2017年2月16日 (木)

茶道会館初釜茶会【齋藤美紀第49期生徒会長日記vol.77】

毎日寒い日々が続きますね。みなさんいかがおすごしですか?
1月は忙しくバタバタしていたらいつのまにか2月に・・・。時がたつのは歳を重ねるごとに早く感じる今日この頃です。
さて、今回は先月茶道会館で行われた初釜(はつがま)茶会を書こうとおもいます。
2017_0115__2


2017_0115_


2017_0115__3

毎年お手伝いさせていただけるのは貴重な経験です。時間があったのでお席をまわらせていただいたのですが、
床の間に飾ってあるお花の花瓶が酉年にちなんでダチョウの卵を使ったものでした。
びっくりしました。
割れないように加工してあるようでしたが、まさか花器になるとはダチョウも思わなかったことでしょう。
徳先生のお席でも珍しいお道具が出ていました。
茶杓なのですが(ちゃしゃく/抹茶をすくう道具/竹でできている)本来ほとんどのものが、
竹の節が一つしかないものが多いのですが、今回は7つ節がある茶杓でした。「七福神」という名がつけられた大変縁起のいいものです。
普通のお茶会でも珍しいものや、貴重なお道具などでてくることはもちろんありますが、お正月は年に1回しかないということと、お正月にちなんだものが
出てくるのでより珍しいものがでてくるのでワクワクます。
年に1回しかない初釜は本当に貴重な体験を毎年させていただいてます。
また来年もお茶会に行けたらいいなとおもいました。
    以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月27日 (火)

会長日記(齋藤美紀第49期生徒会長)
若冲と蕪村&茶道部クリスマス会

齋藤美紀49期会長より「会長日記」が届きました。

きょうの話題は、{若冲と蕪村&茶道部クリスマス会」です。写真は、下の方に一括掲載しました。  全部で22枚です。

     ※齋藤美紀さんの会長日記は左欄カテゴリーの

      最下段「気まぐれ会長日記」をクリックすると

      すべてご覧になれます。

     ↓

寒さが厳しくなってきましたね。みなさんいかがおすごしですか?

さて、先日魚谷先生と一緒に箱根にある岡田美術館で開催されている「若冲と蕪村」をみてきました。

若冲は上野で開催された時はものすごい長蛇の列だったそうですね。岡田美術館では幸運にもじっくり鑑賞することができました。

私の目当てである若冲の「孔雀鳳凰図」は私が想像していた大きさよりはるかに大きな絵でした(多分、畳より大きいと思います)。

羽毛の一本一本まで丁寧に描かれており羽の柔らかさが伝わってきます。いつまでもみていられる絵でした。

岡田美術館には今回初めて行ったのですが若冲や蕪村だけでなく所蔵している美術品も展示してあり、その多さには圧倒されます。

焼き物や日本画だけでなく金屏風もあったりとバリエーションが豊富でみる者をあきさせません。

美術館という場所に行く度に教養の無さを突きつけられるのですが、みているうちにそんなことも忘れて

「わぁ~きれい」とか「すごいな、この技術」

と感心するばかりなのでした・・・。

そしてもうひとつ。

茶道部恒例クリスマス会を開催しました。今年は誘った人全員出席!

上原先生が今年も大倉山の青柳さんのお菓子を用意してくださいました。魚谷先生からはクリスマスケーキをいただきました(写真を撮り忘れました・・・)。

みんなでお菓子をもちより、あーでもないこーでもないと、ひたすらおしゃべり。そしてスペシャルゲストにかわいいキッズが♪

ママ大好き!元気いっぱい!!でも、とってもおりこうさんでした。

茶道部のクリスマス会が終わると、もう年末なんだなとしみじみ思います。

私の今年一年を振り返ると波乱なことが多かったのですが、なんとか年は越せそうです。みなさんの一年はどうでしたか?

よいお年をお迎えください。

 ↓ 写真22枚。クリックして拡大してご覧ください。

Jakucyu_buson_xmas0001


Jakucyu_buson_xmas0002


Jakucyu_buson_xmas0003


Jakucyu_buson_xmas0004


Jakucyu_buson_xmas0005


Jakucyu_buson_xmas0006


Jakucyu_buson_xmas0007

Jakucyu_buson_xmas0021

Jakucyu_buson_xmas0022


Jakucyu_buson_xmas0008


Jakucyu_buson_xmas0009


Jakucyu_buson_xmas0010


Jakucyu_buson_xmas0011


Jakucyu_buson_xmas0012


Jakucyu_buson_xmas0013


Jakucyu_buson_xmas0014


Jakucyu_buson_xmas0015


Jakucyu_buson_xmas0016


Jakucyu_buson_xmas0017


Jakucyu_buson_xmas0018


Jakucyu_buson_xmas0019


Jakucyu_buson_xmas0020


以上です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

会長日記(齋藤美紀第49期生徒会長)
〔金子さんの一周忌と茶道部同期会〕

49期生徒会長の齋藤美紀さんから「会長日記」が届きました。写真も添えられていますので、末尾に掲載しました。 

    ※(管理者注:金子さんの一周忌をしのんで
      「茶道部納め会の記事を会長日記の前に再録しました。
      併せてご覧ください。)

齋藤美紀会長日記

   ↓

いつのまにか8月が終わりますね・・・。

学校というものに通わないと、どうも「夏休み」というものを実感できないようです。

さて7月の終わりに同じクラスで同じ部活だった金子さんが亡くなって一年たつので、
茶道部の同期と上原先生と集まって食事会をひらきました。

駅ビルでランチしたあと、金子さんが大好きだった虎屋に行き、お茶をしてきました。

食事会では茶道部時代の写真を私が持っていき、話に花がさきました。

同期だけで集まるのは初めてだったのですが、とっても楽しい時間でした。

こうして集まるきっかけをくれた金子さんに感謝です。

そして8月。夏が終わるーーー!

スケジュールの都合で今年はウミホタルを採りに行けず・・・。

夏らしいことをあまりしていない。どうしよう。

そんなわけで、一人でフラっと江の島へ。

暑さに負けて神社にお参りだけして帰ってきました。

「海見た!観光した!暑いな。帰ろう。」
というメンタリティーだったので、

滞在時間がかなり短かったのですが、夏らしさを実感できました。

みなさんはどんな夏だったでしょうか。

※写真はクリックして拡大してご覧ください。

↓ 順に、片瀬江ノ島駅、海岸、江ノ島参道、江島弁天様の琵琶です。

2016_0824_2016_0824__22016_0824__3


2016_0824__4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月27日 (金)

【齋藤49期会長日記】国立新美術館ルノワール展

ご無沙汰しております。本ブログの更新をしないで申し訳ありません。

 

齋藤さんから会長日記が届きましたので掲載致します。齋藤さん、ありがとうございました。
【齋藤49期会長日記】
お久しぶりです。すっかり初夏を感じる季節となりましたね。みなさんいかがお過ごしですか?

 

日記が去年のウミホタルで止まっていて自分でびっくりしてます。

 

時間の流れが早く感じる今日この頃です。

 

さて、最近私は同じクラスで一緒に生徒会もやった刑部さんと一緒に国立新美術館で開催されている

 

ルノワール展に行きました。
2016_0526_1


2016_0526_2


好きな絵が実際に見られるって幸せですね。

 

私の好きな絵は「ピアノを弾く少女たち」と「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」です。

 

色合いがすきでいつまでも見ていられます。

 

そういえば、高校の会議室に飾ってあった絵って何だっけ?と二人で話していたのですが、

 

覚えている方はいらっしゃいますか?

 

「なんかにぎやかな絵だったよね~」と話していたのですが・・・。

 

今思い返すと下駄箱の側の壁にも絵が飾ってあった気がするのですが。

 

高校時代は興味が無かったのですが、

 

その絵は誰が描いた絵でどこに行ったのか今さら気になっています。

季節の変わり目です。体調を崩さないよう元気にお過ごしください。

 

                          以上です。
(管理者注)会議室にあった絵の写真は探せませんでしたが、

 

 校内パン売り場のところや階段に飾ってあった絵を見つけました。下に貼っておきます。

 

 ルノワールの絵もありますね。懐かしく思い出させてくださった齋藤さんにあらためて御礼申し上げます。
Dscf2559_2


Dscf2559_3


Dscf2681_2


Dscf2681_3


      以上です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月15日 (火)

【会長日記】・・齋藤美紀49期生徒会長「ウミホタル」

齋藤美紀さんから9月9日に届けられたのですが、私がアップできる余裕がなく本日になってしまったことをお詫びします。写真は添付されていたウミホタルです。

 

いつのまにか9月ですね。寒かったり、暑かったり、気温の変化についていけません・・・。

2015


2015_2


さて、8月の中旬に森口先生とウミホタルを採りにいきました。

今年のメンバーは、私とC組の藤井さん、先生が今在任している学校の卒業生2人の計5人で採りに行きました。

 

今年は、仕掛けに入れるエサを変えてみました。エサは毎年使っている生のレバーと、新しく取り入れた生のイカをつかいました。

 

どちらのエサでもそんなに差は出ませんでしたが、今年はあまり採れませんでした。

 

でも、ウミホタルがはなつ光はいつ見てもきれいです。

 

みなさんの夏はどうでしたか?

      以上です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月17日 (金)

齋藤会長より故金子さんへ哀悼の辞

. 49期生の故金子さんへ、とても仲良しだった齋藤さん(49期生徒会長)より哀悼の辞がとどきました。 以下掲載いたします。 

.

先日、49期生3年A組茶道部だった金子さんが亡くなりました。

 

一緒にお茶のお稽古をしたり、茶道部恒例のクリスマス会で会ったり、仲のいい友達でした。

 

金子さんはいつもニコニコしていて、おおらかで優しい人です。花でたとえるなら、ヒマワリのように元気いっぱいな人でした。

 

あまりにも急なことでいまだに亡くなった実感がもてません。

 

葬儀には茶道部からお花とお菓子を、みんなからメッセージカードを、私から家にある山桜を棺におさめてもらいました。

 

また、ご家族の方には私が作ったフォトアルバムを贈らせていただきました。

 

棺の中でねむる金子さんは今にも起きてきそうなくらい安らかな表情でした。

 

もう少しで金子さんはお誕生日だったのですが、その日を迎えることなく亡くなりました。

 

告別式があった次の日はお茶のお稽古でした。

 

お点前を間違えるのはいつものことなのですが、ただ淡々と、事務的にこなしている自分がいました。

 

お稽古の曜日は違えど、もういないんだな。と思うと寂しさで胸がいっぱいでした。

 

お稽古が終ったあと、先生と話をして「金子さんの分までお稽古をやる」と言いました。

 

そして、私は「金子さんの分まで生きよう」と決めました。

 

出棺を見送るときに「夢に出てきてね!」と心のなかで言ったら、その日本当に夢の中に金子さんが出てきました。

 

金子さんはいつものようにニコニコしていて、本屋さんのレジの仕事をしていました。

 

きっと天国でもニコニコしながら友達をつくっていることでしょう。

 

金子さんの笑顔は私は一生忘れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 7日 (木)

【会長日記】 齋藤美紀49期生徒会長・・・祖母と「パピヨン」

齋藤美紀49期生徒会長さんより「会長日記」が届けられました。

私がすっかり本ブログの更新を怠っており申し訳なく存じますが、齋藤さんに助けていただき、感謝申し上げます。

齋藤さんが「パピヨン」といっしょに写っている画像も添えられていますので、記事の最後に掲載いたしました。

それでは写真とあわせて、お読み願います。

     ↓

5月になり、すっかり春の陽気ですね。みなさんいかがおすごしですか?

今年の3月に、以前日記に書いた母方の祖母を亡くしました。

もうすぐお誕生日だったのに、その日をむかえることなく
97歳で亡くなりました。

ずっと私は泣いていました。

四十九日が過ぎた今も亡くなった実感がありません。

なぜか、自分の身内というのはいつまでも生きていると思ってしまう私です。

最近そんな私を癒してくれるのは、以前日記に書いた我が家に記念樹としてやってきた山桜です。

「あーちゃんがいなくなってさみしい」

「なんで死んじゃったのかな」

「いつも話を聞いてくれてありがとう」

と、水をあげるとき色々話しかけています。

こんなに話しかけてるのだから名前をつけてあげようと思い、「パピヨン」と名付けました。

フランス語で「蝶々」という意味です。蝶々は私の好きな模様なのです。


水をあげるときは「パピヨンおはよう」と声をかけるようになりました。

たまに愚痴を言ったり、内緒話をしたり、返事はかえってきませんが優しい友達です。

学校にあった山桜のように日々私を見守ってくれているような気がします。

それからもう一つ。

私はあまりドラマを見ないのですが、最近「アルジャーノンに花束を」というドラマをみています。

中学時代、友達から「この本面白いよ!」とすすめられたのですが、結局読みませんでした。そのことを思い出し、みています。

主題歌は「The Rose」とういう曲がつかわれています。

ゆっくりとした曲調で聞いたことはあるのですが歌詞の意味を知りませんでした。

そういえば、高校時代の卒業文集のなかで、非常勤で英語を教えてくださった中村先生のコメントのところに、この曲の歌詞が載っていることを思い出しました(24ページ)

また、インターネットで歌詞を調べて意味を知りました。

中村先生はなんてステキな曲の歌詞を私たちに贈ってくれたのだろうと今更ながら感激しました。

今年で私は26歳になりますが、長い人生において私にとっては必要な曲だなとおもいました。

 この曲の最後の方の歌詞が私は好きです。あえてここに歌詞は載せません。ぜひ調べてみてください

2015_0505_171933img_brog


以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月26日 (月)

【会長日記】 齋藤美紀49期生徒会長
初釜茶会(1月12日)

    • 齋藤美紀さんから会長日記が届きました。茶道部の初釜茶会(1月12日)の様子についてご報告していただきました。
    • また、昨年のクリスマス会の写真を私のパソコンの都合で受信できずにいましたのを、あらためて送ってくださいました。この記事の前の記事でアップしましたので、あわせてご覧ください。

この初釜茶会の記事では、徳先生の写真も送ってくださいました。写真は一番下に掲載いたしました。

 ↓ では、お読みください。

今月の成人の日に高田馬場にある茶道会館で初釜茶会(茶道のお正月行事)に参加しました。

茶道会館に行ったのは2年ぶり。茶道会館のもつ独特の空気は身が引き締まります。

今回も徳先生の御席のお手伝いをさせていただきました。

今年は高校時代の部活を含めると茶道を始めて10年目です。

その節目に茶道会館で、しかも初釜茶会で、お点前をするという大変貴重な経験をさせていただきました。

徳先生や、徳先生の内弟子であるお姉さんたちからもご指導をいただき良い勉強になりました。

幼いころ、母に連れられて母が習っていたお茶の先生が出るお茶会によく行きました。

その頃はお茶なんてよくわかりませんでした(それは今もですが)。

お茶席で繰り広げられる話はよく分からないし、お抹茶は苦いし、甘いものが苦手な私にはお菓子なんてどうでもいいし、

正座してじっとしてないといけないし、周りにいる人は目上の方たちばかりだから受け答えもしっかりしないといけないし、

私の嫌いなヒラヒラしたワンピースを着ていかないといけないし、とにかく何もかもが嫌でした。

高校に入学して母に部活に入る気は無いと言うと「なんでもいいから部活に入りなさい」と言われ、

仕方なく、週一でいい部活は何か無いかな?と思って探したら茶道部がありました。

母が習っていた同じ裏千家だし、週一だし、なんとかなるかな~という不純な動機で始めた茶道ですが、

高校生になって出されたお道具の意味、床の間に飾ってある掛け軸やお花、お菓子、お茶席を持った人たちが作り出す空間、

様々なことが見えてきて、そしてその中に面白さを見つけました。

あれだけ嫌いだった茶道を好きになったのは、お稽古をつけてくださっている上原先生のおかげだなと改めて思うのでした。

お茶人(おちゃじん/茶道をする人)と呼ばれるには程遠く、また、至らない部分がたくさんあるのですが、

お稽古を通して、お茶会を通して、様々なことを学び得ていきたいと思う初釜茶会でした。

2015_0112img_1


2015_0112img_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【齋藤美紀49期生徒会長日記】
茶道部「クリスマス会の写真」

昨年12月21日の茶道部クリスマス会の模様です。記事は昨年12月27日にアップしたものをお読みください。

  ↓ クリックして拡大してご覧ください。全部で14枚あります。

2014_1221_113740img_0079


2014_1221_113740img_0080


2014_1221_113740img_0081


2014_1221_113740img_0082


2014_1221_113740img_0083


2014_1221_113740img_0084


2014_1221_113740img_0085


2014_1221_113740img_0086


2014_1221_113740img_0087


2014_1221_113740img_0088


2014_1221_113740img_0089


2014_1221_113740img_0090


2014_1221_113740img_0091


2014_1221_113740img_0092

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月27日 (土)

齋藤美紀49期生徒会長日記
「茶道部クリスマス会と一年を表す文字」

 先日、茶道部恒例クリスマス会をやりました。

 今年は魚谷先生、上原先生を含め開催史上最多の10人参加です。

 ほとんどの部員があつまりました。久々にそろったこと、また、私の一つ上の先輩で当時部長だった澤田先輩がご結婚され、幸せも楽しさもいつもの倍でした!

 今年は文化祭でお点前した立礼(りゅうれい)でお点前をし、お菓子は普段のお稽古でも上原先生は用意してくださいますが、今年も茶道部でお世話になった青柳さん(大倉山の商店街にある和菓子屋さん)のクリスマスバージョンの練りきりを用意してくださいました。

 部活のときと変わらずみんなで「どれにしようかな~」と悩みながらお菓子をとり、またみんなでいつもの練りきりを食べることができました。

 魚谷先生はかわいくて美味しいクリスマスケーキを用意してくださり、クリスマス気分がさらに増します。みんなで食べきれないほどのお菓子をもちより、今年一年を振り返りました。

 今年一年世間は様々なことが起こりましたね。

 今年一年の一文字を表す漢字は「税」でした。

 消費税が8%になり、価格表示はだいたい税抜き、算数が苦手な私には計算はしづらい・・・。かといって10%にしてくれとは言いたくない!!!値段とにらめっこをすることが多い一年でした。

 私個人の一年を表す一文字は「見」です。様々なものを「見つけた(発見した)」のです。

 それは物理的なものではありません。

 「何をみつけたの?」と聞かれても多分お答えすることはないでしょう。強いて言うならば、「高校生3年生のときの自分と、25歳になった今の自分」とだけ言うことにします。

 来年はどんな一年になるでしょうか。

 よいお年をお迎えください。

             以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧