoku_yakyu05_tigあ、その前に、←大倉山卒業生で、今は都市大付属中高教員の千ヶ崎ひろみ先生も応援に見えていました。

他の二人の先生と一緒に来ておられましたが、了解をとって撮影させていただきました。

    0907_0719toshidaifuzoku_yakyu01 0907_0719toshidaifuzoku_yakyu02 0907_0719toshidaifuzoku_yakyu03 0907_0719toshidaifuzoku_yakyu04 0907_0719toshidaifuzoku_yakyu07 0907_0719toshidaifuzoku_yakyu08 0907_0719toshidaifuzoku_yakyu10 0907_0719toshidaifuzoku_yakyu11今日は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月 4日 (月)

エイサー練習&部活動&卒業生コーチ in 東横等々力

sun花原京正先生のご指導でエイサー練習run

080804eisa1_in_todoroki

先刻ご案内してきましたように、8月2日、古川明美先生の呼びかけで、東横中高でエイサーの練習が行われました。

080804eisa4_in_todoroki等々力の生徒さんが4名、本校卒業生が4名(原さん、林さん、高橋さん、齋藤さん)、お母さん方が3名(菊地さん、比留川さん、金子さん)、先生方では魚谷先生、森先生、そして東横中高の長濱先生。

080804eisa3_in_todoroki080804eisa2_in_todoroki汗だくになっての練習でした。

しかし、以上の先生方や卒業生で参加したいと思われた方も諸般の用事でできなかった方々がたくさんおられます。今後も練習が続きますので、ご参加ください。

scissors元気な卒業生の皆さんscissors

080804bukatudo2_in_todorokiエイサーの練習は地下体育館で行われたのですが、1階体育館フロアでは、バスケット部とバレー部が練習していました。

本校の大庭先生がコーチとして大きな声で指導されていました。   

 ↓大庭先生に向けたカメラのフラッシュに気づいてバレー部のコーチに来ていた卒業生が私に駆け寄ってきてくれました。

080804bukatudo3_in_todoroki←大変懐かしい顔顔顔。二宮さん、井梅さん、千賀さんです。比留川さんと菊地さんは勉強があってコーチにこれなかったそうです。

  • 比留川さんと菊地さんのお母さんがエイサーの練習に参加されているのは、その代わりというわけではありません。お母さん方は、昨年もエイサーに参加されていました。

080804bukatudo4_higuti_in_todoroki←バレーコートに監督の樋口先生の姿が見当たりませんでしたが、学校見学にきた中学生に学校案内をしていたとか。私が地下体育館から上に出たところで出会えました。

 この後、樋口先生はもちろん着替えて、バレー指導に戻られました。

080804bukatudo1_in_todoroki校庭では陸上部が翌日のインターハイ大会に備えて練習をしていました。

ハードルを跳び越える姿が美しかったです。陸上部顧問は岩倉先生とおsっしゃって、情熱あふれる指導者です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

東横中高和太鼓部と明美先生、ソフトテニス部と矢島校長先生

run昨日の続き:東横中高和太鼓部と明美先生、ソフトテニス部と矢島校長先生maple

080727todoroki_maturi_wadaiko14_kak

080727todoroki_maturi_wadaiko15_kak

080727todoroki_maturi_wadaiko16_kak

←三枚連写です。

解き明かしは一番最後をお読みいただければ分かります。

080727todoroki_maturi_wadaiko09_2

さて、左の写真は、昨日ご紹介した<等々力おどろき祭り>での記念写真です。

  • この写真の中の本校卒業生(写真後ろ)と古川明美先生の絆は愛読者の皆さんは十分ご存知のところ。
  •  明美先生は、緑の法被(はっぴ)を着た東横中高の和太鼓部員の皆さんとも新しい絆を作っていかれるでしょう。そのことを十分暗示することが、この後、ありました。

 記念写真を撮って、生徒や卒業生の皆さんが着替えに行っている間、空からぽつりぽつりと来ました。車に積んだ太鼓を雨の中で校舎に降ろすと太鼓皮がずぶぬれになって大変です。それで、「濡れてはならじ」と、生徒の皆さんより一足先に学校に戻り、矢島校長先生といっしょに校舎の中に太鼓を運び込むことにしました。

運び終えて、矢島校長先生が、

 「今日は朝から<等々力祭り>まで本当に充実していたわ」

 とおっしゃるので、詳しくお聞きすると、

 「午前中はこれを剪定(せんてい)したの」

080727todoroki_maturi_wadaiko10_2とおっしゃるではありませんか。

左側の写真、葉がびっしりついた木の枝がゴミ置き場に山とつんであります。

080727todoroki_maturi_wadaiko11

矢島校長先生は、自らソフトテニス部の顧問もやっておられ、午前中、テニスコート(←写真)に覆いかぶさっていた枝を剪定されたのだとか。

 そしてお昼も食べずに、<おどろき祭り>に行かれたとか。校長先生大車輪の行動力ですね。

080727todoroki_maturi_wadaiko12_fuj 080727todoroki_maturi_wadaiko13_fuj

その話を聞きながら、テニスコートから戻ってくると、正門のところに藤の花が咲いています。「何と時期はずれな?いや、別の植物かな?」などと思っておりますと、校長先生が「藤の狂い咲きなの」と教えてくださいました。

080727todoroki_maturi_wadaiko14_kak080727todoroki_maturi_wadaiko15_kak080727todoroki_maturi_wadaiko16_kakその校長先生の言葉が終わるか終わらないかの内に、遠く後ろから、なにやら音が大きくなりながら近づいてきます。

 振り返ると、そこには古川明美先生と東横中学の和太鼓部の生徒さんがかけっこをして正門へまっしぐらの姿が目に飛び込んできました。

明美先生が先頭を走っています。先頭で正門に着いた明美先生に、追いついた生徒さんたち一様に「先生、大人気ないですよ~」。

 師弟の絆がしっかり太くなった瞬間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

和太鼓部<東横中学生&本校卒業生> in 等々力おどろき祭り

recycle東横中高「和太鼓」部のデビュー<等々力おどろき祭り>fuji

080727todoroki_maturi_wadaiko0927日の日曜日、<等々力おどろき祭り>が等々力商店街主催で開かれました。

  • 世田谷区玉川区民会館を会場にした催しで、等々力地区のさまざまな団体による企画・出演で盛り上がります。上の写真は、そこに参加した東横中高の矢島校長先生と本校出身の古川明美先生、そして本校卒業生、東横中高和太鼓部の皆さんの記念写真です。

080727todoroki_maturi_wadaiko01 実は、この<等々力祭り>のステージが、東横中高の和太鼓部初デビューでした。

  •  この和太鼓部は、言うまでもなく、大倉山高校和太鼓部を引き継いで結成されたもの。異動された古川明美先生が結成を呼びかけ、本校卒業の和太鼓部員の皆さんが連日、コーチに行って指導している新しい部活動です。

080727todoroki_maturi_wadaiko02 等々力祭りへのデビューが初というだけでなく、公の前での演奏はこれが初デビュー。

080727todoroki_maturi_wadaiko03初デビューだけに、大倉山高校ではお馴染みの緑の法被(はっぴ)姿でステージに上る姿は、とても初々しく目に入りました。

 それをしっかり支えたのが、大倉山の卒業生。

  • 高橋恵美里さん(47期生)、
  • 曽我綾乃さん(48期生)、
  • 岡芹愛美さん(49期生)、
  • 藤井香織さん(49期生)の4名

堂々とした撥さばきで等々力の中学生(1年~3年)の演奏を支えて盛り上げました。

  080727todoroki_maturi_wadaiko04 080727todoroki_maturi_wadaiko05 080727todoroki_maturi_wadaiko06 080727todoroki_maturi_wadaiko07

最後は、大倉山卒業生の4人によるエイサー演舞。自分たちで作った本職はだしの衣装に身を包んで、実に格好良く決めました。 080727todoroki_maturi_wadaiko08

終わった後は、本校卒業生も一緒に片付け。

運搬用の車は、矢島校長先生が自ら出しておられました。

080727todoroki_maturi01 080727todoroki_maturi02

出演者の皆さんには、祭りの出店で自由に買えるチケットが渡されたとか。かなりの人数でにぎわっていました。  080727todoroki_maturi03

080727todoroki_maturi04_fra太鼓部以外にも、東横中高の舞チアー部、バトン部が出演したり、等々力アロハサークルのフラダンスが披露されたりしていました。

明日も今日の話題の続きです。お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

おどろき等々力祭り

この下の記事、明美先生が率いる東横中高の太鼓部出演は午後2時半だそうです。是非お出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日(日曜日) 等々力おどろき祭り

  • 今日の記事はお知らせ記事です

27日の日曜日、東横学園中高のある世田谷区等々力において、「等々力おどろき祭り」という催しが開かれます。

そこで、東横学園の太鼓部が初演奏します。

太鼓部のデビューでもあります。

本校卒業生も応援にかけつけるということです。

私も行きたいと思います。

皆さんもお出でになりませんか。

写真を月曜日以降に掲載します。お楽しみに。

071219taikobu_hoikuen_hikarigaoka_8←左の写真は、平成19年12月19日に本校太鼓部が「ひかりが丘保育園」に慰問演奏に行ったときの写真です。

 上の12月19日の日付をクリックすると、その校長日記にジャンプします。カンボジア出身のお母さんとの出会いについても触れておりますので、未読の方、ぜひお読みください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

等々力校:ミスダンスドリルチーム全国大会&甲子園野球大会東東京予選応援

carouselpony東横学園中高「舞チアー(まい・ちあー)部」の活躍diamond

16日、江戸川球場にて武蔵工大付属高校(世田谷区成城)の硬式野球部が駒場学園と対戦しました(東東京大会3回戦、江戸川球場)。

その姉妹校応援に、16日、東横学園中高「舞チアー部」の20名が行きました。下の方に写真を掲載しますので、ご覧ください。私は応援に行けなかったのですが、五島育英会の村上さんが応援に行き、写真を撮って下さいました。

  • 080707_0704toyoko_dancebu_zenkokuta
  • ←舞チアー部については、7月7日の日記に写真を載せました。
  •  矢島校長先生が佐野先生の書になる「祝ダンス部全国大会出場」という幕を指差しておられます。
  • 東横中高が出場する全国大会は、ミスダンスドリルチーム全国大会。
  • 二年前、本校チアー部が関東大会に出場したのと同じ大会です。(↓下の記事をクリックしてください。当時の記事をご覧いただけます)
  • Syugo_with_coach平成18年6月27日校長日記(←クリック)

.

baseball舞チアー部の応援で大いなる追い上げをした武蔵工大付属野球部baseball

080717_07176huzoku95_yakyu_syuuryou 応援に行った五島育英会の村上さんによれば、武蔵工大付属高校は、6回までに 2-9 と大きくリードされ、7回コールドゲームになるのではないかと冷や冷やしたということですが、その後、6点を取り返し、相手の駒場学園を 8-9 の一点差まで詰め寄る大健闘を見せました。

 武蔵工大付属のM選手のお父さんは、この試合の感想として「息子のチームがこんなに頑張るとはとても感動的だった。こんなに粘り強いチームに育って嬉しい」と言っていたそうです。

 どんなに頑張っても<負けは負けだ>という人もいます。確かに負けたことは悔しいですし、<負けは負け>なのですが、その負け方に良い悪いがあります。M選手のお父さんが言うように、明日につながる負け方でした。武蔵工大付属の選手はもとより、同応援団、吹奏楽部に加えて、<舞チアー部>皆さんの応援のお陰です

 それは長野塩尻市の武蔵工大二高の立派な戦いにも(←クリック)同じことがいえます。

 今後とも、皆さん、応援よろしくお願い致します。

 それでは、東横学園<舞チアー部)、武蔵工大付属吹奏楽部の応援風景ならびに選手の写真をご覧ください。撮影:村上さん(五島育英会職員)

 一枚目の写真は相手校の応援です。やはりチアー部がいましたので、こちらも舞チアー部が応援に行って大変良かったと思います。舞チアー部の皆さん、本当にご苦労様でした。

080717_07176huzoku5_aite_ouen_in_ed

080717_07176huzoku0_yakyu_ouen_in_e 080717_07176huzoku2_yakyu_ouen_in_e 080717_07176huzoku3_yakyu_ouen_in_e 080717_07176huzoku4_yakyu_ouen_in_e080717_07176huzoku5_yakyu_ouen_in_e 080717_07176huzoku6_yakyu_ouen_in_e 080717_07176huzoku7_yakyu_ouen_in_e 080717_07176huzoku8_yakyu_ouen_in_e 080717_07176huzoku9_yakyu_ouen_in_e 080717_07176huzoku51_yakyu_ouen_in_ 080717_07176huzoku91_yakyu_ouen_in_ 080717_07176huzoku92_yakyu_ouen_in_ 080717_07176huzoku93_yakyu_ouen_in_ 080717_07176huzoku94_yakyu_ouen_in_  080717_07176huzoku990_yakyu_bating_ 080717_07176huzoku_yakyu_ouen_in_ed   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

主婦の友社刊「クラスTシャツ大図鑑」に本校のTシャツが・・・

goodbook大倉山のクラスTシャツが選抜されて本に掲載されましたscissors

080617class_tshirt_by_syufunotomo

080617class_tshirt2_by_syufunotomo→このたび、主婦の友社から「クラT大図鑑」という本が刊行されました。

それに東横学園大倉山高等学校のTシャツが掲載されています。

店頭に並んでいるということですので、皆さんも書店に立ち寄ってみてください。

080617class_tshirt1_by_syufunotomo ←一番上の「2B」と書いてあるのが、本校平成16年2年B組のクラスTシャツです。その左側の小さい写真は15年の2年C組のクラスTシャツ。

 大きい写真の2Bは、担任の大谷先生が、小さい方は細野千穂子(現姓橋本)先生が提供してくださったものです。

 右側のTシャツに大きく背中に2Bと打ってありますが、その文字はクラスのみんなの似顔絵によって構成されています。

  • ほかにも佐野教頭先生をはじめ先生方がクラスTシャツだけでなく部活動のシャツなどをご提供くださったのですが、残念ながら選に漏れました。

 061217kisobuturi_051013oo_tokeiかつても、本校の校長室前の大時計が大学の物理学の教科書に掲載されましたが(平成18年12月19日校長日記←クリック)、本校の名前がこのようにしていろいろな所に残るのは大変嬉しいことです。

 上の「クラT大図鑑」、日本全国に三千を超える高等学校があるなか、100校ぐらいしか選ばれていません。そのなかに東横学園大倉山高等学校が選ばれたわけですから、なおさら嬉しいことですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

2月22日茶道部納め会 2月26日特別講座≪足の健康≫続報

  • (お詫び)昨日(25日)は@niftyココログのメンテナンスが午後3時から予定されていましたので、それまでに記事をアップしなければならなかったのに、怠ってしまいました。お詫びします。本日午前11時にアップしましたので合わせてお読みください。
  • 昨日今日の訪問卒業生は後日掲載します。

foot特別講座「足の健康」:布草鞋(布わらじ)の完成foot

2月26日校長日記 でお知らせした≪足の健康≫講座の続報です。

上の日には都合で来れなかった藤井さんもその後、完成させました。

刑部さんと二人で仲良く完成。担当の古川明美先生が写メで撮影されたものを私が孫撮影したので、画質が不鮮明です。 

080226tokubetu_kouza_hurukawa_akemi 080226tokubetu_kouza_hurukawa_ake_2 080226tokubetu_kouza_hurukawa_ake_3 080226tokubetu_kouza_hurukawa_ake_4

.

.

.

.

japanesetea2月22日茶道部納め会upwardleft

一ヶ月遅れの掲載となってしまいました。

080223_0222sadoubu_osamekai20080222茶道部の皆さんの三年間のお稽古の集大成披露です。

卒業生の遠藤さんと中村さんも列席してくれました。

茶道部の皆さんは一年ほど前に、すでに、裏千家の千宗室宗匠より「許状」等を伝授されています。(参照→平成19年5月15日記事

080223_0222sadoubu_osamekai200802_2080223_0222sadoubu_osamekai200802_4 そういう折り紙つきの茶道お作法を見せてくれました。

.

080223_0222sadoubu_osamekai200802_5080223_0222sadoubu_osamekai200802_3 接待をうける側が、お茶菓子をいただくとき、お茶碗をそっと浮かしてからいただくという作法、はじめて知りました。

 この日は「お雛様」をかたどったお菓子。一瞬、このような「お姿」を口にいれるのは罪深いことではないかと思うほど、よくできています。和菓子の伝統はすごいですね。

 話をもどしますが、お茶碗を浮かす作法・・・学園祭では何度も、そして今年度は茶道体験教室にもご招待いただきながら、そういうところには目がいかなかった・・・まことに不明の至りで恥ずかしい。

    080223_0222sadoubu_osamekai200802_7

←立ち姿は佐々木妙美さん。

上の写真のどこにも佐々木さんは写っていません。裏方で働いていたからですが、どうにかおさめないとと思って、立ち上がったところをパチリとやったら、ご覧のように大きなアップ写真になりました。佐々木さんもびっくりした模様。佐々木さん、こんな写真でごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

14万アクセス達成&謝恩会その1&東横高校卒業式

  • 3月2日卒業式当日午後4時ごろ、140000(14万アクセス)を達成しました。
  • 卒業式当日にキリバン達成することができ祝福も二倍になりました。皆様の日頃のご愛読に感謝申し上げます。
  • 13万(2月4日)から14万は1ヶ月で達成しました。2月は29日で終りですから、なんと27日間で1万アクセスを超えました。最後の卒業式がせまったこともあって大勢の方にアクセスいただいんだと思います。ありがとうございました。今後とも末永くご愛読願います。
  • 今日までのアクセス状況を末尾(および右欄プロフィール内)に記しておきます。

heart東横高校卒業式cake

 4月から本校が移転統合する東横高校の卒業式が3月3日行われました。

 教頭先生といっしょに参列してまいりましたが、二年前、本校から転校した6名の皆さんも立派に旅立つ姿を拝見しました。

  •  実は、この転校生の方たち、本校の卒業式に一般客として参列してくれました。大変嬉しく思いました。ありがとう。
  •  最後の学び舎こそ違いますが、統合校ということで母校は同じになります。末永く、≪同窓生≫としておつきあいしていければと思います。

080303sasaki_tomomi_07sotu_toyokota ただ大変残念なことは、6名の皆さんをカメラにおさめることができなかったことです。

 でも、思いがけなくも昨年の本校卒業生と写真におさまることができました。

  •  東横中高のすぐ隣りに東横短大があります。
  •  東横短大の学長、局長、局次長のお三方に本校卒業式にご来賓としておいでいただきましたので、お礼の挨拶に立ち寄ったところ、就職活動室に佐々木友美さんがいました。今度の4月に二年になるのですが、もう就活花盛りなわけです。
  •  写真を撮ってくださったのは、本校にもおいでいただいている すみれ写真工房の高橋さん。短大の取材にいらしていたのです。

wine卒業記念パーティ(謝恩会)in新横浜プリンスホテル3月2日virgo

(報告その1)

080302sotugyosikijou080302yamazakura_in_sotugyousikijou  本年度卒業生の皆さん、3月2日はおめでとうございました。

  • ※写真は式場と演壇に飾られた本校山桜の生け花

 お祝い事ですが、謝恩会までハードスケジュールでした。疲れたことと思います。新たな進路が始まるまで、しばらくの間は英気をやしなってください。

  •  学校にも遊びに来て欲しいですが、先生方の3月出勤体制は土日及び3月31日は全員休み、月~金は皆さんとも毎日出勤です。
  •  すみれ写真工房の高橋さんが卒業式の写真を撮ってくださいましたが、届き次第掲載しますので、しばらくお待ちください。
    •  
  • 本日は謝恩会の写真をいくつか掲載します。こちらも一挙掲載は無理ですので、何回かに分けて掲載します。

080302syaonkai20080302

080302syaonkai_wada_imouto20080302会場受付。

←こんなに可愛いお客さんも参加してくれました。和田さんの妹さん。

080302syaonkai20080302_9080302syaonkai20080302_7080302syaonkai20080302_6←左側の写真は謝恩会司会進行の四名。写真中、右から藤田委員長、内田さん、比留川さん、井梅さん。

080302syaonkai20080302_1 080302syaonkai20080302_2 080302syaonkai20080302_3 080302syaonkai20080302_4

井梅さんの開会の辞で始まりました。

小笠原後援会長挨拶、私とつづき、佐野教頭先生が乾杯の音頭をとりました。

080302syaonkai20080302_5 080302syaonkai20080302_8 080302syaonkai20080302_10 080302syaonkai20080302_12

フルコースの懇親会食のあいだ、BGMとして卒業生の皆さんによるピアノ演奏がありました。佐々木瑠美さん、齋藤緑さん、渡辺萌さん、深澤優子さんと津留見遙さん。

080302syaonkai20080302_13会食の後、保護者の皆さん、卒業生、教職員の出し物と続き、最後の閉会の挨拶は、謝恩会実行委員長の藤田美沙さん。

  • 最後には私ども教職員に全員のメッセージが書かれた色紙、花束、記念品までいただき、ほんとうに心のこもった謝恩会でした。心より御礼申し上げます。

080302syaonkai20080302_11出し物の写真は、明日以後、卒業式の写真と交替交替に掲載していきます。←きょうは特別にハイライトを一枚だけ。マツケンサンバを踊る方たち。

  • ↑中央は誰あろう、教師の□□先生。制服姿はこれまた誰あろう○□さん方です。・・・・・ ←□には漢字、○にはひらがなを入れてください。答えは後日。

 ※<14万アクセス>までの読者状況を記録しておきます。
平成17年9月1日~平成20年3月4日(2年半)

 (13万は2/4、10万は平成19年10/4、5万は同年1/20)

  • 読者実数 (2月10,783人←10月8360←5月6246←1月4,294)
  • 再訪読者1,079人 (2月989←10月903←5月665←1月550)
  • 週単位で来訪の愛読者 400-450人(正確な数値ではありません。アクセス解析から私が推測しています)
  • 読者の言語圏:12ヶ国(日本語、英語、ドイツ語、中国語、韓国語、フランス語、イタリア語、ポーランド語、ポルトガル語、オランダ語、スペイン語、スウェーデン語)
  • ※私が利用しているアクセス解析から分かるのは以上です。皆様の個人名はもちろんIPアドレスもわかりません。すなわち皆様の個人情報を私がつかむ心配はありませんので、今後ともご安心のうえご愛読願います。
  • ※google PageRanik 4/10(20年1月4/10←19年11月:3/10←19年10月~19年2月:4/10)
  • ※3月2日podfeedランキング3202(2/4:3157←10/4:3153←5/14:4110←4/6:5700)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧