2019年3月18日 (月)

【齋藤美紀49期生徒会長日記vol.86】
2007年(平成19年)12月27日朝日新聞記事「自殺は悪ではない」を読んで

   卒業式のシーズンとなりました。みなさんお元気ですか?私は4月に引っ越します。隣に(笑)ま、それはどうでもいいとして・・・。

   今回は自殺というテーマで日記を書きたいと思います。今から書く文は私が高校生の時、大学の「入学事前課題」として提出した作文です。

 なぜ今アップするのかというと最近自殺のニュースが多い気がするからです。つたない文章ですが読んでいただけたらとおもいます。

 この作文は、2007年(平成19年)12月27日朝日新聞の「自殺は悪ではない」という記事を元に書いた作文です。【ブログ管理者注: 以下、ブログの読みやすさを考えて、ブログ管理者の責任で改行しています。ご了承願います。】

 「自殺」という言葉を聞いて人はどのように思うのだろうか。「自殺」という言葉を聞くと大抵の人はマイナスのイメージを思い浮かべると思う。あるひとは自殺を卑怯だと言い、またあるひとは自殺をした人にあえて鞭を打つと言った。私は何か違う気がしていた。

 そんなときこの新聞記事に出会った。記事には人それぞれ悩みに対する大きさの違いや宗教的な自殺のとらえ方等が書いてある。この記事によると、一部のキリスト教やイスラム教では自殺者を犯罪者扱いしている。なぜなら、神から与えられた命を自ら絶つことは神への裏切りと考えられているのである。

 それに対し、仏教では自殺というのは悲しい行為ではあるが、誰かに謝罪する必要はないそうだ。 

 自殺はするものではないが、自殺をした理由が他の人から見れば小さな悩みだったかもしれない。しかし、自殺をした人にとっては大きな悩みであり、「自殺」という選択肢しか残されていなかった人に対し、厳しく言う必要はあるのだろうか。私はその必要は無いと思う。なぜなら、悩みに悩んで自殺をえらんだからである。

 残された者は、辛く、悲しく、寂しい。残した者も同じような、あるいはそれ以上の気持ちかもしれない。 

 この記事のタイトルのように、自殺は悪ではない。しかし、なぜ自殺なのか、なぜ死ななければならないのか、私には分からない。

 自殺を防ぐことはできないのだろうか。誰かに相談してみようと思わなかったのだろうか。なるべくなら自殺という道を選ばず、生きてほしい。生きることは、「苦」の連続ではある。でも「死」というものから一歩、いや半歩でもいい。さがって視野をひろげてみてほしい。

 なぜなら視野が広がれば選択肢も広がる可能性があるからである。私の友人は中学生の頃、部活の人間関係の事で悩んでいた。じっと我慢してそこに居続けるのか、自分がこの世から消えるのかのどちらかしかないと思っていたそうだ。

 でもあるとき「退部していい」という選択肢が現れた。どうして現れたのかというと自分が信頼している人に相談したからだという。それから友人は退部し、残りの学校生活を楽しんだ。友人は「私はひとりぼっちじゃなかった」と笑顔で私に言った。

 亡くなってしまった人に手を差し伸べることはできない。でも生きている人にはそれができる。私の友人のように信頼している人、あるいはそのような環境があれば、もしかしたら自殺は徐々に減ってくるのではないかと私は思う。 

 私はまだまだ人の心について、よくわからない。でも、いじめられたり涙がこぼれるほどの悲しい思いや、辛い経験をしたりしたことはある。これからも色々な経験をして、沢山の壁に突き当たることがあると思う。でも、その経験をめいっぱい吸収し、相手の気持ちにより添える人になれたらいいと思う。

                                      以上

 わたしは心理学科に進学し卒業しました。なので、最後のしめくくりの文が「相手の気持ちにより添える人になれたらいいと思う。」となっています。

 この作文の評価としては教授からの手書きのコメントが表紙に書いてあり、教授から許可を取ってないので文章は載せられませんが、とてもいい評価をいただきました。

 県立図書館などに行くと、過去の新聞記事が読めるのでぜひ探して記事を読んでみてください。記事が無いと伝わりづらい部分もあるかと思うので。新聞の記事はスクールカウンセラーだった山下先生からいただきました。作文は山下先生と国語の樋口先生に指導していただき、なんとかなりました。

 もし、この作文の一部の文章がだれかの助けになれたらと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

【齋藤美紀49期生徒会長日記vol.85】
平成最後の新年ごあいさつ

久しぶりの更新です。

みなさんおげんきですか?
今年は喪中のため新年のご挨拶は失礼させていただきます。

みなさんの新年はどうでしたか?
私は喪中なので本来は初詣に行ってはいけないのですが
古いお札、お守りをおさめたかったのと
厄除けをしたかったので行ってしまいました。

今年も昨年同様、鎌倉の鶴岡八幡宮に行ってきました。
2日に行ったので混んではいたのですが
タイミングがよかったのか昨年ほど混んでおらず、
あまり待たずに参拝することができました。

参拝のあと、おみくじを引いたのですが「末吉」でした。
「試験」のところに「努力は充分報いられる」とかいてありました!
何の試験とは言いませんが今一生懸命色々頑張っている最中です。

おみくじに励まされたので、あきらめず頑張ります!!
今年の目標はどんな状況でも、それを楽しめる自分になることです。

今年はどんな一年になるのでしょう。楽しみです。
みなさんはどんな一年にしたいですか? 

※(ブログ管理者より)

   齋藤さんは、新年早々「生徒会長日記」を届けてくださったのですが、管理者の都合でこのように遅くなりましたことをお詫びします。

   齋藤さんからの平成最後の新年ごあいさつですね。齋藤さん、ありがとうございました。

   本年は新しい元号の年です。新しい時代もよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月27日 (月)

【齋藤美紀49期生徒会長日記vol.84】
「ルーブル美術館展」 in 国立新美術館

 齋藤さんから「生徒会長日記」が届きました。※一枚の写真を最下部に貼ってあります。クリック拡大してご覧ください。

     ↓

みなさんお元気でしょうか?災害的な暑さと言われるほど今年は暑い日々が続いていますね。

体調は崩されてはいませんか?

さて、今年の夏は平成最後の夏です。みなさんはどのように過ごされましたか?

7月は茶道部の同期である井口さんと佐々木さんと上原先生(魚谷先生はスケジュールが合わず来れませんでした)と4人で今年も金子さんをしのぶ会を開催しました。いつも通り、ランチをして虎屋の喫茶店に行くというコースです。

女子会なので、おしゃべりが止まりません!!茶道部はみんなで写真を撮ることが多く高校時代の写真が多く残っています。それをアルバムに入れて毎年持っていくのですが、アルバムを見ながらみんなで「こんなことあったね」「あんなことあったね」と思い出話に花が咲くのです。

デジタル化していく世の中ですが、アナログな写真も悪くないですね。

8月はスケジュール的に今年はウミホタルを取りに行けず、毎日忙しすぎてどこにも行けず、夏休みも無く、「そんなのいやだー!」と思い、激混み覚悟で国立新美術館で開催されているルーブル美術館展に行ってきました。

案の定、入場制限をかけられ、入れるのに20分かかるとチケットカウンターに書いてあったのですが、それ以上待たされました。仕方ありません。だって行った日が8月最後の日曜日でしたから・・・。それでも見に行った価値はありました!!

世界史の教科書に載っているものもあれば、「人間が作ったとは思えない」とおもうような像があったり、私が小学校に入って図書室で最初に読んだ本は伝記のマリーアントワネットなのですが、運命に導かれたのか(?)たぶん磁器で作られたマリーアントワネットの胸像がありました。うれしくて、ずーっと見てました(笑)

大学時代、フランス語の単位を落とした私ですが、いつかフランスに行ってルーブル美術館に行ってみたいと改めて思う一日でした。

2018_0826_180013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

【齋藤美紀49期生徒会長日記vol.83 】
我が家の山桜 ※付録「学校の山桜」

※管理者注:4日に届いていたのに3日遅れの掲載になったこと
      をお詫び致します。
4月になりました。散り始めましたが、桜がきれいな季節ですね。
よくTVのCMで京都で桜が咲いている風景のものが流れますが、
それをみるといつか京都で桜を見てみたいなと思ってしまいます。
我が家の山桜は今年、たくさんの花をつけてくれました。
土の入れ替えや、栄養剤をやっているわけではないのにこんなにも
花をつけてくれたことに感謝です。
まだ蕾もたくさんあるので、この日記が掲載される頃には
もう少し桜の花が増えていることでしょう。
観察していてわかったことなのですが、
山桜の芽は葉になる芽と花を咲かす芽がどうやらあるようです。
(違っていたらすみません)
学校にあった山桜は大きくて見上げるばかりでしたが、
近くで実際に観ることができると
こんな発見もあるんだなとおもいました。
昨年は気づいたら花をつけていたので全くわかりませんでした。
来年も花をつけてくれるとうれしいです。
↓齋藤さんのお宅の山桜
2018_0404_01


2018_0404_02


2018_0404_03


2018_0404_04


2018_0404_05
↓ 2007年4月1日の学校の山桜

2007040101


2007040102



以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

【齋藤美紀49期生徒会長日記vol.82 】
卒業式からあっという間の10年

だんだんと春らしい気候になってきました。

みなさんいかがおすごしですか?

さて、10年前の3月2日、私たち49期生は卒業しました。光陰矢のごとしとはまさにこのこと。振り返れば色々なことがありましたが、あっというまの10年です。

3月2日は私にとっては忘れられない日です。自分で言うのもなんですが、在校生のなかで、その日一番寂しい思いをしていたと 思います。

卒業式の日、一生懸命文章を考え、書いて、読んだ、答辞のコピーはいまだに手元に残してあります。どうしても捨てられないのです。 たぶん、私の事だからきっと死ぬまで持ってるんだろうなとおもいます。

 日常生活で東横線はよく使うのですが、大倉山駅に降りる機会がなく、すっかり遠ざかってしまいました。 街並みはどうなっているのでしょう。時々、大倉山記念館がドラマのロケ地になっているのは見かけるのですが・・・。

私たちが通っていた頃のように、いつまでも人々のあたたかさが感じられる大倉山であってほしいです。

【元校長より】以下、平成20年(2008)3月2日卒業式の写真5枚を掲載します。

(順に1,卒業生全景 2,A組 B組 C組 3,齋藤美紀会長の答辞)

2008030201


2008030202a


2008030202b


2008030202c


2008030203

↓ これは卒業してから2年後、山桜の前で齋藤さんたちが撮った写真です。

100428saitoumiki23_2010_0404_131318


100428saitoumiki15_2010_0404_131318



以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月22日 (月)

【齋藤美紀49期生徒会長日記vol.81 】
お正月について

今年初めての日記です。
厳しい寒さがつづきますね。いかがおすごしですか?
今回はお正月のことについて書こうと思います。
わたしは、1月2日は私たちに生物を教えてくださっていた森口先生と、中学時代からの同級生であり同じ茶道部だった井口さんと3人で
鎌倉の鶴岡八幡宮に初詣に行ってきました。
三が日だけあて、ものすごい人混みでした。高台に立って歩行者をさばくDJポリス(?)もいました。
これだけの人たちが連日訪れるのだから、神様も大変だな~と思うのでした。
参拝したあと、おみくじを引きました。なんと大吉。やったあ!!
願望のところに「口舌(こうぜつ)を慎んで祈れば叶う」と書いてありました。
余計なことを言わないよう気を付けたいと思います。
おみくじを引いた後は御判(ごはん)行事に参加しました。元旦から7日までやっている行事です。
厄除けになるそうで行く度に参加しています。参加するとお札がもらえます。
舞殿に上がれる貴重な機会でもあるので毎年楽しみにしています。
https://www.hachimangu.or.jp/shintou/matsuri/cont02.html
翌日3日は母方の親戚の集まりでした。いとこのお兄ちゃん、お姉ちゃんファミリーは出産ラッシュで子どもたちがたくさんいて一段とにぎやかなお正月でした。
親たちの手がたりず、私もチビッ子たちにご飯を食べさせたり(食べさせていたら指を噛まれました)、ミルクをあげたり、泣いてる子がいればあやしたりと、
にぎやかで楽しいのだけれどちょっと忙しかったです。でも子どもたちの表情はクルクル変わるしとってもかわいいです。また会える日が待ち遠しいですね。
みなさんのお正月はどうでしたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月29日 (金)

【齋藤美紀49期生徒会長日記vol.80】
茶道部恒例のクリスマス会

齋藤美紀さんから会長日記が届きました。写真は最後にまとめて掲載してあります。写真をクリックすると大きくなります。

  ↓ 会長日記

今年最後の日記となりました。

さて、今回の日記は茶道部恒例のクリスマス会について書こうと思います。

今年はクリスマスケーキを私と井口さんと佐々木さんから用意させてもらいました。

人数が多いので、特注のケーキです!!

和菓子は、今年も上原先生が高校時代に茶道部でお世話になった青柳さんのお菓子を用意してくださいました。(今もお稽古で青柳さんのお菓子をつかっています)

いつもと変わらないにぎやかな雰囲気でお茶を点てたり、ケーキではクリスマスのチョコレートプレート争奪戦のじゃんけん大会が行われたり、みんなでおしゃべり。今年も無事に恒例行事を終えたのでした。

茶道部のクリスマ ス会が終わると、年末なんだな~と実感します。

今年一年を振りかえると、新年にひいたおみくじに「願望 段々吉運に向かって必ず叶う」と書いてあり、苦しいこともありましたが、確かにその通りになりました。

みなさんはどんな一年でしたか?

2017_1223_01


2017_1223_011


2017_1223_012


2017_1223_02


2017_1223_03


2017_1223_04


2017_1223_05


2017_1223_06


2017_1223_07


2017_1223_08


2017_1223_09


2017_1223_10


2017_1223_11


2017_1223_12


 以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

【齋藤美紀49期生徒会長日記vol.79】
金子さん三回忌/10年目のウミホタル合宿

齋藤美紀さんから会長日記が送られてきました。

私の校長日記ブログがすっかりご無沙汰になっており、申し訳ないですが、その穴を齋藤美紀さんが埋めてくださることに感謝申し上げます。

それでは齋藤美紀49期生徒会長日記をご覧ください。写真は最後にまとめてアップしてあります。

     ↓

いつのまにか9月が終わろうとしていますね。時間の流れを早く感じる日々です。

さて、さかのぼること7月。同じ茶道部で同じクラスメイトでもあった金子さんの三回忌ということで、茶道部の同期と上原先生と魚谷先生をお呼びしてあつまりました。

今年も駅ビルでランチをして、金子さんの好きな虎屋でデザートを食べました。

高校時代の話で盛り上がりました。去年集まったときは魚谷先生はいらっしゃらなかったので、茶道部のアルバムを持っていきました。去年もそのアルバムを持っていき「みんな若いね~」なんて話していました。

魚谷先生や上原先生が何かあるたびに記念写真を撮ってくださり、それをずっと持っていました。

実は、金子さんが亡くなったときお通夜のときにご家族の方に高校時代から今までの写真を集めたアルバムをおくらせていただきました。

USBから高校時代からさかのぼって画像をかきあつめ、上記に書いた茶道部のアルバムはデータが無いのでプリントアウトしたり、写真の量はそれほど無かったのですが一晩でなんとか作り上げました。ご家族の方には喜んでもらうことができ、作ったかいがありました。

8月は森口先生主催のウミホタル合宿(ウミホタルを取りに行く)がありました。今年は開催してから10年目になります。

そんな節目に参加できてよかったです。ウミホタルはたくさんとれました。去年は行っていないので分からないのですが、先生いわく震災以降少なかったけれど、エサの改良もあったのか、より取ることができました。

今年は森口先生の元同僚の方が参加されたため、様々なアイディアがでたり、例年以上にアカデミックな合宿となりました。

残念だったことは、トラップづくりには参加したのですが私は体調をくずして取りに行けなかったことです。なんということでしょう・・・。

せっかく行ったのに取りに行けず悔しかったです。一緒に行った刑部さんががんばってくれました。ウミホタルを保存するために乾燥させるのですが、この光景をみていると「夏なんだな~」と実感します。

みなさんの夏はどうでしたでしょうか。

2017_0821_012017_0821_02


2017_0821_03


2017_0821_032


2017_0821_04


2017_0821_042


2017_0821_05


2017_0821_052


2017_0821_06


2017_0821_062


2017_0821_07


2017_0821_072


 以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

8年目に開花した山桜
【齋藤美紀第49期生徒会長日記vol.78】

   ※齋藤さんからの会長日記が19日に届きましたのに、
         5日もアップが遅れました。

    ひとえにブログ管理者の私の責任です。
         齋藤さんと皆様にお詫び申します。

    内容がとても嬉しく素晴らしく素敵なだけに
         アップの遅れを申し訳なく存じます。

会長日記vol.78です。写真は下にまとめて掲載します。

    ↓

すっかり春の陽気ですね。みなさんいかがお過ごしですか?

さて、今回の日記はうれしいことがあったので、ご報告です。
我が家の山桜がついに花をつけました!

10個花をつけました。普通の桜の木と比べれば数は少ないですが、私には十分です。

以前ネットで調べたとき、どこのサイトを見たのか忘れてしまいましたが、山桜は花をつけるのに5,6年はかかると書いてありました。

我が家の山桜は8年目で花をつけました。きっと木によって差があるのでしょう。

うれしくてうれしくて、デジカメとスマホ両方で撮影してしまいました。まるで親ばかです(笑)
来年も咲いてくれるといいなと願うばかりです。

画像は高校のと我が家の山桜です。

 ↓画像をクリックすると拡大してご覧になれます。(一枚目が高校の山桜、二枚目以後が齋藤さん宅の山桜)

2003_0101_


2017_0419_1


2017_0419_2


2017_0419_2_2


2017_0419_3


2017_0419_3_2


  以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

茶道会館初釜茶会【齋藤美紀第49期生徒会長日記vol.77】

毎日寒い日々が続きますね。みなさんいかがおすごしですか?
1月は忙しくバタバタしていたらいつのまにか2月に・・・。時がたつのは歳を重ねるごとに早く感じる今日この頃です。
さて、今回は先月茶道会館で行われた初釜(はつがま)茶会を書こうとおもいます。
2017_0115__2


2017_0115_


2017_0115__3

毎年お手伝いさせていただけるのは貴重な経験です。時間があったのでお席をまわらせていただいたのですが、
床の間に飾ってあるお花の花瓶が酉年にちなんでダチョウの卵を使ったものでした。
びっくりしました。
割れないように加工してあるようでしたが、まさか花器になるとはダチョウも思わなかったことでしょう。
徳先生のお席でも珍しいお道具が出ていました。
茶杓なのですが(ちゃしゃく/抹茶をすくう道具/竹でできている)本来ほとんどのものが、
竹の節が一つしかないものが多いのですが、今回は7つ節がある茶杓でした。「七福神」という名がつけられた大変縁起のいいものです。
普通のお茶会でも珍しいものや、貴重なお道具などでてくることはもちろんありますが、お正月は年に1回しかないということと、お正月にちなんだものが
出てくるのでより珍しいものがでてくるのでワクワクます。
年に1回しかない初釜は本当に貴重な体験を毎年させていただいてます。
また来年もお茶会に行けたらいいなとおもいました。
    以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧